うる星やつら 第24話 感想(第2期・新番組)

 

2024年冬アニメ新番組 うる星やつら(令和版) 第24話「妄想フーセンガム/愛は国境を越えて」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


妄想を膨らませ実体化させる風船ガムをあたるに奪われたテンの話しを聞いて、善からぬことに使う前にと奪還の為にあたるを追い回すラム。

あたるを捕まえるために、ラムはある作戦を立てて・・・!。

あたるとラムが鬼ごっこを繰り広げる「うる星」らしいエピソードとなった第二期の初回。

最後に妄想の全てがはじけ飛ぶオチに、「バブル好景気」前夜だった原作連載当時を思い出す私なのでありました(笑)。

 

 

 

うる星やつら 第24話「妄想フーセンガム/愛は国境を越えて」 【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
EPISODE 24 – A
妄想フーセンガム
妄想したものが、膨らませたフーセンガムの中に現れるという「おまけつきフーセンガム」で遊んでいたテン。あたるに見つかり、そのガムを奪われてしまう。テンは泣きながらラムに奪われたことを報告しにいく。
EPISODE 24 – B
愛は国境を越えて
朝からあたるとテンのケンカが騒がしい諸星家。物を投げたり火を噴いたりとやり合っていたところ、あたるが投げた炊飯器がラムのおでこに当たってしまう。一見何ともないと思っていたが、ラムの様子に変化が…。

関連記事

Hi.アニ!

  2023年冬アニメ うる星やつら 第23話「決戦!!友1クイーンコンテスト」(第1期最終回) 感想・考察【関連グッズ…

この作品の視聴はコチラから


 

うる星やつら 第24話 感想


テンの持っていた「おまけつきフーセンガム」で弁天やおユキら美少女を実体化し己の欲望を果たそうとするあたる。

しかし、テンの報告を聞いたラムとの間で激しいガム争奪戦が勃発することに!。

追っかけっこの途中であたるが落としたガムを拾ったラムは、チャイナドレスやバニーガール姿のサクラやしのぶを作り出し、「お色気」であたるを誘い出す作戦を実行するのでしたが・・・。

 


原作の厳選されたエピソードをセレクトして再アニメ化した令和版「うる星やつら」の第二期がいよいよスタート!。

その開幕に選ばれたのは、妄想を膨らませて現実にする「ガム」を巡ってあたるとラムが鬼ごっこを繰り広げる姿を描いた「うる星」らしいエピソード。

 

 

現実にはあり得ないサクラやしのぶの悩殺ポーズに釣られたのは、あたるではなく一般の男子生徒たち。

この一致団結した風紀の乱し方はさすが友引高校の生徒といったところ(笑)。

それにしても原作から200%増し(?)で描かれている、このサクラの色っぽさが善いですな。

最後にすべては「あたるの仕業」にされるというオチが付き、渾身の妄想が生み出した実体のない美少女たちははじけ飛んで消えることに。

丁度日本が「バブル景気」に突入する直前の連載だった事をしみじみと思い出す私なのでありました。

 

そして続くもう一編は、あたるとじゃりテンの小競り合いに巻き込まれ頭部に炊飯ジャーの直撃を受けたタムが、脳震盪で一時的に日本語の記憶を失ってあたるの前から姿を消す騒動が描かれた「愛は国境を越えて」。

数日後、部屋に戻ってきたラムが一向に日本語を話さないことに亭主関白のあたるが弱気な表情を見せるという、これもまた実に「うる星」らしいエピソードだったかと思います。

自分の彼女を怪我させて謝りもしない今で言えば完全にDV男のあたるですが、それは最愛のラムだけにあたるが見せる自分の本当の姿。

軟派なクズ男が実は心底惚れこんでいるシーンを見せることで、ラムが魅力的な女性でヒロインとして優秀であることをアピールしたのでありました。

 

 

と書いてはみましたが、ほとんど若い人は「何言ってんだコイツ?」と思うだけなのでしょう(笑)。

ひょっとしたらラムにあたるがすがるシーンも「男が女を精神的に支配している」としか感じないかもしれません。

同じサンデーに連載されていた「タッチ」のヒロイン・浅倉南がそうであったように、男の強がりを今となっては共感を得ることはない「失われた昭和の美徳」であることは間違いない。

ということで、うる星の視聴感想を書くと、どうしても当時の思い出や今の時代との違いの語りになってしまうのが困ったところ(笑)。

女が「男の後を三歩下がって歩く」のは男尊女卑ではない説明をしなければならない事に、40年という時間がいかに長いかを感じ改めて驚愕する私なのでありました・・・(涙)。

 

ということで次回の放送も楽しみ!。

予告を見ると、どうやら「あの親子」にスポットが当てられる回となりそうですね。

 

 

 

 


うる星やつら Xポスト まとめ




 

うる星やつら グッズ・商品紹介

コミック


 

うる星やつら 放送・配信情報

放送局

2024年1月11日よりフジテレビ“ノイタミナ”ほかにて毎週木曜24:55〜放送

配信

1月12日より毎週金曜日正午からAmazon Prime Video先行独占配信

一般配信

ABEMAプレミアム
dアニメストア
Disney+(ディズニープラス)
FOD
Hulu
J:COM STREAM
Lemino
milplus
NETFLIX
TELASA
TELASA(auスマートパスプレミアム)
U-NEXT
WOWOWオンデマンド
アニメタイムズ
アニメ放題
バンダイチャンネル

STAFF/CAST

スタッフ
監督:髙橋秀弥 、木村泰大
シリーズディレクター:亀井隆広
シリーズ構成:柿原優子
キャラクターデザイン:浅野直之
サブキャラクターデザイン:高村和宏  みき尾
メカニックデザイン: JNTHED 曽野由大
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術設定:青木 薫
美術監督:野村正信
色彩設計:中村絢郁
CG ディレクター:畠山一馬
撮影監督:長田雄一郎
編集:廣瀬清志
音楽:横山 克
音響監督:岩浪美和
アニメーション制作: david production

キャスト声優
諸星あたる:神谷浩史
ラム:上坂すみれ
三宅しのぶ:内田真礼
面堂終太郎:宮野真守
錯乱坊:高木 渉
サクラ:沢城みゆき
ラン:花澤香菜
レイ:小西克幸
おユキ:早見沙織
弁天:石上静香
テン:悠木 碧
藤波竜之介:高垣彩陽
竜之介の父:千葉 繁

公式ホームページ:https://uy-allstars.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています