スパイ教室 第1話 感想 《新番組》

2023年冬アニメ新番組  スパイ教室  第1話 「MISSION 《花園》Ⅰ」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

実戦経験のない7人の少女たちが集められ挑むのは死亡率9割を越える『不可能任務』。

しかし落ちこぼれのスパイ候補生を教えるクラウスは凄腕ながらも教師としてはポンコツだった!?・・・。

ヒロインの一人・リリィの行動によって始動するストーリーの描き出しも良好な「スパイ教室」第一話。

クラウスとの駆け引きと意外な展開の面白さもさることながら、リリィのヒロイン力(紳士面)が大きな助けとなっていたのは間違いない?。

 

 


 

アニメ「スパイ教室」第一話 クラウスからの指示を受けるリリィたち

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

スパイ教室  第1話 「MISSION 《花園》Ⅰ」 【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

大戦後――軍隊同士の表立った武力衝突ではなく、スパイたちの暗躍による「影の戦争」が主流となった世界。
ディン共和国・スパイ養成学校の落ちこぼれ生徒《花園》のリリィは、不可能任務を専門とする新設チーム「灯」のメンバーに抜擢される。
赴任地でリリィを待ち受けていたのは、「世界最強のスパイ」を自称するボスの青年・クラウスと、くせ者揃いなチームメイトの少女たちだった。

イントロダクション

陽炎パレス・共同生活のルール。
一つ 七人で協力して生活すること。
一つ 外出時は本気で遊ぶこと。
一つ あらゆる手段でもって僕を倒すこと。
――各国がスパイによる”影の戦争”を繰り広げる世界。
任務成功率100%、しかし性格に難ありの凄腕スパイ・クラウスは、
死亡率九割を超える『不可能任務』に挑む機関―灯―を創設する。
しかし、選出されたメンバーは実践経験のない7人の少女たち。
毒殺、トラップ、色仕掛け――任務達成のため、少女たちに残された唯一の手段は、
クラウスに騙しあいで打ち勝つことだった!?世界最強のスパイによる、世界最高の騙しあい!

スパイ教室 第1話 感想

クラウスとリリィ

『不可能任務』遂行のため陽炎パレスへと集った7人の少女たちでしたが、その教官役であるクラウスはあまりにもレベルの高いスパイであるために生徒であるリリィたちにその手法を伝えることが出来ない。

複数の錠前を瞬時に開けることが出来てもそれはクラウスにとって「何となく」服を着ることと同じで、少女たちにそのあたり前をどう伝えたらよいのか彼は少々悩むことに。

しかし少女たちにとってこれは生きるか死ぬかの大問題で、このままでは9割が死ぬと言われている不可能任務を生き残る事が出来ない。

自分たちが無駄死にしないようスパイチーム「灯」を解散させるべくリリィはクラウスにある行動を仕掛けるのでしたが・・・。

 

出来損ないの落ちこぼれスパイ候補生が一人前に育つ過程を描く「スパイ教室」のイントロダクションとなる第一話でしたが、ミッション実行のための捨て駒と思われていた少女たちが実は特殊な才能を持っていたという展開の描き方が意表をついてきてお話しに引きこまれるものとなっていました。

今話ではリリィが毒に耐性のあることが描かれていましたが、他の6人も何かしらの特殊な能力を持っているのは間違いないはず。

 

そのリリィですが不可能任務遂行のための技術をクラウスから得ることが出来ないとチームを招集した計画そのものを破棄するよう迫るのですが、彼女の企みを「何となく」察知したクラウスによって作戦は失敗してしまうことに。

でもリリィが仕掛けてきたことで座学ではなく実践でスパイの駆け引きを教えることをクラウスは思いつくのでありました。

さてクラウスは少女たちにはどんなミッションを与えてくるのでしょうか?。

 

と、色々と書きましたが正直個人的な第一話の感想としては「リリィが可愛かった」という一言に尽きます。

胸も大きくて女スパイとしてそれだけで合格点をあげたいくらい(笑)。

制作陣もこの作品において何を見せたら分かっている感じで、露骨なエロシーンまではないでしょうが7人のヒロインたちの魅力をしっかり引き出してきてくれそうで期待が持てます。

ということで予想していたよりも意外に紳士向け(!)だったスパイ教室の第一話でございました。

 

 

 

それにしてもクラウスの感性が難解です・・・キャンバス一面赤で塗りつぶされたこの画のどこに「ファミリー」の要素があるのか?。

これってストーリーの大きな伏線となるのでしょうかね。

それと繰りしになって申し訳ないですが、リリィが実によい。

ただのパジャマ姿なのにこの胸の主張たるや・・・実にグッドであります!。

 

 

 

 

 

 

 

 

 








スパイ教室 グッズ情報

ブルーレイ


原作小説


コミック


 

主題歌 OP


 

 

 放送局・配信情報

AT-X:1月5日より毎週木曜日22:30~ リピート放送:毎週月曜日10:30~ 毎週水曜日16:30~
TOKYO MX:1月5日より毎週木曜日23:30~
テレビ愛知:1月9日より毎週月曜日26:35~
KBS京都:1月5日より毎週木曜日24:00~
サンテレビ:1月5日より毎週木曜日24:00~
BS日テレ:1月5日より毎週木曜日23:30~

配信

地上波先行・最速配信:ABEMA、dアニメストア 1月5日より毎週木曜日23:00~



一般配信:1月12日(木)23:00~以降、順次配信予定

ニコニコ生放送/
ニコニコチャンネル
ひかりTV
GYAO!
FOD
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA
(見放題プラン)
J:COMオンデマンド
milplus
見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
Amazon Prime Video
DMM TV
ディズニープラス
WOWOWオンデマンド
NETFLIX


スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:竹町 株式会社KADOKAWA ファンタジア文庫刊
原作イラスト:トマリ
監督:川口敬一郎
助監督:池端隆史
シリーズ構成:猪爪慎一
キャラクターデザイン:木野下澄江
サブデザイン:枡田邦彰/市松模様
プロップデザイン:岩畑剛一/鈴木典孝
銃器設定:常木志伸
衣装デザイン:本間理莉
メインアニメーター:枡田邦彰/佐藤元昭 清水慶太/穂積彩夏
3D監督:小川耕平
3DLO/3DCG:Marco/デジタルモーション
美術背景:プロダクションアイ
美術監督:海野よしみ
美術ボード:槻舘育子
美術設定:長澤順子
色彩設計:岩井田 洋
撮影監督:難波 史
編集:丸山流美
音響監督:納谷僚介
音響制作:スタジオマウス
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:KADOKAWA
アニメーション制作:feel.
製作:「スパイ教室」製作委員会

 

CAST声優
リリィ:雨宮 天
グレーテ:伊藤美来
ジビア:東山奈央
モニカ:悠木 碧
ティア:上坂すみれ
サラ:佐倉綾音
アネット:楠木ともり
クラウス:梅原裕一郎