葬送のフリーレン 第18話 感想・考察

 

2024年冬アニメ 葬送のフリーレン 第18話「一級魔法使い選抜試験」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介


魔法都市オイサーストで三年に一度実施される一級魔法使いの試験に臨むフリーレンとフェルン。

その第一次試験を共に挑むカンネとラヴィーネが犬猿の仲と知り、苦笑するしかないフリーレンでしたが・・・。

頑丈で音速の速さで飛ぶシュテイレ(隕鉄鳥)捕獲という難題を課題に出されるも、喧嘩の絶えないカンネとラヴィーネにフリーレンが終始「オワタ・・」という表情を浮かべる今回のエピソード(笑)。

しかし、二人の関係性をじっくり観察したフリーレンにはどうやら勝算が見えてきた様子です。

 

 

葬送のフリーレン 第18話 「一級魔法使い選抜試験」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
ザインと別れ、魔法都市オイサーストにやって来たフリーレンたち。
この先の北部高原に入るには一級魔法使いの同行が義務付けられる。
一級魔法使い試験は合格者が一人も出ない年もあり、そして死傷者が出ることもある難関。
フリーレンとフェルンが向かった試験の会場には手練れの魔法使いたちが集まっていた。

関連記事

Hi.アニ!

  2024年冬アニメ 葬送のフリーレン 第17話「じゃあ元気で」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】 親友の向…

この作品の視聴はコチラから


 

葬送のフリーレン 第18話 感想


魔法都市オイサーストが見えて来るも、「どうせ使えなくなる」という理由で一級魔法使いの資格獲得に消極的なフリーレン。

そもそも受験資格となる五級の資格を持っていない・・・。

しかし、かなり昔に修得した「聖杖(せいじょう)の証し」がその替わりとなる事が分かり、無事試験に参加できることに。

以前、シュタルクが聖杖の証しは知らないが、「僕たちは君が凄い魔法使いであることを知っている。それでいいじゃなか」と言ったことを思い出すフリーレン。

「でもすぐ死んじゃうじゃん」と返事を返したことにシュタルクが少し悲し気な表情が頭の中に甦り・・・。

その時、「私たちはフリーレンが凄い魔法使いであることを知ってますから」とシュタルクと同じ言葉をかけるフェルン。

以前の自分を反省し、礼賛のお礼にフェルンの頭を撫でるフリーレンなのでありました。

そして迎えた3年に一度だけ行われる一級魔法使いの選抜試験の当日。

第一次試験の内容は3人一組のパーティーになり、試験の課題をこなすというもの。

自分と同じ番号の腕輪を付けたメンバーを見つけたフリーレンが見たのは、カンネに馬乗りになり髪の毛を引っ張っているラヴィーネの二人が喧嘩している姿。

試験に合格するためパーティーのメンバーとは波風を立てない様に思っていたフリーレンでしたが、仲の悪そうな二人を見て苦笑いを浮かべるしかなく・・・。

 

 

 

《葬送のフリーレン》 コミック最新巻はこちら ※2023年12月現在


三年に一度の落ちるわけにはいかない大切な試験のパーティーメンバーのラヴィーネとカンネが犬猿の仲であることを知り「オワタ・・・」と諦めの笑顔を浮かべるフリーレンが、意外な二人のコンビネーションに気付き「ひょっとしてワンチャンあるのかも?」という表情を浮かべるまでが描かれた今回のエピソード。

幼馴染で同じ魔法学校の出身であるラヴィーネとカンネは、互いの距離が近いせいもあるのか遠慮なしに言動をぶつけるため喧嘩が絶えないといった感じでしょうかね。

人との付き合いって長ければ長いほど「悪い面」のほうが記憶に残りやすいのですよね。

恋人とか夫婦が特にそう(笑)。

 

でもお互いのいい所もたくさん知っていて、それを言葉に出さないだけなんですよね。

劇中にあった、カンネに頼まれ彼女の長所を言葉にしてあげていくラヴィーネのシーンが、まさにそれを表している印象的なものとなっていました。

いわゆる「ツンデレ」とは似ているようでちょっと違う二人ですが、表面に見える感情の齟齬をどう解消していくのか・・・がお話しのテーマとなるような気がします。

ということで次回の放送とその展開が楽しみ!。

 

 

ところで、気になるのは血に飢えた(?)好戦的なユーベルがフェルンと同じグループになったことですね。

お話しの中でハッキリ明言されていたわけではないのですが、この試験中はその経過において人が死ぬ事態を容認しているように思えます。

どういう経緯なのかは分かりませんが、前回の試験でユーベルが試験官を殺害したのにも関わらず再受験している状況から、課題をクリアするための制限はない試験なのかもしれませんね。

ユーベルの受験の目的は果たして一級魔法使いになることなのか?。

なーんて考えるのは深読みのしすぎでしょうかね(笑)。

 

 

 

 

 




葬送のフリーレン Xポストまとめ




葬送のフリーレン・グッズ商品情報

原作コミック


オープニングテーマ


晴る
ヨルシカ

 


エンディングテーマ


ブルーレイ


 

 

葬送のフリーレン 放送・配信情報

放送局

2023年 9月29日(金)よる9時日本テレビ系【金曜ロードショー】にて「初回2時間スペシャル ~旅立ちの章~」放送

※テレビ大分では、9月29日(金)24時40分から放送

以降 10月6日(金) より 毎週金曜よる11時「FRIDAY ANIME NIGHT (フラアニ) 」にて放送 日本テレビ系全国30局ネット

配信サービス

9月30日(土)午前0時 初回スペシャルエピソード順次配信
以降、毎週土曜午前0時 最新話順次配信

ABEMAプレミアム
Amazon Prime Video
dアニメストア
Disney+
(ディズニープラス)
DMM TV
FOD
Hulu
J:COMオンデマンド
milplus
NETFLIX
TELASA
TELASA(auスマートパスプレミアム)
U-NEXT
WOWOWオンデマンド
アニメ放題
バンダイチャンネル

葬送のフリーレン スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:斎藤圭一郎
シリーズ構成:鈴木智尋
キャラクターデザイン・総作画監督:長澤礼子
コンセプトアート:吉岡誠子
魔物デザイン:原科大樹
アクションディレクター:岩澤亨
デザインワークス:簑島綾香/山﨑絵美/とだま。/長坂慶太/亀澤蘭/松村佳子/高瀬丸
美術監督:高木佐和子
美術設定:杉山晋史
色彩設計:大野春恵
3DCGディレクター:廣住茂徳
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音響監督:はたしょう二
音楽:Evan Call
オープニングテーマ:「勇者」YOASOBI
エンディングテーマ:「Anytime Anywhere」milet
アニメーション制作:マッドハウス

出演声優

フリーレン:種﨑敦美
フェルン:市ノ瀬加那
シュタルク:小林千晃
ヒンメル:岡本信彦
ハイター:東地宏樹
アイゼン:上田燿司

公式ホームページ:https://frieren-anime.jp/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています