NieR:Automata Ver1.1a(ニーア オートマタ Ver1.1a) 第1話 感想 《新番組》

2023年冬アニメ新番組  NieR:Automata Ver1.1a(ニーア オートマタ Ver1.1a) 第一話 「or not to [B]e」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

エイリアンの生み出した機械生命体と戦闘アンドロイドの少女・2Bとの果てなき戦いを描いた人気ゲーム原作のNieR:Automata Ver1.1a。

ハードSFなストーリを盛り上げる戦闘シーンの間に世界観説明もしっかりとされていて初心者にも理解しやすい第一話となっていました。

繰り返される戦いの宿命に囚われている2B、果たしてその呪いを解くことはできるのか!?。

 

 


 

NieR:Automata Ver1.1a 第一話 2Bと9S

 


 

 

 

 

 

 

 

 

NieR:Automata Ver1.1a(ニーア オートマタ Ver1.1a) 第一話 「or not to [B]e」 【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話 あらすじ

西暦5012年。
<エイリアン>と称される生命体が地球侵略を開始。
人類が月へと逃れて以来、地上では人類が生み出した<アンドロイド>と、エイリアンが生み出した<機械生命体>による戦闘が、長きに亘り続いていた。

当機は、随行支援ユニット<ポッド042>。
11945年3月10日より決行される「第243次降下作戦」にて、<ヨルハ部隊>所属のアンドロイド<2B>の支援を担当する。
以降、同作戦にてヨルハ機体<9S>の随行支援を担当する<ポッド153>と共に定期的な任務の報告を行う。

西暦5012年。突如地球へと飛来してきた<エイリアン>と、彼らが生み出した<機械生命体>により、人類は絶滅の危機に陥った。
月へと逃げのびた僅かな人類は、地球奪還のため、<アンドロイド>の兵士を用いた反攻作戦を開始。
しかし無限に増殖し続ける<機械生命体>を前に、戦いは膠着状態に陥る。
人類は最終兵器として、新型のアンドロイド<ヨルハ>部隊を地球へ派遣。
新たに地球へと派遣された<2B>は先行調査員の<9S>と合流し、任務にあたるが、その最中で、数々の不可解な現象に遭遇し……。これは人類のために戦い続ける、命なき<アンドロイド>の物語――。

NieR:Automata Ver1.1a 第1話 感想

超大型兵器の破壊ミッションのため「9S(ナインエス)」と合流する事となるアンドロイド兵士「2B(トゥービー)」。

圧倒的な戦力差を覆すため9Sは現れた超大型兵器へのハッキングを試みるのですが機能を完全に停止する前に反撃され大きなダメージを負ってしまいます。

戦闘不能となった9Sの替わりに超大型兵器へ攻撃を仕掛けそのコアを破壊する2Bでしたが・・・、敵は一体だけではなく二人は包囲されてしまうことに!?。

 

エイリアンが生み出した機械生命体との終わりなき戦いが描かれたニーアオートマタの第一話でしたが、終末の空気が漂うひたすらにハードな世界観がイイですね!。

個人的に2022春アニメとして放送された「ブラックロックシューター DAWN FALL」が好きでありまして、それに似た雰囲気を今作にも感じます。

主人公の2Bもブラックロックシューターに登場する少女・エンプレスと同じ機械少女(?)ということで共通点多し。

そして何よりCV.も同じ石川由依さんということで期待しかない!!。

 


でもいざ放送が始まって観てみると2Bはエンプレスとはだいぶ違うことが分かりました。

バイオレット・エヴァーガーデンから始まる石川由依さん演じる戦闘少女キャラ(!)特有の感情の薄さはなくて、逆に人間らしい激情を無理に押し殺している感じです。

人間らしい感情を持つているからこそ果てしなく続く戦いの日々は地獄であることが伝わってくるのでありました。

 

第一話は2Bが置かれている状況説明となっていましたが、後のストーリー展開に大きく関係がありそうな伏線も幾つかあったように思います。

2Bと9Sは今回のミッションが初対面のはずなのですが、何だか2Bはそうではない感じですよね?。

大ダメージを負った9Sを何とか助けようと必死になるところを見ると2Bは彼に特別な感情を抱いているのではないでしょうか。

そして印象的だったのが敵を破壊するため2Bと9Sが自爆するシーンです。

その直前の2Bはまるで終わることが救いであるかのように安らいだ微笑みを見せるのですが、しかし9Sがバックアップを残したため彼女の意識(記憶)が途絶えることはなく、戦いという地獄が続いていくというオチがとっても重いのでありました。

 

でも最後のゲーム紹介ミニコーナー?の軽さたるや(笑)。

ということでこの地獄をどう終わらせるのか?がお話しの大きな筋となるのでしょうか。

そのためには敵の目的が何であるのかを知る必要があるはずで、次回の放送でどこまでその秘密が明かされるのか楽しみです。
ところで今作はゲームが原作となる訳なのですが、結末やそこに至るルートがいくつもあるということでストーリーはオリジナルであるという解釈でよいのでしょうかね。

アニメ化する上で原作ストーリーの縛りがないというのはある意味大きなメリットに感じます。

原作との些細な差異にうるさく騒ぐ人が一定数いますからね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 





NieR:Automata Ver1.1a グッズ情報

主題歌 OP/ED



 

 

ニーア オートマタ Ver1.1a 放送局・配信情報

TOKYO MX:1月7日より 毎週土曜24:00~
とちぎテレビ:1月7日より 毎週土曜24:00~
群馬テレビ:1月7日より 毎週土曜24:00~
BS11:1月7日より 毎週土曜24:00~
読売テレビ:1月9日より 毎週月曜25:59~
福岡放送:1月10日より 毎週火曜25:59~
中京テレビ:1月10日より 毎週火曜26:27~
札幌テレビ:1月12日より 毎週木曜26:29~
アニマックス:1月14日より 毎週土曜22:00~

配信

最速先行配信:1月7日より 毎週土曜24:30~ 最速先行配信
DMM TV
dアニメストア
dアニメストア for Prime Video
dアニメストア ニコニコ支店

一般配信:1月10日より 毎週火曜12:00~
FOD
ABEMAプレミアム
U-NEXT
アニメ放題
バンダイチャンネル
Hulu
Prime Video
ニコニコチャンネル
GYAO!
TELASA(見放題プラン)
J:COMオンデマンド メガパック
auスマートパスプレミアム
milplus 見放題パックプライム
WOWOWオンデマンド
ビデオマーケット
music.jp
GYAO!ストア

1月10日より 毎週火曜23:30~
ニコニコ生放送

1月14日より 毎週土曜0:00~
マンガUP!

 


ニーア オートマタ  スタッフ・キャスト声優

STAFF

原作:「NieR:Automata」(スクウェア・エニックス)
監督:益山亮司
シリーズ構成:ヨコオタロウ/益山亮司
キャラクターデザイン・総作画監督:中井 準
アクション監修・プロップデザイン:橘 駿
CGアクション監修・Blender監修:稲田正輝
Blender監修:川越崇弘
2Dワークス:平賀みえ
軍事考証:金子賢一
美術監修:加藤 浩(ととにゃん)
美術監督:坂上裕文(ととにゃん)
美術:ととにゃん
美術設定:高橋武之
色彩設計:茂木孝浩
CGディレクター:野間裕介
サブCGディレクター:大川 威
撮影監督:青嶋俊明
編集:三嶋章紀(三嶋編集室)
音楽:MONACA
音響監督:長崎行男
制作:A-1 Pictures
製作:人類会議

CAST

2B:石川由依
9S:花江夏樹
A2:諏訪彩花
ポッド042:安元洋貴
ポッド153:あきやまかおる
アダム:浪川大輔
イヴ:鈴木達央
パスカル:悠木碧
司令官:加納千秋
オペレーター6O:磯部恵子
オペレーター21O:初美メアリ
リリィ:種﨑敦美
デボル/ポポル:白石涼子