ガールズ&パンツァー 第十二話「あとには退けない戦いです!」[最終回]【視聴感想】

ガールズ&パンツァー 第十二話「あとには退けない戦いです!」[最終回]【視聴感想】

ガールズ&パンツァー 第十二話「あとには退けない戦いです!」【視聴感想】

 

はじめに

この投稿は当初テレビアニメ「ガールズ&パンツァー」の再放送(BS11 2017年9月~12月)を見て感想を書いたものだったのですが「最終章」のブルーレイがもうすぐ発売(予約しました)されるので、再度テレビシリーズを観返していたらまた記事を書きたくなってしまいました。投稿内容を大幅に変更・追記して内容も「過去現在」混在しています。

 

 

 前回「激戦です!」の感想はこちら 

 

 

感想

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超重戦車「マウス」の登場であっという間に2台撃破され絶対絶命、残り5両でどう戦うのか。もちろん束になっても火力ではかないません。通常の火力ではとても撃破できないマウスですが、みほはさおりの言葉に「マウスの弱点」を思いつき生徒会の「ヘッツアー」の車体の形を生かして捨て身の作戦を立てます。動きを封じて「ブロック」弱点を狙い見事撃破します。

 

 

 

 

このマウス撃破シーンですが中戦車のハ九式の「動かし方」が気持いいですね。戦車に「キャラクター」を持たせているというか、動きが愛らしいです。八九式はこの後にある「追撃戦」のシーンでも飛んだり跳ねたりの気持ち良い動きをしています。難航不落のマウスを撃破して黒森峰の追撃を逃れますが、生徒会のヘッツアーはマウスを抑え込んだダメージで走行不能「リタイヤ」します。

 

大洗の残りの車両は四両、黒森峰は「十四両」。しかしフラッグ車はお互い「一両」、先にフラッグ車を撃破したほうが勝ちです。みほはフラッグ車どうしの一対一の戦車戦に持ち込む最後の作戦「ふらふら作戦」をに全てをかけます。

 

 

アニメ史に残る「名シーン」

 

 

 

最後のみほ対まほの一騎打ち「いつ決着がつくの!?」決着のゆくへに眼は画面に釘付けになり、この対決がいつまでも続くように感じられます。スピード感あふれるダイナミックなシーンですが、戦車に搭乗しているみほとまほはCGで描かれていて、体の揺れ方やかぜに流される髪など細やかで丁寧に作られています。

演出でセリフは極力抑えられていて、そのかわりに戦車のエンジン音とキャタピラー音、砲撃音が戦車の「セリフ」となって伝わってくる。ほかに言葉を持たず戦車で会話をする「みほとまほ」二人の姉妹らしさが出ている演出ですね。大袈裟ではなくアニメ史に残る「名シーン」だと思います。

 

これで一旦お終いの「ガールズ&パンツァー」。ボーイ・ミーツ・ガールならぬタンク・ミーツ・ガールの物語でしたが、最後のセリフに思わずニヤッとしてしまう「これでおしまい」を感じさせない良い終わり方でした(この時点で続編は決まっていたのかな?)。

 

 

 

 

 

視聴を終えて [感想]

最初はあっさりとした印象を感じていたアニメだったのですが、何回も見返しているとすごく「深い味付け」の作品なのが分かりました。キャラクターの造形もそうですし、戦車のCGも見れば見るほど「ただのCGじゃなかった」見応えがあります。お話し、そして「音響」も何度みても違う楽しみ方ができる、そんなところがこの作品のロングランヒットにつながったのではないでしょうか。5年以上ファンの注目を集め公開され続けるアニメは他にはないですものね。「最終章」が公開中ではありますが、まだまだ私たちを楽しませてくれる作品だと思います。

 

 

 

 

 

ガルパンのもうひとつの世界「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」

 

 

 

2月に発売になったのが「ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ」。ガールズ&パンツァーの世界そのままに戦車戦を楽しむことができるゲームです。その出来上がりがすごい!。テレビの名シーンのステージもあれば、オリジナルで「ボコ」を倒すミッションがあったり思わず「欲しい!」です。今のテレビゲームでは当たり前なのかな、キャラクターや戦車のカスタマイズもできるようです。ガルパンの世界をもっと楽しみたい方にぜひ!です。

 

 

 

 

 

 

 

ガールズ&パンツァー「最終章」のブルーレイが発売!

 

 

劇場版「最終章」を見た方も、観なかった方もぜひ!。