「艦これ」いつかあの海で 第八話 感想(最終回)

「艦これ」いつかあの海で 第8話 「いつかあの海で」 【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8話 あらすじ

遂に敵深海棲艦の最終侵攻が開始され、南西諸島沖の海が赤く染まっていく。
これを邀撃するため、最後の味方機動部隊が敵航空戦力を海域北方へと誘引、その間隙に一分の勝利を賭け、「大和」、そして「矢矧」率いる精鋭二水戦、第一遊撃部隊が敵侵攻大部隊の中枢へと斬り込んでいく。
未来(いま)へと繋ぐ、「時雨」たちの最後の戦い。
見届けてください。

この作品の視聴はコチラから


   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています