アニメ『氷菓』第18話「連峰は晴れているか」感想・作品情報(2020年再放送)

いつもの省エネモードとは違い「気になります!」の奉太郎に驚きを隠せない古典部の面々(笑)なぜ教師・小木はヘリコプターの飛来に笑顔を見せたのか?、そして最後に『える』が奉太郎に言いかけた言葉が・・気になります!

・TVアニメ『氷菓』第18話「連峰は晴れているか」の視聴感想・作品情報等を書いています。作品をもう少し楽しんでいただく一助となれば幸いです。

前回の感想(第17話)

関連記事

怪盗十文字の手により古典部から文集の校了は「失われた」しかし奉太郎は漫画『夕べには骸に』から始まったこの事件の犯人をすでに突き止めていて!?・・事件の真相がいつものごとく「苦々しい」のです・TVアニメ『氷菓』第17話「クドリ[…]

【ストーリー】第18話「連峰は晴れているか」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【あらすじ】第18話

上空を飛ぶヘリコプターの音で、中学時代の英語の小木先生のことに思いをはせる奉太郎。ふと、小木先生がヘリ好きだったことを思い出す。ところがどうやらそれは真実ではないらしい。里志も摩耶花もそんな話耳にした事がない、と言うのだ。(HP引用)

脚本:芦田杉彦 絵コンテ・演出:北之原孝將 作画監督:丸木宣明

【アニメ視聴感想】(第18話)

自分と摩耶花たちとの間に中学時代の教師・小木への記憶に違和感を覚える奉太郎。

いつの間にか奉太郎の探偵モードが起動し、そしていつもの省エネの奉太郎とは違い自ら「気になります」のスィッチを!。

そんな奉太郎に大騒ぎの古典部3人の姿が楽しそう。

そして奉太郎への『える』のゼロ距離攻撃が「密」なのです(笑)。

それにしても・・やっぱり『える』の好奇心は無敵だ。

教師・小木への些細な記憶からある予感を抱く奉太郎。

大きくネタバレになるので伏せますが、その嫌な予感が的中した形で今回のミステリーは解決をみることに。

今回印象に残るのが何といっても『える』が奉太郎に言いかけた言葉ですね。

奉太郎へいつもとは違いなぜ自分から疑問を起こし行動をしたのか?と問いかける『える』。

奉太郎はその問いに答えを返すのですが・・。

このやり取りが実に気になります!なのです。

『える』が奉太郎個人のことをより深く理解したことを連想させるシーンなのですが・・彼女の口からは具体的な言葉は出てきません。

言いかけたことに「上手く言えない」という『える』なのですが・・ネタバレを伏せているので観ていない方には一体ナンノコッチャ?なんですが、これは是非観て推理していただきたい部分であります。

ところで劇中で「神垣内(かみかきうち)連峰」として登場するこの山々、この作品の他の例にもれず元となったモデルがあります。

北アルプスの穂高連峰のようですね。

そしてこの作品の舞台・神山高校のモデルとなった「岐阜県立斐太高等学校」の近くには防災用のヘリポートがあるとのこと!。

ひょっとして原作者・米澤穂信さんの実体験に基づいたお話しだったりして?・・想像は尽きません。

※第18話のお話しは『いまさら翼といわれても』に収録、アニメ放送後の刊行です。その為か第18話の終わりのカットには「英語のサブタイトル」がつけられていません。

『氷菓』関連商品 

ブルーレイBOX

※TV未放映OVA収録

OP/ED主題歌

コミカライズ

原作小説

 

関連商品検索

『氷菓』放送局情報(2020年再放送)

BS11 1月14日より毎週火曜 25:00〜

アニメシアターX(AT-X)毎週(木)22:00 毎週(土)14:00 毎週(水)6:00 【30分×2話ずつ】
OVA「第11.5話 持つべきものは」も放送決定!
※TVシリーズの第11話と第12話の間に放送予定。

配信情報

NETFLIX・U-NEXT・HULU・dアニメストア等で配信


『氷菓』スタッフ・CAST

STAFF

原作・構成協力 – 米澤穂信(角川文庫刊『〈古典部〉シリーズ』から・『月刊少年エース』連載)
企画 – 安田猛、八田陽子、武智恒雄、井上俊次
監督 – 武本康弘
シリーズ構成 – 賀東招二
キャラクター原案・デザイン・総作画監督 – 西屋太志[注 12]色彩設計 – 石田奈央美
設定 – 唐田洋
美術監督 – 奥出修平
撮影監督 – 中上竜太
編集 – 重村建吾
音響監督 – 鶴岡陽太
音楽 – 田中公平
音楽プロデューサー – 斎藤滋
音楽制作 – ランティス
エグゼクティブプロデューサー – 安田猛
プロデューサー – 伊藤敦、八田英明
アニメーションプロデューサー – 瀬波里梨
アニメーション制作 – 京都アニメーション
製作 – 神山高校古典部OB会

CAST

折木 奉太郎:中村悠一
千反田 える:佐藤聡美
福部 里志:阪口大助
伊原 摩耶花:茅野愛衣
折木 供恵:雪野五月
遠垣内 将司:置鮎龍太郎
入須 冬実:ゆかな
十文字 かほ:早見沙織
沢木口 美崎:伊瀬茉莉也
糸魚川 養子:小山茉美
田名辺 治朗:福山潤
陸山 宗芳:森川智之