新型fire TV最速レビュー

新型fire TV最速レビュー

 

 

 

ちょっと遅れましたが新型のfire TVが届きました!

 

 

 

おなじみの?オレンジのパッケージです。

 

 

 

 

 

 

写真では見えませんが「4K Ultra HD」対応の文字が!。新型の大きな変更点としては4KHDRテレビに対応となった点です。

現在はコンテンツがまだ少ない状況ですが4Kテレビが主流になる中で大きな訴求点になっています。

 

 

 

 

 

 

大きさは前モデルのfire TVよりかなり小型に。その代わり有線LANコネクタとmicro SDスロットは廃止されています。「有線」で使用する場合は別売のアダプタが必要となります。

さてレビューに移りたいのですが・・・大きな変更点である4K HDR対応のテレビを持っていないのです。

「アマゾン」にもう数件レビューが上がってきているのですが「綺麗だった」との感想がほとんどだったので4K画質には問題はない、と判断させてください(スイマセン)。

その他の部分でいうと今のところ「特に変化なし」です。データの読み込みのスピードが速くなっているとの売り文句で聞いていたのですが、fire stick TVと変わらないように感じます。

ただソフトウェアのアップデートで「速くなる」可能性はあります。前モデルよりカタログスペックは落ちているのでソフトウエアでそこはカバーしていくのでは、と私は考えています。

やはり快適に視聴するためにはスピードが速いインターネット環境が必要ということですね。

実際に確認してみての感想です。もし前モデルをお持ちで買い替えを考えられている方がいらっしゃれば「現時点ではスピードや安定した動作」は変わらないということだけ念頭においていただければ。

長い目で考えれば当然「買い」なんですが、「前のモデルと全然変わらないじゃないか!」ということになるかもしれないので・・・。少なくとも今は「サクサク動く」ようには変わっていません。

しかし、今のところ書くべきことがない・・・。良くもなっていないし、悪くもなっていない、自分が4K HDRテレビを持っていないので再度「スイマセン」です( ;∀;)。

しばらく使ってみて何か気がついたことがあれば追記形式でレビューのほうは書き加えていきたいと思っています。

 

 

 

※追記その1

使い初めて1日たったのですが読み込みの時間がかなり早くなった感じ、がします。バッファリングでの待ち時間が短くなった?。

特に確認する限りではソフトウェアのアップデートなどは行われていないようなんですが・・・。理由は分からないんですが、配信の込み合う夕方から夜にかけてまた確認してみたいと思います。

それと今は別売のアダプタをつけて「有線」で使用をしています。自宅のインターネットのスピードが遅いので別売アダプタ必須です。

※追記その2

よみ込みのスピードですが「う~ん・・・」。速いときもあればそうでないときもあって判断が難しいですね。

abema TVは相変わらず止まりながらの再生なので、バッファリングの能力が弱いアプリでは「変わらない」ことは間違いないようなんですが・・・。

アマゾンのレビューにも止まると書いてあるのを見たんですが、今の配信サービスの技術ではインターネット環境によって大きく動作状況が変わってくるので「こんな不良品、返品」するみたいなことが書かれているのを見ると「いや、それが普通なんですよ」と思ってしまいます。

インターネット環境がその商品の機能の一部になっているのでそれを改善しないと、どうにもならない。でも「amazon prime では問題ないのに」みたいなことが書かれていると擁護ができないんですよね(笑)。

※追記その3(11/2)

現在イーサネットアダプターを外して「無線」で使っています。アダプタを外しても読み込みスピードがあまり変わらない?なぜだ!?。

やはり「4K配信」コンテンツでなければアダプタはあまり意味がないのかな?。もう頭の中が「???」です!!。