amazon fire TV

amazon fire TV

先日このブログで書いたこともあるのですが、amazonのfire TVのレビュー

を書きたいと思います。

amazon fire TV

iphone6と比べると大きさはこんな感じです

思っていたよりかなり小さかったので驚きました!

amazonからは2種類のテレビ視聴用のデバイスが発売されているのですが、

どちらを購入するかちょっと迷っている方も多いと思います。実際に両方

使ってみて簡単に言ってしまいますと

・通常の画質は、変わりません

もうちょっと正確に言うとFire TVは「クイックに動画がスタート」します

が、Fire TV Stickと画質はかわりません。

逆に言うと無線LANタイプのFire TV Stickは動画データの取り込みスピード

が遅いのです。

無線LANだとデータの通信量が有線LANに比べて遅いので、一度本体のメモ

リ内にデータを蓄える「バッファリング」という処理に時間がかかるので、

Fire TV Stickは正常な表示になるまで「もや~っ」としたぼやけた画質が

30秒くらい(長いと1分位)かかって通常の表示になることがほとんど

です。が、Fire TVはデータ通信スピードが速い有線LANをしようできる

ので、「パッ」と、見たかぎり瞬時に正常な画質で再生がスタートします。

amazonホームページ上ではFire TVFire TV Stickより高性能のパーツを

使っている点があげられていますが

・4Kの動画が再生できる

・高画質のゲームアプリを楽しめる

以外は実際に使ってみて高性能パーツの画質面での恩恵はないと感じます。

ただし画質を向上させられることが一点だけFire TVにはあります。Fire TV

は別売品としてTV接続用のHDMIケーブルが必要なのですが、値段の高い

高画質のHDMIケーブルに換えるとかなり発色が(色の階調表示が上がる)

良くなるんです!!。

本体上から見て後面に銀色に光っているケーブルがそうです。ちょっと

変わった形の平面状のフラットケーブルで1mの長さで5千円!!位したかと

思います。SONY製で現在販売されている後継商品も、だいたい同じくらいの

値段のようです。

一般的なケーブルの値段の4倍以上しますがブルーレイレコーダーで使用し

ていたものを試しに付け換えてみると発色が変わりました。

より鮮やかで明るい感じです。私の使っている2Kの42インチのテレビでも

変化が現れたので、4Kのテレビだとそれ以上の効果が期待できると思いま

す!!。

それと今後は4Kの動画コンテンツがどんどん増えていくと思われますので、

購入するなら、Fire TVのほうが無難かもしれません。テレビも新製品は4K

の商品しか実質販売されていませんからFire TV Stickだと後悔されるかもし

れません。私は結局Fire TV StickFire TV両方買ってしまったので

「ちょっと後悔しています」です。最初に買ったFire TV Stickは寝室のテレ

ビにつないでいます。ほとんど使うことがありませんが・・・・・。

※ちなみにFire TVにも無線LANの機能は付いていますが有線LANの使用をおすすめします(光回線必須)。