ゴールデンカムイ  第45話 感想

2023年春アニメ ゴールデンカムイ(第4期) 第45話「共犯」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

札幌での連続娼婦殺人事件に刺青の脱獄囚の影を感じ取る鶴見・土方陣営。

鶴見は囚人探しに菊田とこの任務に適任と「ある能力」を持っている宇佐美を派遣するのですが・・・。

鶴見との運命の出会いにより宇佐美に歪んだ性愛が育まれる様が描かれていた今話の金カム、そして出会いで変わったのは鶴見も同様なのかも?。

まさに二人は「共犯」なのでありました。

 

 

 


 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第45話 「共犯」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第45話 あらすじ

平太の死で杉元たちの砂金掘りは頓挫した。
だが、平太が持っていた砂金の標本から金塊の産地となった川に脱獄囚の海賊房太郎がいるとわかり、次の標的に定める。
同じ頃、土方のもとには樺太で杉元たちの前から姿を消した尾形が姿を現していた。
尾形は土方に、網走監獄潜入後の出来事に加えてソフィアの存在とアシㇼパが暗号を解く鍵を思い出したことを報告。
そんな中、札幌で脱獄囚の犯行と思われる連続娼婦殺人事件が発生するッ!
殺人事件の情報は土方や鶴見中尉も知るところとなり、それぞれ脱獄囚の関与を疑う。
土方は一味を率いて札幌へと向かい、オホーツク海沿岸でアシㇼパらを捜索中だった鶴見中尉も菊田に宇佐美を伴って現地で斥候として活動するよう命じる。
鶴見中尉には、この任務に宇佐美の持つある特性が役に立つという確信があった。
鶴見中尉と宇佐美の出会いは、宇佐美が12歳の頃にさかのぼる。
鶴見は宇佐美と友人の智春が通う道場に出入りしており、二人から慕われていた。
だがある日、鶴見をめぐる嫉妬心を暴発させた宇佐美が智春を殺してしまう。
この出来事を経て日清戦争から戻った鶴見は、愛こそが兵士の攻撃性を引き出すと考えるに至るのだった。

 

第45話 感想

関連記事

Hi.アニ!

鶴見・土方陣営を金塊争奪戦で出し抜くための軍資金として砂金採りに雨竜川へ赴いた杉元とアシㇼパたち。そこで崖から落ちかけて…


智春との柔道の乱取りの途中で突然に激しい怒りを爆発させる宇佐美。

鶴見と自分の間には強い絆があると妄信している宇佐美は、思い込みの嫉妬でなんの躊躇もなく智春を蹴り殺します。

最初は驚くも強い兵士としての資質である忠誠心と残忍性を宇佐美の中に見出す鶴見。

親友殺しの件を事故として隠した鶴見は第七師団へ宇佐美を部下として招くのでした。

札幌での残忍な殺人事件の情報に「刺青の囚人」の関与を感じた鶴見は、異常者としての共感力が囚人探しに役に立つと宇佐美を派遣するのですが・・・。

 

鶴見との間に唯一無二の繋がりを感じる宇佐美の異常性を感じることになる今回の金カムのお話しでしたが、鶴見が最後に締めくくったセリフのようにそれは「愛ゆえに」なのでもあります。

そうだとしたら宇佐美の心をおかしくしたのは鶴見以外の何者でもない。

 

 

鶴見と出会った当初の宇佐美は普通の家庭環境で育った純朴な少年として登場します。

しかし柔道の指導を受け褒められたことで宇佐美は変わっていくことに。

具体的にどんなやり取りがあったかまでは原作でも描かれてはいないのですが、当初は鶴見もただの子供である宇佐美を自身の謀略に活かそうという下心はなく宇佐美少年が自然に惹かれていった感じでしょうか。

さすがは「人たらし」である鶴見と言ったところですが、その出会いで宇佐美の性愛は大きく歪められることになるのでありました。

 

 

そして鶴見も自分には他者を大きく魅了させる力が備わっていることをこの時初めて自覚したのではないでしょうか。

そう考えるとひょっとしたら歪められたのは鶴見の方なのかも・・・?、という見方も出来る今話のお話しなのでありました。

ということで親友を殺したことで「童貞」を卒業した宇佐美にとって人を殺す事は「鶴見との性愛」と同義の行為となったわけですが、今話から続く宇佐美のエピソードは自身の性癖を描くものとなっていてTVでは絶対に放送出来ない内容なのですよね(笑)。

なのでこの娼婦連続殺人事件の顛末はOVAでの映像化を待つことになるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




ゴールデンカムイ twitterまとめ(作品・グッズ商品紹介等)








ゴールデンカムイ グッズ情報

ブルーレイ


OP/ED主題歌


 

 

原作コミック

ゴールデンカムイ 21 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ゴールデンカムイ 21 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

野田サトル
564円(05/23 01:09時点)
発売日: 2020/03/19
Amazonの情報を掲載しています

 

 放送局・配信情報

TOKYO MX 毎週月曜23:00~
読売テレビ 毎週月曜26:15~
札幌テレビ 毎週月曜25:26~
BS11 毎週月曜23:00~
チャンネルNECO 毎週金曜23:30~


配信

第4期は毎週月曜23:00~ Prime Video で独占配信

ゴールデンカムイ(第四期)

ゴールデンカムイ(第四期)

小林親弘, 白石晴香, 伊藤健太郎, 大塚芳忠, 中田譲治, 津田健次郎, 細谷佳正, 乃村健次, 菅生隆之, 杉田智和, 松岡禎丞, 竹本英史, 小西克幸
Amazonの情報を掲載しています

第3期

月額見放題サービス
FOD
Prime Video
Netflix
U-NEXT
dアニメストア
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA
J:COMオンデマンドメガパック
GYAO!
ひかりTV
auスマートパスプレミアム
milplus(みるプラス)

個別課金サービス
Prime Video
Rakuten TV
ビデオマーケット
HAPPY!動画
ニコニコチャンネル
ひかりTV
バンダイチャンネル
GYAO!ストア
DMM.com
music.jp

モンスター

モンスター

小林親弘, 白石晴香, 伊藤健太郎, てらそままさき
Amazonの情報を掲載しています

スタッフ・CAST声優

スタッフ
原作:野田サトル(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
チーフディレクターすがはらしずたか
シリーズ構成:高木登
キャラクターデザイン:山川拓己
美術監督:古賀徹/藤本智
色彩設計:福田由布子
撮影監督:織田頼信
編集:池田康隆
音響監督:明田川仁
音響制作:マジックカプセル
アイヌ語監修:中川裕
ロシア語監修:Eugenio Uzhinin
音楽:末廣健一郎
OPテーマ:ALI「NEVER SAY GOODBYE feat. Mummy-D」
EDテーマ:THE SPELLBOUND「すべてがそこにありますように。」
アニメーション制作:ブレインズ・ベース
製作:ゴールデンカムイ製作委員会

 


CAST声優
杉元佐一:小林親弘
アシㇼパ:白石晴香
白石由竹:伊藤健太郎
鶴見中尉:大塚芳忠
土方歳三:中田譲治
尾形百之助:津田健次郎
谷垣源次郎:細谷佳正
牛山辰馬:乃村健次
永倉新八:菅生隆之
二階堂浩平:杉田智和
宇佐美上等兵:松岡禎丞
月島軍曹:竹本英史
鯉登少尉:小西克幸

   



 PVアクセスランキング にほんブログ村 
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています