ダンジョン飯 第4話 あらすじ・感想

2024年冬アニメ ダンジョン飯 第4話 「キャベツ煮/オーク」 あらすじ・感想 【関連グッズ・配信放送情報紹介】


ゴーレムで栽培した野菜を食した後、残りを物々交換するため地下迷宮の宿場へと訪れるライオスたち。

そこへ、食料を強奪するためオークの一団が襲ってきて・・・!?。

「食」によってダンジョンの調和が保たれた様が描かれたダンジョン飯の第四話。

人間やエルフと敵対するオークたちの姿に「正義は一つではない」ことや、それでも歩み寄って協調する姿勢が必要と今更教えられることに。

そして、ようやく妹・ファリンを食べたレッドドラゴンの居場所が分かり、次回は物語が大きく動く予感?。

 

 

 

ダンジョン飯 第4話「キャベツ煮/オーク」 【あらすじ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
ライオスたちは、センシが普段拠点としているキャンプ地へ立ち寄る。
一行の前に現れたのは、土でできた魔法生物のゴーレムだった。
センシが慣れた様子でゴーレムの動きを封じると、倒れたゴーレムの背中には新鮮な野菜が生い茂っていた。
センシはゴーレムの体を畑代わりに、野菜を栽培していたのだ。

関連記事

Hi.アニ!

2024年冬アニメ ダンジョン飯 第3話「動く鎧」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】 「動く鎧」が鎮座する部屋を…

この作品の視聴はコチラから


 

 

ダンジョン飯 第4話 感想


ゴーレムの体で栽培された野菜を使った『キャベツ煮』を食した後、食べきれない分を物々交換で物資に変えるため地下迷宮の商人のもとを訪れるライオスたち一行。

しかし、そこに食料を略奪するオークが現れ宿場の客は皆殺しに。

あわやマルシルも殺されかけますが、そのオークはセンシの知り合いで、《赤い竜》が集落の近くに出たことでこの階層に避難していたのでした。

家族を食わせるためライオス一行の食料も強奪するオークでしたが、その代わりにオークのキャンプに泊めてほしいとセンシは何故か頼みだして・・・?。

 

 

 

 

《ダンジョン飯》原作コミック最新巻はこちら ※2024年1月現在


突然のセンシの発言に「何か考えがあるはず」とオークのキャンプへ進み出したライオスたちでしたが、センシの目的は「パン」を作りたいという一点だけ(笑)。

センシたちがパンを作るのを眺めながら「オークの歴史」を息子に教えるオークの頭。

人間やエルフとの争いに敗れダンジョンへと逃れることになった経緯を話すも、それはオークが略奪をくり返したからと自分たちの正当性を主張するマルシル。

 

 

頭が「ダンジョンを攻略し狂乱の魔術師を倒した後に何を望むのか?」とライオスに問うシーンが中々に意味深い。

生活するための日銭を稼ぐため、冒険者稼業を続ける自分の姿に気付くライオス。

頭は誰かが魔術師を倒した後、自分たちの生活の場がまた奪われるのではないかと心配しているのです。

 

 

 

出来上がったパンをまた奪おうとする頭に、「みんなで作ったのに、あの人たちは食べられないの?」と素朴な疑問を投げかけるその息子。

頭は息子の手前「迫害された者」である自分たちの歴史を覆すことはできず、パンをもらう代わりに渋々肉類などの食材を提供することになるのでした。

こうして両者の協力のもとに『ピリ辛鶏と丸ごとキャベツ煮』が完成することになったのでした。

 

皆で食卓を囲み同じ物を食べた後、赤い竜に喰われた妹を助けるためにその居場所を教えてほしいと頭に頼みこむライオス。

その代わり竜を倒しオークの集落を救うという交換条件を出したライオスに、頭は自分たちの集落がある階層の地図を渡したのでありました。

 

「食」を架け橋にしてダンジョン世界の調和が保たれる様が描かれた今回のエピソードでしたが、言うまでもなく現在の我々の姿の写し絵でもありますよね。

正義は一つではなく、それぞれに違う正義を持つ世界に生きている私たちだからこそ考えさせられるものとなっていました。

 

さて、ということで次回はいよいよ「レッドドラゴンを倒すお話しになる?」のかどうか楽しみな所であります。

 

 

 

 

 


ダンジョン飯 Xポスト まとめ






 

 

ダンジョン飯 グッズ・商品紹介

コミック


OP/ED主題歌

Sleep Walking Orchestra
BUMP OF CHICKEN

Party!!
緑黄色社会

ブルーレイ


 

ダンジョン飯 放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週木曜 22:30~ (再放送)毎週日曜 10:30~
BS11:毎週木曜 23:30~
テレ玉:毎週木曜 23:30~
KBS京都:毎週木曜 24:00~
とちぎテレビ:毎週木曜 24:30~
群馬テレビ:毎週木曜 24:30~
チバテレ:毎週木曜 24:30~
tvk:毎週木曜 24:30~
奈良テレビ放送:毎週木曜 24:30~
サンテレビ:毎週木曜 24:30~
びわ湖放送:毎週木曜 25:00~
岩手朝日テレビ:毎週木曜 25:20~
TSKさんいん中央テレビ:毎週木曜 25:20~
熊本朝日放送:毎週木曜 25:20~
鹿児島放送:毎週木曜 25:20~
テレビユー福島:毎週木曜 25:28~
山梨放送:毎週木曜 25:29~
静岡放送:毎週木曜 25:30~
テレビ愛知:毎週木曜 25:30~
北陸放送:毎週木曜 25:30~
東日本放送:毎週木曜 25:31~
テレビせとうち:毎週木曜 25:35~
信越放送:毎週木曜 25:42~
テレビ北海道:毎週木曜 26:00~
TVQ九州放送:毎週木曜 26:00~
広島ホームテレビ:毎週木曜 26:25~
新潟放送:毎週木曜 26:30~
AT-X:毎週木曜 22:30~ AT-X(リピート放送)毎週月曜 10:30~ 毎週水曜 16:30~

配信

2024年1月4日(木)22:30より地上波同時配信

Netflix
dアニメストア
ABEMA
Lemino
niconico
(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
ディズニープラス
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA
J:COM STREAM
milplus
見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
Prime Video
FOD
WOWOWオンデマンド
DMM TV

ダンジョン飯 スタッフ・声優

制作スタッフ

原作: 九井諒子(「ダンジョン飯」/KADOKAWA 刊)
監督 :宮島善博
シリーズ構成 :うえのきみこ
キャラクターデザイン: 竹田直樹
モンスターデザイン: 金子雄人
コンセプトアート: 嶋田清香
料理デザイン: もみじ真魚
副監督: 佐竹秀幸
美術監督: 西口早智子 錦見佑亮(インスパイア―ド)
美術監修: 増山修(インスパイア―ド)
色彩設計: 武田仁基
撮影監督: 志良堂勝規(グラフィニカ)
編集: 吉武将人
音楽: 光田康典
音楽制作: KADOKAWA
音響監督: 吉田光平
音響効果: 小山健二(サウンドボックス)
録音調整: 八巻大樹(クラングクラン)
アニメーションプロデューサー: 志太駿介
アニメーション制作: TRIGGER
製作: 「ダンジョン飯」製作委員会

出演声優

ライオス: 熊谷健太郎
マルシル: 千本木彩花
チルチャック: 泊明日菜
センシ: 中 博史
ファリン: 早見沙織
ナマリ: 三木 晶
シュロー: 川田紳司
カブルー: 加藤 渉
リンシャ: 高橋李依
ミックベル: 富田美憂
クロ: 奈良 徹
ホルム: 広瀬裕也
ダイア: 河村 螢
シスル: 小林ゆう

公式ホームページ:https://delicious-in-dungeon.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています