レンタルビデオ店はなくなりますか

 

 

 

先日の投稿でちょっと書いたのですが「レンタルビデオ(CD)サービス」は全世界的に姿を消しているそうです。

どの国でも配信サービスの台頭で観終わったあと返却しないといけないレンタル店の廃業が相次いでいるとの事。特に国土が広い国だと返しにいくのが大変だそうです。

そうですよね、田舎にすんでいる私も車で15分位走らないとそもそもレンタル店がありません ( ;∀;)。

 

現在、日本では特にそのような変化は見られないのですぐに無くなることはいのかな・・・と個人的にはそのように思っていたのですが、たぶん2020年くらいにはいつのまにか店舗型のレンタルビデオ店は無くなっているんじゃないかと今は感じています。

 

理由は先に書いたのですが、レンタルビデオ店にあるコンテンツはほぼすべて配信に置き替えることができるからです。

しかし日本ではなぜレンタル店をなぜまだ利用している人が多いんでしょうか(私もそうですが)。

おそらく「日常的な習慣」なんでしょうか、暇だと足を運んでしまうことが多いですね。これって田舎住まいの人間特有の文化なのかもしれませんが (;^ω^)。

 

でも考えてみればレンタルせずに家に帰ることが結構あります・・・本当に暇つぶしです。

CDのレンタルが特にそうですね。ここ3年間はレンタルしたことがないように思います。

amazon prime の定額制の配信サービスで流しっぱなしにするかパソコンに入っているリッピングした曲を聞くかです。

 

洋画等だと今のところレンタル料が配信に比べて安いのでレンタル店で借りている方も多いのかな。

でもこれもいずれは同じくらいの料金になっていくんでしょうか。

日本ではネット配信の認知度が低い(評価が低い?)のでレンタルサービスは健在なんですが習慣と認知度が改められれば急速にユーザーの利用状況は変化していくと思います。

 

定額制のサービスで私が使っているのはamazon prime 会員のサービスです。

料金が安いので初めて使ってみるのに最適だと思います。

まだ定額制のサービスを利用されていない方は一度お試しで利用されてみてはどうでしょうか。

 

 

アマゾンプライム会員入会

 

 

 

音楽の配信であれば、パソコンかスマホかタブレットがあれば十分です。音楽であれば特別な専用再生機も不要です。(アプリはダウンロードの必要あり)

もちろん画面は小さくなってしまうのですが映画等も再生可能です。

 

prime 会員とは別に配信曲数が多いamazon music unlimitedのサービスも開始されており、料金は別途必要になりますがプライム会員なら月780円と利用しやすい料金になっています。

 

 

 

amazon music unlimited

 

 

 

私は80年代の洋楽を聞くことが多いのですが結構満足しています。でも人によってはあまり聞くものがないという方もいらっしゃると思うので無料お試しで確認というところです。

 

なんにしろ「試してみないとわからない」のが配信サービスの世界です。使ってみるとお気に入りのサービスになる人も多いのではないかと思います。

 

 

 

Fire TV (New モデル) 4K・HDR 対応、音声認識リモコン付属