アイドルマスター シンデレラガールズ U149 第十二話 感想(最終回)

 

2023年春アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ U149  第12話 「大人と子供の違いって、なに?」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


同じ事務所のアイドルたちが集う合同ライブが開催されるも、児童法という壁で参加できない『U149』の少女たち。

気分を落ち込ませているアイドルたちにプロデューサーは、「皆がやりたい事を全部やろう!」と全員で作詞することを提案します。

そして、夢を諦めないという思いが届いたかのように、ライブへ出演できることが決まって・・・!!。

子供たちに夢みる場所と時間を与えるのが「大人の仕事」という大きなメッセージを残し、感動のフィナーレを迎えたU149の最終回。

ようやくシンデレラ城の舞踏会へとたどり着いた少女たちの、キラキラなライブシーンが圧巻!。

ラストカットでは新入アイドルの加入も示唆され、第2期制作への夢も膨らむU149らしさ溢れる最後となっていました。

 

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています