好きな子がめがねを忘れた 第11話 感想

 

2023年夏アニメ 好きな子がめがねを忘れた 第11話「好きな子と文化祭の日に」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


放課後に文化祭の準備をしている小村くんに、「キスはもうしたのか?」と興味深々で絡んでくる染谷さん。

その光景を見かけ気になった三重さんは、門限があるのも関わらず作業を続けるのでしたが・・・。

小村くんと三重さんの心が、一瞬重なる眩しい青春の一幕が描かれた今回のエピソード。

「これからも三重さんのことを見ていたいよ」という小村くんの心の中の呟きが甘く切ない。

門限を破った三重さんが心配になり、勇気を出して初めて三重家を訪ねた小村くんの感想は「お母さん、綺麗だった」(笑)。

そして門限のある厳しい三重家に対し、中学生なのに金髪・ピアスOKの超イケイケDQNな小村家なのでありました・・・。

 

 

 

 

 

 第11話 「好きな子と文化祭の日に」  【ストーリー】

第11話あらすじ
準備を進めていた文化祭が無事に開催された。
お互いの展示作品などをみて楽しむ2人。
体育館で各部活動の発表会が行われる中、三重さんが席をはずすのを見た小村くんは自分も後を追うように体育館をあとにするが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作品の視聴はコチラから


第11話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年夏アニメ 好きな子がめがねを忘れた 第10話「好きな子にお願いされた」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹…


放課後の体育館で、クラスメートたちと文化祭の準備を進める小村くんと三重さん。

夜の六時が門限になっている三重さんでしたが、染谷さんと仲良さげにしている(ように見えた)小村くんの姿に、残って作業すると言い出します。

門限を破ればお母さんに叱られ、翌朝は大好きだと言っていたココアも出してもらえなくなるというのに・・・。

三重さんのいきなりの行動に、ちょっと首を傾げる小村くん。

しばらくして、置き忘れられた三重さんのスマホの画面から、親に黙って文化祭の作業を続けている事を知るのでした。

その姿が見当たらないことで、小村くんが家に帰ったと思い込んだ三重さんは急いで自宅へ帰ろうとするのでしたが・・・。

眼鏡を忘れているので、自分の靴箱が分からず、三重さんは上履きのまま家路を急ぎます。

その様子を陰から見ていて、探せなかった三重さんの靴を持ち急ぎ追いかける小村くんでしたが・・・。

小村くんの視界に入ってきたのは、門限を破ったことでこれから起こるのであろう諸々の出来事を思い浮かべ、一人しくしくと泣く三重さんの後ろ姿。

声をかける事が出来ず、「靴は明日返そう」とトボトボと歩き出す小村くんでしたが、親に叱られ大好きなココアを飲めない元気のない翌朝の三重さんの姿を想像して・・・。

 

 

《好きな子がめがねを忘れた》 原作コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在


今話の注目ポイント①

小村くんに何かと近づいてくる染谷さんが気になって、つい門限を破ってしまった三重さんをフォローしようと、小心な小村くんが勇気を振り絞って三重邸のドアを叩く様が描かれていた今話の好きめが。

靴を届けてくれた上に嘘の弁解をし、三重さんに助け船を出したのでありました。

例のごとく、ストーリーの中では三重さんの心の声は通常聞こえてこないので想像にはなりますが、お馬鹿メガネの三重さんは小村くんの行動に「?」と疑問符を浮かべることに。

翌朝登校してきた後もジッと小村くんの顔を見つめて、その理由を考え続けるのでした(笑)。

そして三重さんの元気そうな姿を確認して、ホッと一安心する小村くん。

 

 

さて、想い人の三重さんの御宅に緊張の初突撃をした小村くんの感想は・・・。

「(三重さんの)お母さん、綺麗だった」(笑)。

結構余裕はあったようですね。


今話の注目ポイント②

 

文化祭のステージが開催されているため誰もいない校庭で、二人並んで座ることになった小村くんと三重さん。

メガネを忘れていないにも関わらず、いつもの如く顔をよく見ようと小村くんの顔に近づいてくる三重さんに、恥かしさのため制止の言葉をかける小村くん。

「わたし、最近ちょっと我儘かな・・」と反省し、これからは出来るだけ我慢すると三重さんは切り出したのでした。

三重さんの言葉に、「三重さんが見たいなら!・・」と小村くんは途中まで言いかけるも、続く自分の本当の気持ちを詰まらせることに。

 

そんな言葉になっていない小村くんの言葉に、「いいよ」と答える三重さん。

自分に触れ、近くで見ることを小村くんに許すのでありました。

不確かな会話しか交わしていないのに、初めて二人の気持ちが交差した瞬間のこのシーンは、とても印象に残るものとなっていました。

小村くんが言葉に出せなかった「これからも三重さんのことを見ていたいよ」と心の中で呟くセリフもあって、「これって実質の告白とOKの答えなのでは!?」と色めきたつ私。

しかし、「小村くんって、お父さんみたい!」という三重さんの好意の理由で、最後はチャンチャン♪というオチになってしまいました(笑)。

三重さんは小村くんを異性として見ていない?。

まあ、染谷さんに嫉妬したりしているので、そんな事はないと思うのですが・・・。

独特な感性を持つ三重さんならではの好意の表現だったのかも?。

という事で、先品の放送も終盤に入ったというのに、二人が恋人同士になる未来はまだまだ遠そうではありますね。

この様子だと「俺たちの戦いはまだまだ続く!」という終わり方になるのかな?。

次週の展開に期待したいところです。

今話の注目ポイント(オマケ)

アバンタイトルで小村くんの母親が中学生の息子にピアスの穴を開けることを勧めるシーンがありましたが、それを見て「DQN(死語)一家だ!!」と思わず声を漏らしてしまいました!。

驚きはしましたけど、今どきだと普通のこと?。

それにしても門限が六時の三重家とはあまりにも違いすぎる。

この時に小村くんが親に言われ金髪にしていた事も判明、そんな小村家に闇の部分を感じるのは私だけでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 


好きな子がめがねを忘れた グッズ情報

ブルーレイ

 

OP/ED主題歌




原作コミック


 

 

放送・配信情報

放送局

TOKYO MX: 毎週火曜 23:00~
MBS: 毎週火曜 26:30~
AT-X:  毎週水曜21:00~ リピート放送:毎週金曜9:00/毎週火曜15:00
BS朝日: 毎週金曜 23:00~

配信サービス

一般配信:7/4(火)23:30より順次配信

U-NEXT
アニメ放題
ABEMA
dアニメストア
dアニメストア for Prime Video
Amazon Prime Video
Netflix
J:COMオンデマンド
TELASA
milplus
auスマートパスプレミアム
FOD
FODチャンネル for Prime Video
DMM TV
バンダイチャンネル
アニメフェスタ
Lemino
hulu
MBS動画イズム
Tver
マンガUP!
ふらっと動画

スタッフ・キャスト声優情報

制作スタッフ

原作:藤近小梅(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
総監督:工藤進
監督:横峯克昌 脚本:八薙玉造
コンセプトアート:鈴木信吾 キャラクターデザイン:内田孝行
総作画監督:谷圭司 古田誠 内田孝行 メインアニメーター:大久保宏
音響制作:グロービジョン 音響監督:村松久進
音楽制作:フライングドッグ 音楽:ジミーサム P
アニメーション制作:GoHands
製作:製作委員会がめがねを忘れた

オープニング主題歌:綴「NAME」
(作・編曲:堀江晶太 作詞:DECO*27)
エンディング主題歌:スペシャルユニット・マサヨシがめがねを忘れた(小村くんと三重さんとオーイシマサヨシ)「メガネゴーラウンド」

出演声優

小村楓(こむら かえで):伊藤昌弘
三重あい(みえ あい):若山詩音
川戸あすか(かわと あすか):内田彩
遠山まほ(とおやま まほ):鈴木みのり
東蓮(あずま れん):木村良平
八坂智(やさか とも):小林裕介
染谷成海(そめや なるみ):下地紫野
火渕結衣花(ひぶち ゆいか):宮下早紀
時田くん(ときた):利根健太朗

公式ホームページ:https://anime.shochiku.co.jp/sukimega/

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています