魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第4話 感想


Warning: Undefined property: stdClass::$Offers in /home/firetv/hivicon.com/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 159

Warning: Attempt to read property "Summaries" on null in /home/firetv/hivicon.com/public_html/wp-content/plugins/wp-associate-post-r2/classes/class-amazon.php on line 159

2023年春アニメ 魔法少女マジカルデストロイヤーズ  第4話 「魔法少女だらけの水泳大会」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

大金をはたいて手に入れた古いアニメのロボット玩具を神田川に落してしまったオタクヒーロー。

そこに古い世代のオタク集団「万世橋オタクコミューン」が現れ聖地であるこの場所から直ぐに立ち去るよう迫ります。

同じオタクなのに全く分かりあうことのない両者を鎮めるため肌と肌のぶつかり合い「魔法少女だらけの水泳大会」が開かれることになるのでしたが・・・。

新旧のオタクのぶつかり合いが描かれた今話のマジデスでは、生きてきた時代の違いによるオタクとしての生き様や趣味への向き合い方の世代間の違いがクッキリと浮かび上がることに!。

でも突き詰めれば同じものを愛する同好の士、きっといつか分かり合える日がくるというラストに「同族嫌悪のヘイトが無くなりますように」と思わず願った第4話でありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第4話 感想 ブルー・アナーキー・ピンク

 


 

 

 

 

 

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第4話 「魔法少女だらけの水泳大会」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話あらすじ
姿を現したSSC四天王の一人・スレイヤー。
アナーキーは彼女に複雑な感情を抱く。
一方、愛してやまない強合金ロボの修理に奔走するオタクヒーローは、それを神田川に落としてしまう。
そこへ『万世橋オタクコミューン』を名乗る中年男らが出現。
革命軍をなぜか忌み嫌うオールドオタクたち。
神田の川面で〝オタクとは何か〟を賭けた世代間闘争の幕がいま上がる!

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 第4話 感想

 


壊れたロボット玩具をピンクに直してもらったオタクヒーローでしたが彼女のドーピング修理でおもちゃは暴走し部屋を飛び出し神田川に落下。

大金をはたいて入手したおもちゃが川ポチャしてしまい途方に暮れるオタクヒーローの前に万世橋オタクコミューンを名乗る「オジおた」たちが現れ、この場からすぐ立去れと迫ります。

神田川はSSCによる先のオタク弾圧からコレクションを守るため数々のレアグッズが投棄された聖地、そして何より日陰の趣味が若いオタクたちの台頭で世間に明らかになった事こそが弾圧の始まりとなったとオタクヒーローは糾弾されることに。

同好の士であるはずなのに憎しみあう新旧オタクのぶつかり合いを肌の触れ合いで鎮めようと神田川水上で「魔法少女だらけの水泳大会」が開催されるのでしたが・・・。

双方の意見は平行線のままで交わりあうことはなく、オタクヒーローは自身が掲げる理念を大きく揺るがせることとなってしまって!?。

 

 

冒頭で先話の謎の魔法少女の正体が敵四天王の一人・スレイヤーであることが早速明かされるところから始まった今回の『マジデス』。

同じ魔法少女なのにアナーキーとは違いスレイヤーはオタクを敵視するのか?。

その訳を暗に示しているかのような展開で2011年現在での新旧オタク対決が繰り広げられることになるのでありました。

 

「気持ち悪い」という世間から向けられる迫害の視線の中、厳しい時代を生きてきたという旧世代のオタクおじであるオールドリーダー(CV.杉田智和)。

それに比べ何の苦労もなくオタク趣味の情報やグッズを手に入れ、明るい表情で堂々と往来を歩く若いオタクたちがSSCのオタク弾圧を生んだと主張します。

「オタクは日の光の下に出てはいけない!」と声高に叫ぶオールドリーダー。

それに対し「今は昔と違う!もっとオタクは堂々としていい!!」と世の中がオタクの生きやすくなった時代となったことを主張するオタクヒーロー。

オタクなら現実として現れた魔法少女と一緒に戦い好きな世界を取り戻そうと叫ぶのでしたが・・・。

「現実の世界に存在する魔法少女など笑止千万!!」魔法少女はアニメやコミックの架空の世界の中でこそ輝くものと旧世代オタクたちは聞く耳を持たない。

 

オタクヒーローとオタクリーダーが意見を戦わせるこのシーンに思わず大爆笑!、生きてきた時代性の違いから新旧オタクは趣味に対する向き合い方が全く違うのですよね。

こんな言い方が合っているのか分かりませんが大昔のコンテンツは作りが幼稚だったので、足りない部分は受け取り手であるオールドオタクが「補完」する必要があった。

でも新しい世代はどんな人の鑑賞にも耐えられるよう手間をかけ練られ作られたコンテンツしか知らないので、ブルーのセリフのように「何言ってんだコイツ?」となってしまうのですよね。

しかし古いコンテンツにも触れオタク趣味の歴史についても造詣の深いオタクヒーローは、オールドオタクたちの「あえて言おう、無粋であると!」の返答で精神に大ダメージを受けてしまうのでありました。

 

 

 

そんなオタク特有なのかもしれない小難しい精神論を戦わせる両者でしたがSHOBONが放った海洋生物メカの襲来で「好きなもの」を守りたい気持ちだけは同じである事に気付き一時共闘することを決めるオールドおたくたち。

そしてメカを倒した後にこれからも一緒に戦いたいと手を差し伸べるオタクヒーローに背を向け、最後まで自分たちの生き様や趣味に対する向き合い方は変えられないと去っていく姿がまたカッコイイのですよね。

共闘の申し出にツンデレな態度をとり去っていくオールドヒーローの背中に「それでもいつかきっとわかり合える日がくる、そう信じています!!」と呼びかけるオタクヒーロー。

それを背中で聞きながらフッと笑みを浮かべるオールドリーダーなのでありました。

 

そんなわけで今回もすんごく深いオタクの精神世界が描かれたお話しとなっていてとっても大満足!。

ところで今でもこんなオタク新旧対立ってあるのでしょうか?。

旧世代にもネット文化が浸透しきったので今話のオタクリーダーのような頭の堅いオタクは流石にいないと思いたい。

そして同時に古きよきオタク文化を笑う新世代の同好者もいないことを信じたいところであります。

 



ということで次回のお話しも楽しみ!、どうやらオタクのもう一つの聖地である「中野」が舞台となるようですね。

となると腐女子の聖地と言われる(?)池袋も登場する可能性があるのかもしれません。

 

オールドオタクたちがそれぞれカッコよく変身ポーズを決めるも見た目は全然変わっていない、というシーンがありましたがこれこそが旧世代のオタクの持つ「補完」の能力だと思います。

描き切れていない足りない部分は脳内で補完する。

これが劇中で新世代の無粋を笑った古いオタクのいなせな「粋」というものなのでしょう。

 



 

 

 

 

 


魔法少女マジカルデストロイヤーズ twitterまとめ(作品・グッズ情報)












 

 

魔法少女マジカルデストロイヤーズ グッズ情報

ブルーレイ


OP/ED主題歌



放送局・配信情報

MBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠他にて2023年4月7日(金)放送開始
MBS/TBS:毎週金曜25:55~ 
BS-TBS:毎週金曜26:30~ 
AT-X:毎週土曜21:00~ 【リピート放送】毎週月曜28:30~ 毎週土曜6:00~

 

配信

先行配信 2023年4月7日毎週金曜26:25より順次配信

ABEMA
DMM TV
ニコニコ生放送

一般配信 4月12日(水)24:00より順次配信
dアニメストア
dアニメストア
ニコニコ支店
dアニメストア
for Prime Video
2023年4月12日(水)24:00より順次配信スタート
Amazon Prime Video
Lemino
FOD
FOD for Prime Video
Hulu
U-NEXT
アニメ放題
バンダイチャンネル
MBS動画イズム
TELASA
J:COMオンデマンド
メガパック
milplus
スマートパスプレミアム
ふらっと動画


スタッフ・キャスト声優

STAFF

原作:MAD ミルクポット markets
原案:JUN INAGAWA
監督:博史池畠
副監督:川瀬まさお
脚本・シリーズ構成:谷村大四郎
キャラクターデザイン:沢友貴
コンセプトアーティスト:紺野大樹
プロップ設定:杉村絢子
美術監督:坂上裕文(ととにゃん)
美術設定:加藤 浩(ととにゃん)浅見由一(ととにゃん)
色彩設計:歌川律子
撮影監督:松向 寿(STAR Laboratories)
編集:武宮むつみ
音響監督:本山 哲
音響効果:白石唯果
録音:伊東光晴
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:羽柴 吟
アニメーション制作:バイブリーアニメーションスタジオ

CAST

オタクヒーロー:古川 慎
アナーキー:ファイルーズあい
ブルー:愛美
ピンク:黒沢ともよ
狂太郎:楠木ともり
SHOBON:斉藤壮馬
スレイヤー:芹澤 優
ニック:興津和幸
オールドリーダー:杉田智和
ミリオタ:間島淳司
ゲーオタ:子安武人
鉄オタ:奥村 翔
自衛隊オタ:兼政郁人
アニオタ:稲田 徹
ドルオタ:石谷春貴
プロレスオタ:高橋伸也

 

 

 

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています