ゴールデンカムイ  第48話 感想

 

2023年春アニメ ゴールデンカムイ(第4期) 第48話「発射」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介


菊田と組んで刺青の囚人と思われる連続殺人犯を捜す宇佐美。

犯人の行動をシンクロさせその足取りを辿った先に切り裂き魔の姿が!!、たちまち激しい「撃ち合い」となる宇佐美と殺人犯でしたが・・・。

精子探偵となった宇佐美が股間の銃で繰り広げるまさに「生死(精子)をかけた」ガンファイトに、手に汗を握らされることになった今話の金カム。

まさかTVでこの部分を放送するとは・・・。

そして犯人(マイケル・オストログ)に顔射された菊田がカワイソすぎます(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第48話 「発射」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第48話 あらすじ

房太郎が客室にいる間、彼と手を組むかどうかで杉元と白石の意見は分かれていた。
難色を示す杉元に対し、提案に乗ることに前向きな白石。
だが杉元の荷物を見て自分が標的だと気づいた房太郎は、戻るなり二人を始末しようとする。
アシㇼパがそれを防ぎ、再び戦闘状態となる杉元と房太郎。
木の枝にぶつかって川に落下したあとも戦いは続き、房太郎は杉元を川底に引きずり込む。
水中での活動に長けた房太郎を相手に杉元の勝機はッ!?
杉元が遡上するチョウザメを利用して逃げようとした結果、船の外輪に巻き込まれそうになる房太郎。
これを助けた杉元は、房太郎の持つ情報で土方と鶴見中尉を出し抜ける可能性があると考え、彼と手を組む決断をする。
同じ頃、札幌の犯行現場を調べる菊田と宇佐美は、自慰行為を駆使した宇佐美の捜査法で殺人犯を発見。
だが、精子が飛び交う争いの末に取り逃してしまう。
その後、菊田は土方の一味として活動中だった有古に接触。
自分が中央政府のスパイだと明かし、協力を呼びかける。
一方、歌志内で会った飴売りが脱獄囚の上エ地との確証を得た杉元たちは、男が札幌に向かっていることに気づく。
札幌でこれから何が起ころうとしているのかッ!?

第48話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年春アニメ ゴールデンカムイ(第4期) 第47話「蒸気船」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…


背嚢の中に入っている白金が原因で再び殺し合いになる杉元と房太郎。

しかし蒸気船の外輪に巻きこまれそうになった房太郎を助けた杉元は、土方・鶴見陣営を出し抜く切り札になるとアイヌの金塊の情報を持つ房太郎と手を組むことを決めるのでした。

一方で刺青の囚人と思われる連続殺人犯を追う宇佐美・菊田組は、宇佐美の持つ犯罪者との同調能力で殺人犯と遭遇することになるのでしたが・・・。

 

 

杉元たちと海賊房太郎が手を組み、ジャック・ザ・リッパーを模倣する殺人犯を鶴見・土方が追い詰めようと動き出すまでが描かれた今話の金カム。

見どころは何と言っても精子探偵である宇佐美と殺人犯とのの激しい『股間の』ガンファイトでしょう!。

まさに「生死(精子)をかけた」打ち合いをまさかTVで放送するとは思ってもみなかった(笑)。

 

 

 

チョウザメを捕まえた杉元たちがほっこり「ヒンナ」するシーンの後になんちゅうものを流すのよ!。

まさかTVでこのシーンを放送するとは・・・、おっぱいや性器を映すのはNGだけど精液はOKなのか。

でもこの部分はこの後のお話しの流れを考えるとどうしてもカットすることが出来ない重要な箇所なのですよね。

お互いが睨み合ってシコリだすという実にくだらない場面ですが、撃ち合いの末に逃げられてしまったという事実は各陣営の金塊獲得の動きを意味づけるものでもあるのでした。

それにしても宇佐美役の松岡貞次さんの熱演には頭が下がるばかりで・・・声優ってホント大変だ。

 

 

 

二人の打ち合いに巻き込まれた末に顔射される菊田特務曹長が可哀想でしたが、せめてもの救いは精液が口に入らなかった事でしょうか(笑)。

そしてその菊田ですが鶴見・土方陣営の二重スパイである有古に「俺に付け」と告げ、実は中央政府のスパイであったことが明かされます。

政府の狙いは金塊を鶴見に見つけさせることで、新たな勢力の参入で争奪戦の行方は更に混迷極まるものとなるのでありました。

 

ということで宇佐美たちから逃げた殺人犯のことに戻しますが、プロファイリングの結果40日以内に殺人犯はこの場から消えることが分かった事から土方の二大陣営が刺青を手に入れるため集結。

杉元たちも奇妙な飴売りの正体が刺青の囚人・上エ地圭二であり事を知り札幌へと南下します。

果たして今件で刺青一皮を手に入れるのは?、そして暗号は解けないというのは本当なのか?。

次回の展開に乞う御期待です!。

 

連続殺人犯として劇中に登場した「マイケル・オストログ」はジャック・ザ・リッパ―ではないかと疑われている実在した人物です。

とは言っても実在のオストログが日本に来た史実は全くありません。

そしてネタばれになるので詳しくは書きませんが、作中のオストログは自分の出自を知り猟奇殺人へと走ることになるのであります。

 

 

 

 

 

 

 


ゴールデンカムイ twitterまとめ(作品・グッズ商品紹介等)





ゴールデンカムイ グッズ・商品紹介

原作コミック


ブルーレイ


OP/ED主題歌

NEVER SAY GOODBYE
ALI feat. Mummy-D


 

 

ゴールデンカムイ 放送局・配信情報

TOKYO MX 毎週月曜23:00~
読売テレビ 毎週月曜26:15~
札幌テレビ 毎週月曜25:26~
BS11 毎週月曜23:00~
チャンネルNECO 毎週金曜23:30~


配信

第4期は毎週月曜23:00~ Prime Video で独占配信


第3期

月額見放題サービス
FOD
Prime Video
Netflix
U-NEXT
dアニメストア
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
GYAO!
ひかりTV
auスマートパスプレミアム
milplus(みるプラス)

個別課金サービス
Prime Video
Rakuten TV
ビデオマーケット
HAPPY!動画
ニコニコチャンネル
ひかりTV
バンダイチャンネル
GYAO!ストア
DMM.com
music.jp

 


ゴールデンカムイ スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
チーフディレクターすがはらしずたか
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:山川拓己
美術監督:古賀徹/藤本智
色彩設計:福田由布子
撮影監督:織田頼信
編集:池田康隆
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
ロシア語監修:Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
OPテーマ:ALI「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」
EDテーマ:THE SPELLBOUND「すべてがそこにありますように。」
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

 


CAST声優
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
二階堂浩平:杉田智和
宇佐美上等兵:松岡禎丞
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸西克幸

     



 
アニメの感想ブログ 《Hi.アニ!》(はいあに)
Hi.アニ!は放送中のアニメの感想や考察 そしてグッズ商品・配信放送情報などを 紹介しているサイトです。
Hi.Ani! is a site that introduces impressions and thoughts on currently airing anime, as well as merchandise and distribution broadcast information.
レビュー記事は現在2000件を越え更に更新中
twitterでも情報をツイートしています
twitter ➩ @hivicon0211
Threads ➩ https://www.threads.net/@hiani0706

●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
記載されている商品・配信サービス情報等は記事作成時のものとなります