僕の心のヤバイやつ  第16話 感想 (第2期)

 

2024年冬アニメ 僕の心のヤバイやつ(第2期) 第16話 「山田は僕を」 あらすじ・感想 【関連グッズ・配信放送情報紹介


バレンタインデーの当日、いつもと大きく様子が違う山田に戸惑う市川。

「本命チョコ」を貰いたい市川でしたが、山田は行動に移すことが中々できずにいて・・・。

お互いの成長変化ゆえに起きた二人の「すれ違い」が、じれったくも甘く描かれていた僕ヤバの第16話。

そして、市川とは真逆の「青春の勝者」であるはずの南条(ナンパイ)の本当の姿がちょっと悲しい・・・。

 

 

 

僕の心のヤバイやつ   第16話 「山田は僕を」 【あらすじ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
バレンタインデー当日、気もそぞろな足立をよそに市川はいつもと変わらない一日を過ごそうとしていた。
一方の山田は廊下を何度も往復して女子からの友チョコを集めて回ったり、萌子手作りの義理チョコを市川から横取りしたりするなど、いつも以上に変な様子だ。
放課後、チョコまんを頬張りながら山田はおずおずと「どんなチョコなら本命だと思う?」と市川に質問する。
そんな彼女が手に持つ袋の中には、あるものが隠されていた……。

関連記事

Hi.アニ!

2024年冬アニメ 僕の心のヤバイやつ(第2期) 第15話 「僕は山田と」 あらすじ・感想 【関連グッズ・配信放送情報紹…

この作品の視聴はコチラから


 

 

 

僕の心のヤバイやつ 第16話 感想


【ストーリー】

やってきたバレンタインの当日、いつ山田にチョコを貰えるのか気もそぞろな市川でしたが、当の山田はチロルチョコで将棋をしたりハート形のチョコまんを買い食いしたりと意味深な行動を取り続けることに。

それは山田が、「市川にどうチョコを渡せば『本命』と気づいてもらえるのか?」を考えあぐねていたからなのでありました。

そんなストレートな問いかけをする山田の気持ち気づかない市川は「言わらないとわからないかも」と返す市川でしたが・・・。

市川の頬にチョコまんをくっ付けた後、バイバイと挨拶を言いこの場から離れていく山田。

その後ろ姿を見た市川はハッと気づき、急いで山田の後を追いかけるのでしたが・・・。

 

 

 

《僕の心のヤバイやつ》 コミック最新巻はこちら ※2024年1月現在


【感想①】

女の子から意中の男子に自分の気持ちを伝えてもいい、年に一度の大イベント「バレンタインデー」の市川と山田の姿が描かれた今週の「僕ヤバ」(第15話)。

バブル期の頃に生まれた(!)「義理チョコ」という慣習で告白イベントとしての重さがなった上に、昨今のフェミニズムの流れにより女の子の山田がチョコを貰うといった状況もあり、チョコをもらう事を期待している市川はいつも通りではない山田の姿に混乱することに。

朝から学校で女子たちからチョコを貰いまくりそして喰いまくる山田を叱る親友のちひろ。

「今日は男子!」と山田が言い訳を返すやり取りを思い出した市川は、「チョコをくれるのを山田は待っているのでは?」と勘違いしてしまいます。

コンビニで急いで買った「逆チョコ」を渡し、自分が先に山田への好意の気持ちを表したのでした。

なんと恥ずかしい勘違い!。

でも、第2期に入ってからの市川の男らしい変化は、観ていて実にカッコよい。

 

 

【感想②】

そして、山田の方も女性らしさの「心」が成長しているの事が今話でよく分かります。

「本命チョコ」をしっかりとアピールしたい山田ですが、市川の口に付いたチョコをこねくりハートの形にするなど観ていてじれったい言動を繰り返すばかり。

以前なら、事を深く考えず(?)天真爛漫にチョコを渡したのでしょうが、「勘違いしてもいいよ」という遠回しの言葉でしか自分の気持ちを表すことができない山田。

市川が理想としているチョコの贈呈が出来なくて、最後は泣き出してしまう山田なのでありました。

 

【感想③】

そして、今回のもう一つの見せ場となったのが、ナンパイこと南条先輩が決定的な敗北の姿を晒すシーンでしょう(笑)。

偶然出くわし、「男女の関係性」について意見を違える市川と南条。

男と女は一生分かり合えない存在と言う南条に、そんなことはなく共感理解出来るはずと反論する市川。

 

 

ホワイトデーに何を贈ったらいいか教えを乞う足立に、どう答えていいか焦る南条が「下着」と返すシーンが印象的です。

つまり、南条は男女交際について足立と「同レベ」なんですよね。

一方、そんなもの贈っても女の子は喜ばないことが分かっている市川は、南条の本心の答えを自分と山田の関係を裂くための「下手くそな罠だ」と勘違いし警戒します。

既にこの時点で、市川が「オトコ」として南条の先を歩いていることが分かるのですが・・・。

 

 

 

 

 

山田と歩く市川の姿を、まるで手の届かない存在のように眺めるしかない南条なのでありました。

そして、ネタばれになるので詳しくは書きませんが、南条の山田へのアプローチはこれで終わりではなく、市川のここまでの成長にも絡んだ南条の最後の「大きな見せ場」が控えているのであります。

 

 

ということで、南条の存在などすでに眼中になく、一か月後のホワイトデーをどう挑むかで悩む市川のこの強者感が(笑)。

次週のお話しとその展開も楽しみであります。

 

 

 


僕の心のヤバイやつ Xポストまとめ




僕の心のヤバイやつ グッズ商品情報

原作コミック


ブルーレイ


OP主題歌

「僕は…」
あたらよ


僕の心のヤバイやつ 放送・配信情報

放送局

【テレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠】1月6日より毎週土曜 深夜1時30分~
【BS朝日】1月13日より毎週土曜 深夜1時00分~
【CSテレ朝チャンネル1】1月21日より毎週日曜 夜10時00分~

配信

1月6日より毎週土曜 深夜2時00分~Prime Videoにて見放題独占配信

僕の心のヤバイやつ スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:桜井のりお(秋田書店「マンガクロス」連載)
監督:赤城博昭
シリーズ構成・脚本:花田十輝
キャラクターデザイン:勝又聖人
色彩設計:柳澤久美子
美術監督:黛昌樹
撮影監督:峰岸健太郎 竹沢裕一
編集:肥田文
音響監督:小沼則義
音響制作:マジックカプセル
音楽:牛尾憲輔
制作:シンエイ動画

キャスト声優
市川京太郎:堀江瞬
山田杏奈:羊宮妃那
小林ちひろ:朝井彩加
関根萌子:潘めぐみ
吉田芹那:種﨑敦美
足立翔:岡本信彦
神崎健太:佐藤元
太田力:福島潤
原穂乃香:豊崎愛生
市川香菜:田村ゆかり
南条ハルヤ:島﨑信長
イマジナリー京太郎:福山潤
安堂カンナ:井口裕香
半沢ユリネ:上田麗奈

公式ホームページ:https://bokuyaba-anime.com/

     



 
アニメの感想ブログ 《Hi.アニ!》(はいあに)
Hi.アニ!は放送中のアニメの感想や考察 そしてグッズ商品・配信放送情報などを 紹介しているサイトです。
Hi.Ani! is a site that introduces impressions and thoughts on currently airing anime, as well as merchandise and distribution broadcast information.
レビュー記事は現在2000件を越え更に更新中
twitterでも情報をツイートしています
twitter ➩ @hivicon0211
Threads ➩ https://www.threads.net/@hiani0706

●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
記載されている商品・配信サービス情報等は記事作成時のものとなります