Buddy Daddies  第11話 感想


Warning: Undefined property: stdClass::$Offers in /home/firetv/hivicon.com/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 159

Warning: Attempt to read property "Summaries" on null in /home/firetv/hivicon.com/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 159

2023年冬アニメ Buddy Daddies(バディダディ)  第11話 「EVERYONE WILL BE HYPOCRITES」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

ミリを母親のもとに戻し抜け殻のような一騎と零。

裏稼業を継ぐため実家に戻ることを決意した零でしたが、そのために不要なしがらみであるミリの存在を消す事を父の重毅に言い渡されて!?。

物語のラストに向けいきなりの急展開に突入した今回のバディダディ、ミリのために変わることを決意する零がカッコイイ!。

そして一騎と零に協力する久太郎の運命も一蓮托生に?、次週の最終回が楽しみであります。

 

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

Buddy Daddies  第11話 「EVERYONE WILL BE HYPOCRITES」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第11話 あらすじ

いつもより静かな家で片付けをする一騎、ゲームばかりして不規則な生活に戻った零。
ミリが母親の元に帰ってから、数週間が経った。2人きりになって喪失感が拭えない一騎と零だったが、母親の元で暮らすことがミリにとって一番良い選択だったと自分自身に言い聞かせる。
そして零は実家に戻る決意をし、一騎もこの家を出て暮らすと言い、それぞれ別の生活を始めることに。
組織を継ぐため実家に戻った零は父親であるボスに挨拶し、後継者として認められたと思ったが一枚の写真を見せられ、ボスから命じられた言葉に驚愕する!

 

#10 LOST AT SEA

#10 LOST AT SEA

豊永利行, 内山昂輝, 木野日菜, 森川智之
Amazonの情報を掲載しています

Buddy Daddies  第11話 感想


母親の元にミリを返し生きがいを失った抜け殻のような一騎と零。

それがミリの為だと分かっていても、つい考えてしまうのはミリのことばかりで・・。

二人一緒に生活する意味もなくなって、以前父親に命じられたよう零は裏稼業を継ぐために実家へ戻ることを決意します。

しかし稼業を継ぐ決心を伝えると、父の重毅はそのための邪魔なしがらみになるとミリを殺すことを零に言い渡したのでありました。

そのことを急いで一騎に連絡する零でしたが、すでに組織の殺し屋・小木楚はミリと母親の住むアパートへと辿り着いていて!?。

 

 

ミリという心の穴を埋める生き甲斐を失い自堕落にただ毎日を過ごす冒頭の一騎と零のシーンから始まった今回のバディダディ。

初めは笑って観ていたものの、二人がミリと生活していた時の残り香に触れる場面にはお話しののっけから目頭を熱くし鼻をすすることに(涙)。

零が裏稼業を継ぐことを決め二人のバディもこれで解消という流れから一転、そのためにミリの存在を消すという方向にお話しの舵は切られ「なんで!?」と一瞬頭は大混乱に。

いくら何でも・・・と思う間もなく既に小木楚がミリの母親である美咲に銃弾を放つという急展開となるのでありました。

 

 

 

前回の視聴時に美咲がミリを引き取りたいと申し出たのには何か思惑があるのでは?なんて思っていたのですが、病魔に蝕まれ最後の時間を娘と過ごしたいというその気持ちに嘘はなかったようです。

そしてミリのことを一騎に託し生き途絶える美咲なのでありました。

遠因とはいえ父親ばかりか母の命もミリから奪ってしまうことになり只々ショックの零なのでしたが・・・。

 

でもだからこそ親としてミリを守り育てる決意をする零。

一騎にもこれは生き方を変えるチャンスだと熱く訴えかけるのでありました。

さて、でもどうやって組織の追手をかいくぐるつもりなのか?。

というわけで次回の最終回では一騎の妻だった柚子の死にも関わっていた小木楚との対決がメインで描かていくことは間違いないようです。

 

 

ところで一騎と零を助けたことで久太郎も命を狙われることになったのかな?。

つまりは3人で組織を抜けるというラストになるのかもしれませんね。

ここまで久太郎がどんな人物なのか深くは掘り下げられなかったのですが、最終回ではそこら辺にも触れてくることになるのかもしれません。

 

 

 

 

Buddy Daddies 3(完全生産限定版) [DVD]

Buddy Daddies 3(完全生産限定版) [DVD]

豊永利行
4,845円(06/26 07:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

Buddy Daddies twitterまとめ(作品・グッズ情報)






Buddy Daddies グッズ情報

ブルーレイ

Buddy Daddies 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

Buddy Daddies 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

豊永利行
5,580円(06/26 07:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

ED主題歌


 

 放送局・配信情報

TOKYO MX: 毎週金曜24:00~
とちぎテレビ: 毎週金曜24:00~
群馬テレビ: 毎週金曜24:00~
BS11: 毎週金曜24:00~
ABCテレビ: 毎週土曜26:30~
メ~テレ: 毎週土曜26:30~

配信

地上波同時配信:ABEMA 毎週金曜24:00~

一般配信:毎週月曜12:00~
バンダイチャンネル
dアニメストア
dアニメストア for Prime Video
DMMTV
FOD
GYAO!
Hulu
music.jp
ニコニコチャンネル
Prime Video
U-NEXT
アニメ放題
Video Market
WOWOWオンデマンド

 

1月9日(月)24:00~
TELASA
J:COMオンデマンド
auスマートパスプレミアム
milplus見放題パックプライム

1月9日(月)23:30~
ニコニコ生放送

1月10日(火)21:00~
DMMTVスペシャル

 


スタッフ・キャスト

STAFF

原作 : KRM’s HOME
監督 : 浅井義之
ストーリー原案 : 下倉バイオ(ニトロプラス)
シリーズ構成 : 柿原優子、下倉バイオ(ニトロプラス)
キャラクター原案: エナミカツミ
キャラクターデザイン/総作画監督:佐古宗一郎
総作画監督 :さとう沙名栄
衣装設定 :石井かおり
プロップ設定 :鍋田香代子
銃器設定 :秋篠 Denforword 日和
美術設定 :竹内志保、牧野博美
美術監督 :杉浦美穂
色彩設計 :中野尚美
撮影監督 :川瀬輝之
3D監督 :鈴木晴輝
2Dworks :向井吉秀(J.C.STAFF)
特殊効果 :村上正博
編集 :髙橋歩
音楽 :北川勝利(ROUND TABLE)
音響監督 :飯田里樹
音響効果 :小山恭正
音響制作 :ビットグルーヴプロモーション
制作 :P.A.WORKS

CAST

来栖一騎:豊永利行
諏訪零:内山昂輝
海坂ミリ:木野日菜
九棋久太郎:森川智之

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています