ヴァイオレット・エヴァーガーデン 第6話「どこかの星空の下で」感想・作品情報(2020年再放送)

「愛してる」に迷う中まだ恋を知らない少年リオンと出会うヴァイオレット、少年の初恋と切ない別れのシーンに感じるのはまさに「万感の思い」その一言に尽きます・・

・TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』第6話「どこかの星空の下で」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回のお話し(第5話)

関連記事

「公開恋文」の代筆を依頼されたヴァイオレットは王女・シャルロッテの気持ちを知りいつもの「クソ真面目さ」を捨て大胆な行動に!?、シャルロッテの婚姻を祝うヴァイオレットのその表情が印象的です ・TVアニメ『ヴァイオレット・エヴァー[…]

第5話では王女シャルロッテの恋を成就させ以前のようなポンコツぶりを払拭したヴァイオレット。

ちょっといきなり変わりすぎじゃない?と思われた方もいらっしゃるのでは。

実はこの第5話の前には、それにも少し関わる「TV未放映」のエピソードがあるのです。

Extra Episode 「きっと”愛”を知る日が来るのだろう」

あらすじ:Extra Episode 「きっと”愛”を知る日が来るのだろう」
ヴァイオレットが受けた、オペラ歌手からの依頼は恋文の代筆。内容に対する条件の多いイルマは、アリアの歌詞に使える恋文を求めていたのだった。

第4.5話という位置づけとなるこのエピソード、ヴァイオレットは今までにない非常に難しい内容の依頼を受けます。

それは第5話にもつながる「恋文」の作成。

愛を知らないヴァイオレットに恋文を書くことはできるのか!?というお話しなのですが、第5話を観た方ならお分かりのようラブレターは実はヴァイオレットの一番の得意分野。

それはこのExtra Episodeでの苦労があってのことなのです(笑)。

ブルーレイの第4巻に収録されていますExtra EpisodeですがNETFLIXでも「ヴァイオレット・エヴァーガーデン:スペシャル」として配信中です。

まだ御視聴されてない方はヴァイオレットの隠れた奮闘劇をこの機会に是非。

 

【ストーリー】第6話「どこかの星空の下で」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第6話 あらすじ

ユースティティアの山間部に建つ、シャヘル天文台。写本課で働く少年、リオン・ステファノティスは、人生のほとんどの時間をここで過ごしている。まだ、恋は知らない…。

脚本:浦畑達彦 絵コンテ:三好一郎 演出:三好一郎 作画監督:角田有希

【アニメ視聴感想】(第6話)

前話の終わりに登場したディートフリートより自動手記人形でいることを責められ暗い面持ちのヴァイオレット。

そんな彼女は訪れた次の職務の場で愛を信じていない少年リオンと出会います。

自分を残し居なくなった母の姿で女性に嫌悪の感情を抱くリオンでしたが、ヴァイオレットに次第に惹かれ不器用な恋に落ちていきます。

そんな彼の成長が描かれた今回のお話しでしたが、他人から好意を寄せられるその気持ちをレオンを通じヴァイオレットは知ることが出来たのでは。

そんなリオンとヴァイオレットふたりの別れのシーン、これはもう『銀河鉄道999』であります。

少年が大人へと成長したその姿が重なる感動的なシーンに・・思わず涙。

ちょっとオッサンにしか分からない事だとは思うのですが(笑)。

一言では言い表せない・・人を愛する喜びや切なさが溢れ出す、まさに「万感の思い」なのです。

でもね、そんなリオンの思いを受け微笑みを返すヴァイオレットが最後はその表情を曇らせるカットが・・。

「ギルベルト一途」のヴァイオレットなので、こんな感動の別れの時でも考えているのは消息不明の彼の事なんですよね(笑)。

まあこの全くブレないところがヴァイオレットちゃんのいい所ではあるのですが。

このラストシーンの二人の姿が代表する様にキャラクターの心情が一番繊細に描かれこれまた個人的にお気に入りの今回のお話しでありました。

ちなみにリオンの苗字「ステファノティス(マダガスカルジャスミン)」の花言葉はいくつかあるのですが、その一つが『二人で遠くへ旅を』。

ラストシーンのリオンの台詞を考えるととても意味深い花言葉です。

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』twitterまとめ・関連商品等(2020.05.13)

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』関連商品 

ブルーレイ

外伝

原作小説
劇場版主題歌

 

関連商品検索

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』放送・配信情報(2020年再放送)

放送局

ABCテレビ 毎週水曜日 26時14分〜
TOKYO MX 毎週水曜日 24時〜
BS11 毎週木曜日 24時〜

配信

NETFLIXで独占配信

 

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』スタッフ・CAST

STAFF

原作:「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」暁佳奈(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石立太一
シリーズ構成:吉田玲子
キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
シリーズ演出:藤田春香
世界観設定:鈴木貴昭
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:米田侑加
撮影監督:船本孝平
3D監督:山本 倫
小物設定:高橋博行・太田 稔
編集:重村建吾
音響監督:鶴岡陽太
音楽プロデューサー:斎藤 滋
音楽:Evan Call
音楽制作:ランティス
OP主題歌:TRUE [ Sincerely ] ED主題歌:茅原実里 [ みちしるべ ] アニメーション制作:京都アニメーション
製作:ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

CAST

ヴァイオレット・エヴァーガーデン:石川由依
クラウディア・ホッジンズ:子安武人
ギルベルト・ブーゲンビリア:浪川大輔
カトレア・ボードレール:遠藤 綾
ベネディクト・ブルー:内山昂輝
エリカ・ブラウン:茅原実里
アイリス・カナリー:戸松 遥