彼女、お借りします 第31話 感想(第三期)

 

2023年夏アニメ 彼女、お借りします 第31話「和也と彼女-ナマカノ-」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


映画撮影で千鶴と一泊した件を瑠夏に許してもらうため誕生日に何でも言うことを聞くと約束する和也。

その当日、誕生日デートに連れ出された和也は水着姿の瑠夏に日焼け止めを塗るよう命じられて!?。

瑠夏がメインヒロインで描かれた今回のエピソードでは和也に迫る瑠夏にドキドキさせられることに。

半ば強引に関係性を深くしようとする反面、瑠夏は目的地へと急ぐよりはその道程を愉しむ性格であることも描かれ、彼女のピュアな魅力が伝わってくるお話しとなっていました。

 

 

 

 

 

 

 第31話 「和也と彼女-ナマカノ-」  【ストーリー】

第31話あらすじ
瑠夏の誕生日当日、その日は願い事をなんでも聞くと事前に約束していた和也は、2人でプールへ行くことに。
ビキニの水着に着替えた瑠夏は、日焼け止めを塗ってほしいと和也にねだる。
「ドキドキさせてみせるっ!和也君にも目一杯」
誕生日をキッカケに一気に距離を縮めたい瑠夏は、いつも以上に積極的で……!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作品の視聴はコチラから

第31話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年夏アニメ 彼女、お借りします 第30話「ラストシーンと彼女-ラスカノ-」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹…


和也との初めての誕生日デートを利用し一気に二人の関係を深めようと大胆に攻めて来る瑠夏。

和也にとって目の毒以外の何物でもないビキニの水着を着て、日焼け止めを塗ることを要求します。

背中だけでなく足にまでクリームを伸ばしドキドキの和也と瑠夏。

千鶴のことを頭に思い浮かべ詫びながらも股間はしっかりと固くさせている和也なのでありました。

ホテルでのディナーを終え、夜の浜辺で二人並んで座った和也は瑠夏について考えます。

千鶴と二人きりでの映画の撮影旅行の件で気持ちが追い込まれているはずなんだと、瑠夏に謝り始める和也でしたが・・・。

和也との会話の中でなぜか瑠夏は「和也くんは山の手線と中央線、どっちが好きですか?」と突然尋ねてきて?。

 

《彼女、お借りします》 原作コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在

彼女、お借りします(33) (週刊少年マガジンコミックス)

今話の注目ポイント

今話は瑠夏のメイン回でその中では可愛い水着姿が披露されただけでなく、多少紳士なアニメの「海回」では定番の日焼け止め塗布イベント(!)も描かれ、まるでサービス回のような様相を呈していたのでありました。

たしか水着の姿の瑠夏が描かれたのはシリーズでは初めてのことだったかと思います。

 

サービス回の様相を呈していたと書きはしましたが、ヒロインを瑠夏ひとりに絞ってお話しは進行するので彼女の魅力が更に広がるものとなっていたのは間違いなく、どちらの路線が好き?という和也への謎かけも自分の王子様と呼ぶ和也との関係性を瑠夏がどう捉えているかが伝わるものとなっていました。

電車に乗っていたくてわざと目的地への時間がかかる山手線に乗った事があると話し出す瑠夏。

その時に西日暮里の土手で満開の桜を見た瑠夏は、一見無駄な回り道もそこには素敵な出会いや経験が待っていたりするという自論を持つことになるのでした。

だから謝らないでほしいと嬉しそうに和也に言う瑠夏なのでありました。

 

そんな瑠夏のピュアな心の瑠夏にあろうことか下半身が一人歩きしそうになる和也でしたが、押しが強い一方で目的地までの風景を楽しみたいタイプの瑠夏に名前の「呼び捨て」をプレゼントに要求され冷静に我に返る和也なのでありました。

 

 

 

 

 

さて瑠夏がメインヒロインとして描かれた回ではありましたが、終盤では桜沢墨が登場し和也のクラウドファンディングを頑張る和也の姿を千鶴に伝えたり、また和也のことを嬉しそうに話す千鶴に祖母の小百合がそれとなく「それこそが愛」と語りかけ場面があったりと、物語の本筋は着々と進んでいき和也と千鶴の関係性はいよいよ次のステップに・・・といった感じでしょうかね。

病身で余命少ない小百合婆ちゃんのためにも演技ではない「本カノ」になる選択を千鶴はするのかも?。

ということで次回の展開が楽しみ!。

 

 

それにしても以前から時々描かれている瑠夏の心拍数のアプリ(?)が超気になります。

心臓の病気のため人より心拍数の少ない瑠夏はドキドキを体験したいとレンタル彼女のスタッフとなりそして和也に惚れてしまったわけですが、これって何か良くない展開の伏線に思えて仕方ないのですよね。

瑠夏には実は寄り道をする余裕はないのかも・・・と勝手に愚推してしまう私なのでありました。

 

 

 

 

 



 

彼女、お借りします グッズ情報

ブルーレイ


OP/ED主題歌



原作コミック


放送・配信情報

放送局

MBS・TBS系全国28局ネット“スーパーアニメイズム”枠(金)深夜1:23〜 放送

AT-X:毎週(火)22:00〜 毎週(木)10:00 ※リピート放送 毎週(月)16:00 ※リピート放送

配信サービス

先行配信:DMM TV 7月7日(金)深夜1時53分~

一般配信:7月10日(月)深夜1時53分より順次配信
dアニメストア
ABEMA
Lemino
Amazonプライムビデオ
U-NEXT
アニメ放題
niconico(ニコニコチャンネル/ニコニコ生放送)
Hulu
FOD
MBS動画イズム
TVer
Amazonビデオ
クランクイン!ビデオ
ディズニープラス
バンダイチャンネル
HAPPY!動画
TELASA
J:COMオンデマンド メガパック
milplus
auスマートパスプレミアム
アニメタイムズ
ビデオマーケット
music.jp
カンテレドーガ

 

スタッフ・キャスト声優情報

制作スタッフ

原作:宮島礼吏(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:宇根信也
シリーズ構成:広田光毅
キャラクターデザイン:平山寛菜
音楽:ヒャダイン
音響監督:髙桑 一
美術監督:秋葉みのる
色彩設計:石黒文子
撮影監督:坂井慎太郎
編集:中葉由美子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
アニメーション制作協力:スタジオコメット

出演声優

木ノ下和也:堀江 瞬
水原千鶴:雨宮 天
七海麻美:悠木 碧
更科瑠夏:東山奈央
桜沢 墨:高橋李依
八重森みに:芹澤 優
木ノ下 和:野沢由香里
一ノ瀬小百合:定岡小百合
木部芳秋:赤坂柾之
栗林 駿:梶原岳人

 

公式ホームページ:https://kanokari-official.com/

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています