盾の勇者の成り上がり 第4話 感想 (第3期)

 

2023年秋アニメ 盾の勇者の成り上がり Season3 第4話「槍の勇者捕獲作戦」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


槍の勇者・元康を連れ戻すことを依頼され、目撃された街に辿り着く尚文たち。

そこで見たのは、自分を捨てた仲間に追いすがる元康の惨めな姿で・・・。

努力もせずゲーム感覚で四聖獣と戦ったために、結果仲間を失った元康と錬の失意の姿が描かれた今回の槍の勇者。

そして奴隷紋を解かれた(?)ビッチことマインが錬を誑し込み企んでいるのは、メルティとの後継者争いを再燃させることなのか?。

ビッチに手痛く捨てられた元康でしたが・・・、すぐに幼女(フィーロ)に乗り換える逞しいその姿を「ロリ康」と呼ばせてもらいたい(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 第4話 「槍の勇者捕獲作戦」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
槍の勇者・元康の所在が確認され、ミレリアに説得を頼まれた尚文。
領地はエクレールに任せ、元康探しに向かおうとすると、そこへ招かれざる客がやってくる。
そして、元康が滞在する町では予想外の人物に遭遇し……!?

この作品の視聴はコチラから


第4話 感想

 

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ 盾の勇者の成り上がり Season3 第3話「ハクコの兄妹」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介…


次に現れる四聖獣『鳳凰』の襲来に備えるため、槍の勇者・北村元康を連れ戻すようメルロマルク女王から依頼を受ける尚文。

聞けば『霊亀討伐戦』の時に散り散りとなった仲間を探しているのだという。

その姿が目撃されたというメルロマルク近郊の街に辿り着いた尚文たちは、元は仲間であったエレナにまた一緒に戦ってほしいと懇願する元康の姿を見ることに。

しかし、エレナは元康のその頼みをにべもなく断るのでした。

そんな情けない姿を尚文たちに見られてしまい、逃げるようにその場を去る元康・・。

「なぜ元康の元を去ったのか?」と聞かれ、勇者としてあまりにも不甲斐ない元康の姿に皆が愛想を尽かしたからと答えるエレナ。

引き続き元康を探す尚文は、酒場で剣の勇者・天木錬(あまきれん)とばったり出会うことに。

今こそ四聖勇者が団結して戦う時と錬に呼びかける尚文の前に現れたのは、後継者争いの企みがバレて名を奪われた後に王族を追われたビッチこと元マイン王女!。

ビッチは「尚文の言葉に惑わされないで!」と霊亀戦で仲間がみんな死んだのは尚文の企みなのだと、錬にとんでもない嘘を吹き込もうとして!?。

 

 

 

《盾の勇者の成り上がり》コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在


今話の注目ポイント①

元康そして錬が努力を怠った結果、仲間を失い失意の底にある姿が描かれていた今回の盾の勇者。

三バカ勇者がやらかすというお話しの流れはこれまでと同じではあるのですが、注目するポイントとしてはビッチの『奴隷紋』が何故か消えてしまっていることですね。

二度と勝手な事ができないように入れられた紋章が消えたことで、おそらくは以前のような後継者争いを再燃させようと思われるビッチなのですが・・・。

 

 

ビッチの思惑は一旦置いておいて、「悪いのは周りのせいだ!」と仲間を全滅させてしまった非を認めようとしない錬に「自分が今やるべきことから目を背けている!」と怒りながら現実と向き合うよう尚文は迫ります。

図星を突かれ逆上して尚文に襲い掛かる錬でしたが格下と思っていた尚文にその攻撃は全く響かず、尚文の言葉が正しい事を思い知れさることに。

しかし、ビッチの心地よい弁護のセリフに錬は自分と向き合う事なくその場から逃げ出したのでありました。

今話の注目ポイント②

果たして「錬との共闘の道はあるのか?」という部分はこれからの展開に任せるとして、ビッチの手痛い裏切りに心をボロボロにされた元康。

しかし、その立ち直りは異常に早かった(笑)。

 

 

 

 

その心癒される歌声と舞いに、あっという間に「フィーロたん推し」なって完全復活を果たす元康!。

いや!、『ロリ康』と呼んだ方がいいのかも(笑)。

あげく、フィーロを嫁にしたいと尚文に向かって「お父さん!!」と頼みこむ元康でしたが、ともかく錬とは違って共闘の道が大きく開ける展開となったのは言うまでもありません。

 

 

 

ビッチのおかげで(?)成人女性には全く興味がなくなり、フィーロのことを庇うラフタリアに向かって「邪魔するな!、このタヌキ豚!!」と暴言を吐きかける元康。

元々の年齢が幼く且つ温厚な性格のラフタリアですが、この時ばかりはヤンキーあがりの「オトナの女」に豹変してロリコン槍を成敗したのでありました(笑)。

ということで、次回の放送とその展開が楽しみ!。

今回はいつもよりコミカルな雰囲気多めの回ではありましたが、ラフタリアの歌唱シーンも止め絵ではなくしっかり作画されたものになっていて非常にGOOD!。

「第2期もこんな感じだったら、どんなによかったか・・」と、未だに残念に思う私なのであります・・・。

 

 

 



盾の勇者の成り上がり グッズ・商品紹介

原作・コミック



OP/ED主題歌



ブルーレイ


盾の勇者の成り上がり 放送・配信情報

放送局

AT-X:10月6日より 毎週金曜 21:00~ ※リピート放送:毎週火曜 9:00~/毎週木曜 15:00~
TOKYO MX:10月6日より 毎週金曜 22:30~
サンテレビ:10月6日より 毎週金曜 24:00~
テレビ愛知:10月6日より 毎週金曜 26:05~
KBS京都:10月7日より 毎週土曜 23:30~
BS日テレ:10月8日より 毎週日曜 26:30~

配信サービス

地上波先行配信:10月6日より 毎週金曜 22:00~

Lemino
dアニメストア

一般配信:10月11日(水)22:00より順次配信

ABEMA
niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
NETFLIX
ディズニープラス
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA(見放題プラン)
J:COMオンデマンド メガパック
milplus 見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
Amazon
FOD
DMM TV

盾の勇者の成り上がり スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:アネコユサギ
原作イラスト:弥南せいら
(MFブックス「盾の勇者の成り上がり」KADOKAWA刊)

監督:垪和 等
シリーズ構成・脚本:小柳啓伍 / キネマシトラス
キャラクターデザイン:小松沙奈 / Franziska van Wulfen / 諏訪真弘
デザイン協力:世良コータ
色彩設計:佐々木 梓
美術監督:柏村明香(Y.A.P. 石垣プロダクション)
3DCGディレクター:越田祐史(スタジオポメロ)
画面設計:宮﨑真一朗
2Dアーティスト:hydekick
撮影監督:江間常高(T2studio)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響監督:郷 文裕貴
音響効果:八十正太
音響制作:グロービジョン
音楽:Kevin Penkin
音楽制作:日本コロムビア
アニメーション制作:キネマシトラス
製作:Shield Hero S3 Project

オープニング主題歌:MADKID『SIN』
エンディング主題歌:藤川千愛『好きになってはいけない理由』

出演声優

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
フィーロ:日高里菜
リーシア:原奈津子
天木 錬:松岡禎丞
北村元康:高橋 信
川澄 樹:山谷祥生
メルティ:内田真礼
エクレール:青木瑠璃子
ミレリア:井上喜久子
マイン:ブリドカットセーラ恵美
オルトクレイ:仲野 裕
ナディア:小清水亜美
フォウル:天﨑滉平
アトラ:小原好美
セイン:長縄まりあ

公式ホームページ:http://shieldhero-anime.jp/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています