魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第5話 感想

2023年春アニメ 魔法少女マジカルデストロイヤーズ  第5話 「第二次中野事変」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

魔法少女を強化するクスリを調合する老師がいるとの都市伝説を聞き渋谷へと繰り出したオタクヒーローたち。

外人オタクのマーカスの協力で得て合うことができた老調合師のクスリとの交換条件は中野に保管されている幻の美少女ガレージキットの回収!。

オタクヒーローたちは始まりの地である中野で難ミッションへ挑むのでしたが・・・!?。

これまでのようにオタクの絆の強さが描かれるのかと思いきや最後は意外な結末となったマジデスの第5話、一つになり切れないのもオタクの悲しき習性なのかもしれません・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第5話 感想 アナーキー・ブルー・オタクヒーロー・ピンク

 


 

 

 

 

 

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第5話 「第二次中野事変」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第5話あらすじ
魔法少女の能力を強化するクスリを求めてアキバを抜け出したオタクヒーローたちは、
いまもオタク狩りが続く敵地・渋谷へとたどり着く。
怪しい外国人・マーカスの手引きで出会った老調合師は、クスリと引き換えにある条件を出す。
幻の美少女フィギュアを求め、オタクヒーローと魔法少女たちはSSCの拠点へと向かう。
そこは革命の始まりの場所〝中野サンプラザ〟だった!

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第5話 感想

 


オタクヒーローは友人のスーパーハッカー・ニックとの会話の中で渋谷に魔法少女を強化するクスリがあるという都市伝説の噂を耳にすることに。

その薬を調合する老師を探すためやって来た渋谷の街は以前とは違い同じような恰好をした人々しかいない画一的な雰囲気に。

そしてSSCによる徹底したオタク狩りが行われていたのでありました。

そんな中、外人のオタク・マーカスと出会ったオタクヒーローたちは彼の手引きでクスリを調合する老師の元へとたどり着きます。

クスリの調合を頼むオタクヒーローに老調合師が交換条件に出したのはSSCに回収された幻の「ガレキ(ガレージキット)」の回収。

しかしガレキが保管されているのは厳重に警備された中野のSSCの施設、オタクヒーローたちは革命の火を上げた始まりの地で再び険しい山の頂を目指すのでしたが・・・!?。

 

 

秋葉原に次ぐオタクの聖地である中野で歴史的文化財と言ってもいい美少女ガレージキットという「お宝」の回収にアタックするオタクヒーローたちの姿が描かれたのが今回のマジデス。

見事に回収に成功し魔法少女の強化薬を手に入れたオタクヒーローと魔法少女たちでしたが、最後にそれはSSCのリーダー・SHOBONの罠だったことが明かされます。

 

 

 

 

 

 

 

 

マーカスは人質に取られた娘を取り戻すためオタクを捨てSSCに協力し、そして老調合師に至っては自身で語っていたようにオタクではなく「マニア」だったという非常にその意味を考えさせられるオチとなっていたのでありました。

マーカスはともかく、深い知識を持っていてオタクの始祖(第一世代)である老調合師は次の世代のオタク文化には全く興味がない。

若い時に熱中したジャンルにいつまでも執着し新しいものには興味を抱くことがない・・・これもオタクという種族のひとつの特徴といっていいかもしれません。

ところで途中に「中野サンプラザ」登頂にアタックするオタクヒーローたちの登山シーンがありましたが、これはなんの作品からの引用だったのでしょうか?。

オタクヒーローと魔法少女たちの登頂の中で描かれたシーンの元ネタが分からなかったので個人的には楽しみ切ることができなかったのがちょっと残念。

しかし続く戦闘シーンは庵野秀明の「トップをねらえ!」やジョージ・A・ロメロの「ゾンビ」など有名クリエイターのキャリアの『はじまり』を連想させる作品の引用となっておりました。

 

 



さて、偽薬を渡されたオタクヒーローでしたがこれからの展開は?。

いざというピンチの時に服用するといっていましたがその時彼女たちはどうなってしまうのか?。

次回の放送が楽しみであります。

 

今回観ていてふと思ったのですが、お話しの流れからすると都市伝説の話しを切り出したニックも実はSSCに通じているのでしょうかね?。

となるとオタクヒーローたち革命軍の動きはSHOBONに筒抜けとなっている?、深読みしすぎかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ twitterまとめ(作品・グッズ情報)







 

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ グッズ情報

ブルーレイ


OP/ED主題歌



放送局・配信情報

MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠他にて2023年4月7日(金)放送開始
MBS/TBS:毎週金曜25:55~ 
BS-TBS:毎週金曜26:30~ 
AT-X:毎週土曜21:00~ 【リピート放送】毎週月曜28:30~ 毎週土曜6:00~

 

配信

先行配信 2023年4月7日毎週金曜26:25より順次配信

ABEMA
DMM TV
ニコニコ生放送

一般配信 4月12日(水)24:00より順次配信
dアニメストア
dアニメストア
ニコニコ支店
dアニメストア
for Prime Video
2023年4月12日(水)24:00より順次配信スタート
Amazon Prime Video
Lemino
FOD
FOD for Prime Video
Hulu
U-NEXT
アニメ放題
バンダイチャンネル
MBS動画イズム
TELASA
J:COMオンデマンド
メガパック
milplus
スマートパスプレミアム
ふらっと動画


スタッフ・キャスト声優

STAFF

原作:MAD ミルクポット markets
原案:JUN INAGAWA
監督:博史池畠
副監督:川瀬まさお
脚本・シリーズ構成:谷村大四郎
キャラクターデザイン:沢友貴
コンセプトアーティスト:紺野大樹
プロップ設定:杉村絢子
美術監督:坂上裕文(ととにゃん)
美術設定:加藤 浩(ととにゃん)浅見由一(ととにゃん)
色彩設計:歌川律子
撮影監督:松向 寿(STAR Laboratories)
編集:武宮むつみ
音響監督:本山 哲
音響効果:白石唯果
録音:伊東光晴
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:羽柴 吟
アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ

CAST

オタクヒーロー:古川 慎
アナーキー:ファイルーズあい
ブルー:愛美
ピンク:黒沢ともよ
狂太郎:楠木ともり
SHOBON:斉藤壮馬
スレイヤー:芹澤 優
ニック:興津和幸
オールドリーダー:杉田智和
ミリオタ:間島淳司
ゲーオタ:子安武人
鉄オタ:奥村 翔
自衛隊オタ:兼政郁人
アニオタ:稲田 徹
ドルオタ:石谷春貴
プロレスオタ:高橋伸也

 

 

 

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています