機動戦士ガンダム 水星の魔女  第23話 感想 (Season2)

2023年春アニメ 機動戦士ガンダム 水星の魔女 第23話(Season2)「譲れない優しさ」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介


「スレッタとエリクト」そして「グエルとラウダ」はそれぞれの想いをぶつけ合う激しい戦闘を展開!。

一方クワイエットゼロの潜入に成功したミオリネたちでしたが、システムの停止コードはプロスペラによって書き換えられており万事休すの状況に。

事態が三方で進む中、惑星議会連合と結託しL1惑星間レーザー送電システム(ILTS)を使ってクワイエットゼロもろともベネリットグループを破壊しようとペイル社は目論んでいて・・・。

二組の姉妹兄弟の戦いとその結末が描かれていたラスト前1話の水星の魔女、この段に於いても熱い『グエル推し』がファンにとって嬉しい限り(笑)

そして次週最終回の予告タイトルはネタバレ防止のため何と「最終回」!?、一体なにが起こるのか期待のハードルは上がりまくりです!!。

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています