【推しの子】 第4話 感想

2023年春アニメ 【推しの子】  第4話 「役者」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

配信ドラマ「今日は甘口で」に落ち目となった自身の再起をかける有馬かなでしたが、相手役の鳴嶋メルトは棒演技で現場スタッフも打算的で創作に対する熱が無い。

自身も愛読する原作との落差に「ここのシーンはもっとこう・・・!」と心の中で叫ぶかな。

しかしアクアの演技が始まった途端、現場の空気は一転して緊迫感溢れるものに変わって・・!?。

アクアの仕掛けた「演出」に関わる者全てが飲み込まれ、これまでの酷評が称賛に塗り替えられていくまでがドラマティックに描かれた第4話。

そのアクアの活躍にかなは役者としての尊敬や信頼以上の感情を抱くことになるのでしたが・・・ところでルビーのアイドル活動は?。

今話はその前段でもあったことが分かって、お話しの構成の巧さに驚き感心するばかりなのでありました。 

 

 

 

 

 

 


 

【推しの子】 第4話 感想 アクア

 


 

 

 

 

 

 

【推しの子】  第4話 「役者」 【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【推しの子】 第4話 感想 寿みなみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【推しの子】 第4話 感想 不知火フリル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話あらすじ
作品を少しでも良くしようと懸命に演じるかな。
だが主演の酷い芝居や、それを是とする監督達に失望が募る。
そんな中、アクアの演技が現場を一変させる…!

 

 

【推しの子】 第4話 感想

 


かつては天才子役ともてはやされたものの、今は落ち目となっていた自分に久々にめぐってきた大きな役に持てる演技力の全てを注ぐかな。

しかも原作は自分も愛読していた思い入れの深いコミックで様々な制約の中、なんとか作品を最低限見れる形にしたいかなでしたが・・・相手役のめるとのあまりにも棒な演技にフォローが出来ない。

心の中で「ここのシーンはもっとこう・・・」と叫んだとき、ストーカー役のアクアが登場したことで打算的でぬるかった現場の雰囲気はガラッと変わります。

現場の状態を利用し撮影シーンを真にリアリティに迫ったものへと仕向けていくアクア。

アクアが作り出した空気にかなはもちろん、その現場にいた誰もが飲み込まれることに。

それは作品のクオリティを上げるきっかけとなり、それまで酷評されていた「今日あま」はネット上で称賛をあびる知る人ぞ知るという最終回になったのでありました

後日、ドラマ配信後の打ち上げでプロデューサーの鏑木に声をかけられるアクア。

撮影時に回収した体組織のDNA鑑定では親子の関係にないことが判明するも、どうやらアイのプライベートを深く知っている鏑木。

根掘り葉掘り聞き出すアクアに、教える代わりに「恋愛リアリティショー」への出演を交換条件にする鏑木でしたが・・・。

 

役者としての再起と愛する作品への情熱を形にしたいかなと、その想いを最高の演技へと昇華させるアクアの「演出」がドラマティックに描かれていた今話の【推しの子】。

そのアクアの演出は「今日は甘口で」に関わる全てに人の心にリンクしおり、特にこの撮影シーンのセリフが役者としてのかなに照らし合わされていて鳥肌ものの感動なのであります。

 

 

 

アクアの仕掛けのおかげで、かなは自身が得意とする最高の「泣き」の演技が引き出されることに。

その演技に一瞬心奪われるアクアがまた善いのですよね。

そしてドラマの出来上がりに落胆していた原作者の吉祥寺頼子が、最終回での原作再現度の高さに自分がこれまで作品の執筆に注いだ情熱が無駄ではなかったことに涙するという三重のオチ。

観ている視聴者もアクアの仕掛けにまんまとハマり飲み込まれてしまったのではないでしょうか。

 

 

 

そしてアクアとルビーが進学したことで物語は高校を新たな舞台にすることになるのですが、巨乳のグラビアモデルの「寿みなみ」や人気タレントの「不知火フリル」と顔見知りになる中で自分だけ何者でもない一般人である事に激しく落ち込みます。

はやくアイドルとしてデビューさせろと社長のミヤコをせかすルビーでしたが、グループを結成するにあたってのメンバーがいない・・。

その話を聞いていたアクアはメンバーに最適な人材がいるかなのことを推すことに。

つまり前回及び今話のお話しは「有馬かな」をアイドルグループに加入させる前段だったのでありました。

しかし役者としてならともかく、かなのどこにアイドルとしての素質を見出したのか?。

アクアはかなの魅力をサラッと語っていましたが要は事務所に所属していないフリーなので手っ取り早く加入させられるのが大きな理由のような(笑)。

ということで次回の放送が楽しみ!。

たぶん惚れた弱みでアクアが頼めばかなは受けてくれそうではあるのですが、アイドルに一家言あるルビーがそれを承諾するのか?が気になるところです。

 

 

さて、撮影現場での出来事がきっかけで、かなはアクアに恋心を抱くわけですがここからは芸能業界モノや推理サスペンスに加えて「ラブコメ」も物語が描く大きな要素になってくるのでしょうかね?。

その相手は不知火フリル?それとも寿みなみ?。

まあアクアはイケメンかつ事態を瞬時に逆転させる策士でもあるので全ヒロインから好意を向けられるのは間違いないのでしょうけど(笑)。

 

 

 

 

 

 





【推しの子】 twitterまとめ(作品・グッズ情報)










 

 

【推しの子】 グッズ情報

ブルーレイ

【推しの子】1 [Blu-ray]

【推しの子】1 [Blu-ray]

5,500円(06/13 05:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

原作コミック

【推しの子】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

【推しの子】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

赤坂アカ×横槍メンゴ
659円(06/13 06:50時点)
発売日: 2020/07/17
Amazonの情報を掲載しています

放送局・配信情報

TOKYO MX  毎週水曜 23:00~
チバテレ  毎週水曜 24:45~
群馬テレビ  毎週水曜 25:00~
サンテレビ  毎週水曜 25:00~
KBS京都  毎週水曜 25:00~
BS11  毎週水曜 25:00~
静岡放送  毎週水曜 25:25~
テレビ愛知  毎週水曜 25:30~
tvk  毎週水曜 25:30~
テレ玉  毎週水曜 25:30~
とちぎテレビ  毎週水曜 25:30~
北陸放送  毎週水曜 25:30~
東日本放送  毎週水曜 25:31~
広島ホームテレビ  毎週水曜 25:40~
テレビ北海道  毎週水曜 26:05~
TVQ九州放送  毎週水曜 26:05~
新潟放送  毎週水曜 26:30~
AT-X  毎週金曜 21:00~(リピート放送:毎週火曜 09:00~/毎週木曜 15:00~)

 

配信

地上波同時最速配信 4月12日(水)より毎週水曜23:00~
ABEMA

一般配信 4月13日(木)23:00より順次配信
dアニメストア
niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
Lemino
FOD
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA(見放題プラン)
J:COMオンデマンド
メガパック
milplus
見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
WOWOWオンデマンド
DMM TV
ディズニープラス
NETFLIX
Amazon

 

スタッフ・キャスト声優

STAFF

原作:赤坂アカ×横槍メンゴ(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
監督:平牧大輔
助監督:猫富ちゃお
シリーズ構成:田中 仁
キャラクターデザイン:平山寛菜
アニメーション制作:動画工房

オープニング主題歌:YOASOBI「アイドル」
エンディング主題歌:女王蜂「メフィスト」

CAST

アイ:高橋李依
アクア:大塚剛央
ルビー:伊駒ゆりえ
有馬かな:潘めぐみ
黒川あかね:石見舞菜香
MEMちょ:大久保瑠美
ゴロー:伊東健人
さりな:高柳知葉
アクア(幼少期):内山夕実


 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています