無職転生 II ~異世界行ったら本気だす~ 第7話 感想

 

2023年夏アニメ 無職転生 II ~異世界行ったら本気だす~【第2期】第7話「獣族令嬢拉致監禁事件」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


妹弟子のジュリに「ルイジェルド人形」を自慢しているザノバを見て自分が作ったロキシーの人形のことを思い出すルーデウス。

しかし悔し涙を流すザノバに見せられたのは粉々になったロキシーの姿!。

獣人族の女生徒・リニアとプルセナに壊されたと知ったルーデウスは、罰を与えねばと放課後に二人を待ち受けて・・・。

心の中でもはや神格化されたロキシー(人形)を壊され、襲撃の後に監禁そして制裁というヤンキー漫画も真っ青な予想の斜め上の展開に爆笑するばかりだった今話のエピソード。

第2期スタート時の陰鬱な雰囲気が嘘のように明るいお話となっていて、フィッツがケモ耳娘への罰についてアドバイスを与えたりと絶妙な狂い具合が実に楽しい。

元奴隷で弟子となったジュリ(ジュリエット)が予想外にザノバへ懐いていて思わずほっこり!とさせられてしまうのでありました。

 

 

 

 

 

 第7話 「獣族令嬢拉致監禁事件」  【ストーリー】

第7話あらすじ
ザノバとジュリと共に人形を作っていたある日、ルーデウスはかつて自分が作り、流れ着いてザノバが手に入れたロキシー人形のことを思い出す。
ザノバに確認をするが、人形はバラバラになっていた。
獣人族のリニアとプルセナとの決闘に負け、破壊されたという。
怒りに震えるルーデウスは…!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作品の視聴はコチラから


第7話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年夏アニメ 無職転生 II ~異世界行ったら本気だす~【第2期】第6話「死にたくない」 感想・考察【関連グッズ・…


奴隷としてではなくルーデウスの弟子として大学内で生活を送るジュリ(ジュリエット)は、日々魔法を教え込まれ順調に習得していき兄弟子となるザノバにも思いのほか懐くことに。

ある日、自分のコレクションである「ルイジェルド人形」をジュリに自慢しているザノバを見てふと師匠である「ロキシー人形」のことを思い出すルーデウス。

久しぶりに見てみたい言うルーデウスに「リニアとプルセナに壊された」と悔し涙を流しながら答えるザノバ。

幼い頃の成長を後押しし、その後の人生の困難にも支えとなりもはや自身の中で神格化されているロキシーが粉々になっているのを見てブチ切れたルーデウスは、リニアとプルセナに罰を与えねば!と放課後に二人を倒した後に自分の部屋に監禁するのでしたが・・・。

 

《無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 》 原作コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在


今話の注目ポイント

学園バトル系作品でたまに見る「決闘の勝敗」でクラス(または学園)でのヒエラルキーをはっきりさせる展開が描かれていた今回のお話でしたが、普通だと拳を打ち合った後に自然と友情が芽生え仲間になると言うプロセスではなく、拉致監禁してきっちり序列を分からせるというヤンキー漫画顔負けの展開の突飛さに驚き、そして笑いが止まらないのでありました!。

 

 

戦いに敗れルーデウスのことを勝手に「ボス」と呼ぶリニアとプルセナでしたが、群れて生きるケダモノの本能なのでしょうかね(笑)。

これだけでも十分ではあるのですが、ダメ押しでフィッツに反抗すると一生消えなくなる落書きを顔に書き込まれ完全沈黙のリニアとプルセナなのでありました。

いやー、今回も「面白い!」の一言で終わるお話となっていてケモ耳娘たちのキャラクターも深く掘り下げられ一気に親しみを感じることに。

そしてルーデウスの弟子となったジュリの学園生活への馴染み具合が予想していたものと違い、ほのぼのとしていて癒されるのでありました。

 

 

 

ルーデウスよりもザノバに懐いているのが何気に可愛いですね。

ザノバは実弟を殺してしまったりと「狂王子」の顔を持っているわけですが、ジュリは人形制作の妹弟子としてだけではなく、人より忌み嫌われているそんな彼に変化と成長をもたらす存在となるのかもしれませんね。

繰り返しになりますがお話の面白さはもちろん、第2期スタート時の暗く陰鬱な雰囲気は何だったのか?と思わせるほど楽しい展開となっていて次週の放送も実に楽しみ!。

今話の流れから考えるとルーデウスは「ロキシー教(狂?)」を大学内で布教していく、みたいな展開もあるのかな?。

もちろん「実力」を見せつけてのマインドコントロールで入信させるという、マジなカルト教っぽい感じで(笑)。

 

ルーデウスがフィッツに「監禁した女生徒にどんな罰を与えればいいのか?」を相談していましたが、この絶妙に狂っている展開に笑わされてしまうのですよね。

シルフィ(フィッツ)は悪人ではないルーデウスの素性を知っているから口外もせず相談に乗っているのですが・・・、まあシルフィもルーデウスもどうかしています(笑)。

そして今話ではフィッツはサングラスを外し、おそらくは自分が幼馴染のシルフィであることを明かそうとしますが、どうすればいいのか自分の気持ちの判断がまだつかず途中で止めることに。

ルーデウスもフィッツの素顔を見れば何かが変わることになるのかも?と漠然な予感を抱いていたりして、フィッツがより強く意識する相手となっていくのは間違いなさそうであります。

 

 

 

 




 

無職転生 グッズ情報

原作コミカライズ


原作小説


 

 

放送・配信情報

放送局

TOKYO MX 毎週日曜24:00
サンテレビ 毎週日曜25:00
KBS京都 毎週日曜24:45
BS11 毎週日曜24:00
AT-X 7月3日より毎週月曜22:00(※毎週水曜10:00、毎週金曜16:00リピート放送あり)

配信サービス

地上波同時・最速配信:ABEMA・dアニメストア 7月2日24:00~

一般配信:7月5日(水)より順次配信

ニコニコ
Amazon Prime Video
Netflix
U-NEXT
アニメ放題
ディズニープラス
DMM TV
Lemino
バンダイチャンネル
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
TELASA
auスマートパスプレミアム
FOD
milplus
Google Play
HAPPY!動画
ムービーフルPlus
ビデオマーケット
カンテレドーガ
music.jp

 

スタッフ・キャスト声優情報

制作スタッフ

原作:理不尽な孫の手(MFブックス/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:シロタカ
原作企画:フロンティアワークス
監督:平野宏樹
シリーズ構成:大野敏哉
キャラクターデザイン:嶋田真恵・齊藤佳子
美術監督:三宅昌和
色彩設計:土居真紀子
撮影監督:頓所信二
編集:三嶋章紀
音響監督:明田川 仁
音響効果:上野 励
音楽:藤澤慶昌
オープニングテーマ:「spiral」LONGMAN
エンディングテーマ:「ムスビメ」大原ゆい子
プロデュース:EGG FIRM
制作:スタジオバインド

出演声優
ルーデウス:内山夕実
前世の男:杉田智和
サラ:白石晴香
スザンヌ:小林ゆう ティモシー:羽多野渉
ミミル:沢城千春
パトリス:山本格
ゾルダート:鳥海浩輔
アリエル:上田麗奈
ルーク:興津和幸
フィッツ:茅野愛衣

公式ホームページ:https://mushokutensei.jp/

 

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています