江戸前エルフ 第2話 感想

2023年春アニメ 江戸前エルフ  第2話 「いこうぜ、もんじゃストリート」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】

 

最近食玩の「カエルせんしゃ」シリーズにハマって全品コンプリートを目指すエルダでsh、しかし同じ物を引いてしまい意中の商品へと中々行き当たらない。

その話を聞いて小糸の友人・桜庭高麗(さくらばこま)が近所の寂れたおもちゃ屋で入手困難な「カエルキャノン」を見たというのですが・・・。

異世界より召喚されたエルフがオタク文化にハマるだけでなく、日本の歴史風俗の詳細について語るという二重のミスマッチで驚かされる展開となった江戸前エルフの第2話。

愛すべき駄目エルフ・エルダが話す食品玩具のオマケの歴史は「ブラタモリ」感たっぷり。

そして引きこもって今の東京の魅力を知らなかったエルダが小糸と一緒に「街ブラ」するエピソードも増えてきそう?であります。

 

 

 

 

 


 

江戸前エルフ 第2話 感想 桜庭高麗

 


 

 

 

 

 

 

江戸前エルフ 第2話 「いこうぜ、もんじゃストリート」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2話あらすじ
大好きな食玩「カエルせんしゃ」集めにハマっているエルダ。
小糸が親友の桜庭高麗を連れてくると、最初は警戒していたのに高麗が食玩に興味を示したことで、なぜかドヤ顔に!
どうやら江戸時代からの趣味のようで……!?

 

 

江戸前エルフ 第2話 感想

 


外に出るのが怖い引きこもりニートエルフであるエルダの前にいきなり現れたのは小糸の親友の桜庭高麗(さくらばこま)。

最初はキョドり小糸の後ろに隠れていたエルダでしたが、大好きな食玩「カエルせんしゃ」シリーズのことに話が及ぶとたちまち雄弁に!。

そして最後は食品玩具のいわゆる「オマケ」の起源にまで話は遡るのでありました。

そんな昔からの食玩大好きエルダですが、カエルせんしゃはハマるのが遅かったためシリーズ初期の商品「カエルキャノン」を手に入れることが出来ていないと表情を表情を曇らせます。

しかしその希少なカエルキャノンを「近所の寂れたおもちゃ屋で見た」という高麗。

欲しがるエルダに「自分で買いに行けばいい」と話す高麗でしたが、やはり外に出るのが怖いエルダは尻込みをしてしまって・・・。

そんな彼女を見て「綺麗な姿なのに皆に見せびらかせないのは勿体ない」としながらも自分が買ってくることを高麗は約束するのでした。

そして後日エルダのもとに無事届いたカエルキャノン。

しかしその事から話が転がり、小糸とエルダの間で「佃煮?それとももんじゃ焼き?」という月島のソウルフード論争が巻き起こる事となってしまい!?。

 

 

 

異世界から召喚された齢600歳オーバーの引きこもりエルフ・エルダの悠々自適なオタクライフを描いた第2話は、彼女がハマっている「食玩のコレクション」をお題にしてストーリーがスタート!。

さすが徳川家康の時代から東京(江戸)に住んでいるだけあって、食玩(オマケ)の起源からその商品自体の宣伝方法までを熱く語るエルダのシーンにはただビックリ!。

エルダいわく日本での食玩は江戸時代の富山の売り薬にオマケを付けたのに起源を遡るという事なのですが、これは全く知らなかったなあ・・・。

 

日本初の「おまけ」、それは「富山絵」という浮世絵でエルダが初めてハマった大きな定義での食玩なのでありました。

そして江戸時代の広告「引き札」の話しなど食玩関連から広がった諸々のうん蓄を語るエルダに、「へー、そうなんだ!」と驚かされて気分は「ブラタモリ」のまさにタモさん。

オタクネタから日本の風俗史に話を広げてきて、第一話からより格調が高くなった印象です。

 


 

 

 

そしてもんじゃ焼はソースをかけるのではなく『うどん粉に砂糖を入れて焼くもの』というエルダの発言に、「へー!、昔はそうだったの!?」とまたもタモさんのごとく驚かされることに。

60年間引きこもって現在のもんじゃを全く知らずに生きてきたエルダでしたが初めて食べた砂糖入りではないもんじゃ焼の美味しさに感動し、思わず柏手を打つことになるのでありました(笑)。

 

異世界エルフ(引きこもり)とオタクカルチャーの出会いというアンマッチな面白さに加え、風俗文化史への興味を大いに引きたてられる事となった江戸前エルフの第2話でございました。

それと以降のお話しでは外に出れば何か楽しい発見があるかも?、と気が付いたエルダがお忍びで「街ブラ」するエピソードなんかも増えてくるのでしょうかね。

ということで次回の放送も楽しみ!。

それにしても流石はニートエルフのエルダ、引きこもりオタクのお約束のとおり外で着る服はどうやら持ち合わせていない様子です(笑)。

 

ところで月島のソウルフード論争はエルダの味覚と腹を大いに満たした「もんじゃ」に軍配が上がったということでいいのかな?。

東京の下町の味と言えば在京の方は誰もがもんじゃ焼を思い浮かべるかとは思いますが・・・。

いまや佃煮は瓶づめで売られているので全国区のイメージが強いですしね。

 

 

 

 

 




江戸前エルフ twitterまとめ(作品・グッズ情報)









 

江戸前エルフ グッズ情報

原作コミック


ブルーレイ


OP主題歌



放送局・配信情報

MBS:毎週金曜日 深夜2時25分〜   
TBS:毎週金曜日 深夜2時25分〜   
BS-TBS:毎週金曜日 深夜3時00分〜  
AT-X:毎週火曜日 夜11時30分~   <リピート放送>   毎週木曜日 朝11時30分~/毎週月曜日 夕方5時30分~

配信

先行配信 4月7日より 毎週金曜日 深夜3時00分〜 

dアニメストア

一般配信 4月11日毎週火曜日 正午より順次配信
Amazonプライムビデオ
U-NEXT
アニメ放題
ABEMA
DMM TV
Hulu
FOD
バンダイチャンネル
ニコニコチャンネル
MBS動画イズム
クランクイン!ビデオ
HAPPY!動画
ニコニコ生放送
J:COMオンデマンド
auスマートパスプレミアム
TELASA
milplus
Google Play
Lemino


スタッフ・キャスト情報

STAFF

原作:樋口彰彦(講談社「少年マガジンエッジ」連載)
監督:安齋剛文
シリーズ構成・脚本:ヤスカワショウゴ
キャラクターデザイン:小田武士
総作画監督:小田武士、中尾隆文、SAI
プロップデザイン:横山友紀
色彩設計:最相 茂
美術設定:近藤由美子、柴田千佳子
美術監督:アトリエマカリア
撮影監督:久保田 淳(CUE)
撮影:シアン
特殊効果:久保田 淳(CUE)
編集:山岸歩奈美
音響監督:藤田亜紀子
音響制作:INSPIONエッジ
音楽:松田彬人
音楽プロデューサー:斎藤 滋
音楽ディレクター:タノウエマモル
音楽制作:ハートカンパニー
アニメーション制作:C2C
製作:「江戸前エルフ」製作委員会

オープニングテーマ:「奇縁ロマンス」/ナナヲアカリ
エンディングテーマ:「おどる ひかり」/Cody・Lee(李)

CAST

小金井小糸:尾崎由香
エルダ:小清水亜美
桜庭高麗:相川遥花
小金井小柚子:関根 瞳

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています