お兄ちゃんはおしまい! 第10話 感想

2023年冬アニメ  お兄ちゃんはおしまい!  第10話 「まひろとおっぱいとアイデンティティ」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

寒い日のスカート談議やリンパマッサージ、そしてクレープの食べさせ合いやバレンタインデーに渡したチョコでみはりが感涙にむせぶなど相変わらず「百合色」が続くまひろの日常。

しかしこのままでは女子化まっしぐらで男としてのアイデンティティは崩壊寸前!?、そんな時にクラスメート二人が書店の18禁コーナーに入ろうとするのを目撃して・・・。

百合はおろか「実質BL」という禁断の扉をまひろが意図せず開き、男子二人を招き入れそうになっている展開にドキドキしながらも大爆笑!。

迂闊な言動で自ら「頭がパー!」になっちゃう危険な状況を生み出しそうなまひろなのでありました(笑)。

 

 

 

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄ちゃんはおしまい! 第10話 「まひろとおっぱいとアイデンティティ」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10話 あらすじ

1月の新学期が始まり、みんなで冬の制服の着こなしを話すまひろ。
うっかり自分でスカートを捲り、男子に見られたことで可愛い悲鳴を出してしまう。
男の心を取り戻すべく気持ちを引き締めるまひろだが、家でかえでにマッサージされることになり…!?
バレンタインの日に、みはりからチョコを渡されるまひろ。
その場で食べ始めるまひろに慌てて「今年はあげる側なんだから」と止められ…!?

 

お兄ちゃんはおしまい! 第10話 感想

 


寒い冬でもファッションのために生足で過ごすかえでに「女子はタイヘンダナー」と思いつつも、学校で無意識にスカートをたくし上げた姿を男子に見られ「キャッ!」と恥じらい女子化が止まらないまひろ。

なんとか男としての威厳を取り戻したいところですが、家で勉強を教えてもらいにきたかえでにリンパマッサージを受け更に女子として整ってしまう始末で・・。

そんな日々が続くうちにやって来たのは女子として特別な日「バレンタインデー」。

みはりに配布用の義理チョコを抱え最初は面倒くさがっていたまひろも、女子どうしでの交換で大量のチョコを手に入れ意外にもテンションを上げる結果に。

しかしふと周りを見渡せば飛び込んできたのはチョコを貰う事が出来ず紋々としている男子たちの姿。

まひろはゲームの話しで盛り上がったことのあるちょっとだけ近しい男子二人組に「義理だゾ!」とチョコを手渡したのですが、その最後の一個にもらえた買った他の男子がゾンビのようにわらわらと群がってきて!?。

 

 

寒い日のスカートやバレンタインデーなど今回も女子の大変さに理解を深めるまひろの女子化だ止まらない姿が描かれたお話しとなっていた「おにまい」。

確実にアイデンティティは崩壊中!でもまひろが女子だからこそ描き出される百合色な日常の数々に今話もほっこりとするばかりなのでありました。

 

 

いつもラッキースケベ(!)なまひろの姿を拝んでいる男子二人ですが、チョコを貰えることになったのに何故かそんなに嬉しそうではない。

どうやら照れ隠しでもない感じだけど・・・と思っていたら、もらえなかった男子からの圧力を恐れていたからなのね(笑)。

中学の二年になろうとしているこの時期になんとも純情なこと。

女子も女子で男子との間に不可侵のバリアを張っているようで「モテ格差」を生まないある意味で実に平和な世界なのでありました。

それにしてもこんな状況となることを元男子として読めなかったまひろは男子力が低すぎやしませんかね?。

まあ男子力というか周りのと同調できないからニートになったのかもしれませんが。

 

 

まひろにバレンタインデーのチョコを貰いまたしても感激の涙を流すブラコンのみはりでしたが、結局みはりはこのままの生活をよしとしているのでしょうかね?。

確かに女の子にしたことでまさに「異世界転生」に近い人生のやり直しの機会を兄に与えたのではありますが・・・、まあそこに触れるのは本当にお話しの最後の最後になるのでしょう。

「できるなら、もうしばらくこのまま・・」みはりのセリフが示すよう、まひろにとっての「非日常」が永遠に続く日常系というのが今作の魅力でもありますし。

ということで次回のお話しも楽しみ!、時間の経過を考えれば次に訪れる季節は春。

まひろに「後輩」とかが出来たりなんかするのでしょうか。

 

 

 

書店の18禁エリアに立ち入ろうとしたことの口止めをまひろにお願いする男子二人でしたが、男子としてその気持ちが分かるまひろは「今度いいもの見せてあげようか?」と未成年禁制のブツを提供する意向を示すのでしたが・・・。

18禁のゾーニングの侵入に失敗し更にまひろからの誘うような言葉に欲求の行き場を失った二人の脳内はオーバーヒート!。

「アイヤー!コノママデハマヒロチャンヤラレチャウアルヨー!!」とまひろの迂闊さに思わずドキドキすることに。

百合より先に「実質BL」という禁断の扉をまひろが開いてしまわないか心配ダ(笑)。

そして快感で頭がパー!にならないことを願うばかりです。

 

 

 



お兄ちゃんはおしまい! twitterまとめ(作品・グッズ情報)





お兄ちゃんはおしまい! スクラッチ
販売期間 2023年02月22日 (水) 12:00〜 2023年03月13日 (月) 11:59






お兄ちゃんはおしまい! グッズ情報

ブルーレイ


原作コミック


主題歌 OP/ED



 

 

 放送局・配信情報

AT-X:23時30分~ ※リピート放送 毎週(月)11時30分/毎週(水)17時30分
TOKYO MX:24時00分~
BS11:24時30分~

配信

先行配信:ABEMA 2023年1月5日(木)25:00~

 

一般配信:2023年1月8日(日)25:00~以降順次配信
Amazon Prime Video
DMM TV
dアニメストア
dアニメストア ニコニコ支店
dアニメストア for Prime Video
FOD
Hulu
J:COMオンデマンド
milplus
TELASA
TELASA(auスマートパスプレミアム)
U-NEXT
アニメ放題
バンダイチャンネル


スタッフ・キャスト

STAFF

原作:ねことうふ(月刊ComicRex/一迅社刊)
監督:藤井慎吾
シリーズ構成:横手美智子
キャラクターデザイン:今村亮
美術監督:小林雅代
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:伏原あかね
編集:岡祐司
音響監督:吉田光平
音響効果:長谷川卓也
音楽:阿知波大輔・桶狭間ありさ
プロデュース:EGG FIRM
制作:スタジオバインド

 

CAST

緒山まひろ:高野麻里佳
緒山みはり:石原夏織
穂月かえで:金元寿子
穂月もみじ:津田美波
桜花あさひ:優木かな
室崎みよ:日岡なつみ

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています