アマゾンより新型のFire TV「Fire TV Stick 4K」発売決定

動画サービス視聴のスタンダードデバイス「Fire TV」に新型モデル登場

スティックタイプの「4K・Alexa対応モデル」が登場です

prime videoやNETFLIX・Huluなどの動画サービスが手持ちのテレビで手軽に楽しめるストリーミングデバイス「Fire TV」の新型の発売が発表され、同時に予約受付も開始されました(12月12日発売予定)。

これにともなって今まで発売されていた4K対応モデル「Fire TV 4K」(ややこしいですね)はアマゾンのサイトでは「この商品は現在お取り扱いできません」となっており、おそらく販売終了「廃番」扱いになると思われます。

いやーしかし製品のサイクルが短い・・。約1年での新型発売、そして価格が安くなっている!、しかも性能も上がっている様子です。

 

「Fire TV」アニメを見るのに今では欠かせない商品

個人的にはアニメを見るのに地上波放送に先行して配信される作品も少なくないので、Fire TVなどのストリーミングデバイスはその視聴に欠かせないものとなっています。また画質も以前と違い、デバイス自体やアプリの改良で十分視聴にも耐えられるものとなっておりとても重宝。

 

HIGH!!アニメCLUB

2018年10月スタート『秋アニメ』新番組ピックアップ   「2018秋放送スタートアニメ」まとめ  10月より放送開始…

2018年秋アニメでも配信が予定されていない作品はほぼありません。それと配信は「ちょと見」が楽でいいですよね。そんなに気にしていない作品でも放送終了後もかなりの期間は視聴もできますし(約1年くらいは配信してる作品が多いかな)。

と、私自身には結構重要な家電製品「Fire TV」、それでは現在公開されている情報で新型について簡単な紹介というか考察というか・・少し書いてみたいと思います。

 

どこが変わった?新型Fire TV

 その1.音声認識「Alexa」対応 

便利そうですがちょっと恥ずかしくもある音声操作アシスタントに対応です。以前のモデルも動画タイトルの検索などは可能でしたが、新型は早送り・停止などの操作はもちろんTVの電源を入れたりなどの操作も可能です。

・・でも「音声操作」自分は何かハズカシイ気がしてあんまり使わないんですよね。某アニメ、シュタゲの主人公オカリンのような「一人で会話」みたいな厨二感が恥ずかしくて・・(自分だけかな?)。

でも音声から文字への変換は精度が結構高く間違いがない。そして、Siriなどを使い慣れている方には逆に音声操作できないと不便なのかも、です。

 

 

 その2.CPUの処理能力がパワーアップ 

映像の処理を行うCPUの計算速度「クロック」が1.7 GHzにパワーアップされました。全4Kモデルは1.5GHzだったので新しく対応する映像信号規格「Dolby Vision、HLG、HDR10+」などでの高画質化を考えての性能アップだと思われます。

現4Kモデルでは「4Kコンテンツの読み込みスピードが遅い」というレビューを目にしたこともありますので、それを改善する狙いもあるのかな。

ただし2K映像(1080p)は以前のモデルでも全然問題なし、使ってみて不満を感じたことはそんなにありません。それよりもインターネットの接続スピードが重要でいくらデバイスが高性能化しても宝の持ち腐れ。

もし現モデルのFire TVを使われていて「読み込みスピードが遅い・途中で止まることがある」という方は、まずインターネットの契約を見直してみた方がいいかもしれません。

 

 

 その3.なんと・・TVの音量ボタンが付きました! 

持っていない人は「?」、すでに持っている方には「!!!」の待望の新機能、いよいよ新型Fire TVのリモコンに搭載です(笑)。何と今までのモデルには「音量調節ボタン」が付いていないという、エキセントリックで斬新な作りだったのです。

なぜそうだったのか理由は分かりませんが・・とにかく不便。音量を変える時に必ず別にTVのリモコンが必要だったのです。

個人的には逆に「なんで今更!?」もっと早くつけるべき、というか一番早く改善すべき点だったのに・・そしてAlexaでそれを補えるようになったのになんで?、の変更点でした。

ちなみに・・このリモコン、単体でも販売予定です

※Fire TV Stick 4K、Fire TV Stick (第2世代)、Amazon Fire TV (第3世代)に対応。その他の端末には未対応です。

 

 

最後に「新型Fire TVは買いですか?」

もちろん答えは「YES」。特に旧Fire TV Stickをお持ちの方はぜひこの機会に買い替えられることをお勧めします。私は前4Kモデルを所有していますが旧スティックと読み込みのスピードが全然違うことに驚いた覚えがあります。

おそらく新型もそれには大きく期待できるはず。価格もいきなり安くなっての登場なのでこれは買うしかないでしょう!、の新型モデル「Fire TV Stick 4K」です。

 

※では私は・・

じゃあ私はどうするかと言うと・・「たぶん買いません」(小声)。実はApple TVの4Kタイプを今年の夏に購入し、今はこれをメインに使用しているのです。

アップル(Apple) MQD22J/A Apple TV 4K 32GB

このAplle TV、読み込みも速く(有線LANでギガbps対応)映像にも曇りがないクリアなものでとても気に入っているのですが・・価格がちょっとお高いのです・・。価格差と同じくらいの性能差があるかというとちょっと答えに困るというか。

このブログでもこのAplle TV(4K)の記事を書いて紹介しようと思っていたのですが、いわゆる「コスパ」がいいとは言えない。私は2Kのテレビしか持っていないので、4Kのテレビだとまた違うのかな・・。

大部分のコンテンツである2KであればFire TV 4Kで十分、また4Kのテレビに買い替えた時にでもその感想を書きたいと思います。

という事で買い替えはちょっと検討、買い替えるとしたらもうちょっと先。それより新型が出るならApple TVはもうちょっと待てばよかったよ・・と、少し後悔を感じながら新型Fire TV発表の報を聞く私なのでした。