盾の勇者の成り上がり 第1話 感想 (第3期)

 

2023年秋アニメ新番組 盾の勇者の成り上がり Season3 第1話「闇のコロシアム」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


ラフタリアの故郷で、自身の領地でもあるルロロナ村の奴隷となった人々を取り戻そうと、商人と傭兵の国・ゼルドブルに来た尚文。

奴隷を買い戻す資金を調達するため、尚文は地下格闘技場での賭け試合に出場することを決めるのでした!。

なろう小説界の超人気作品「盾の勇者の成り上がり」の第三期がクオリティを大きく上げてスタート!!。

人身売買と拝金主義という「異世界モノ」らしくないシリアスなテーマで始まりましたが、これこそが見たかった「盾の勇者」でワクワクが止まりません!!!。

まさに、「ダーティーヒーロー」である尚文の本領が発揮される第3期となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 第1話 「闇のコロシアム」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話あらすじ
新たな四霊「鳳凰」の復活に備え、尚文は散り散りになったルロロナ村出身の亜人を取り戻そうとする。
だが亜人の奴隷たちはある理由で買い占められていた。
尚文は彼らを救うため、商人と傭兵の国ゼルトブルへ向かう。

この作品の動画視聴はコチラから


第1話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年10月放送開始の『2023年秋アニメ』新番組の最速放送・配信リストです。各作品の最速放送スケジュールとともに制…


尚文が弾圧されていた亜人を解放する動きを見てメルロマルク王女が出した「奴隷売買禁止」のお達しで、貴族や商人たちがルロロナ村出身の奴隷たちを売りさばき国外に放出。

村出身の奴隷がいるとの情報でゼルドブルに到着した尚文は、闇ルートのオークションで奴隷が高値で売買がされている事を知ります。

買い戻そうにも所持金がない尚文は、奴隷商から大金を得る手立てを教えられることに。

それは街にある地下闘技場で行われている「賭け試合」に出場すること。

かくして、大金を得て奴隷を買い戻すため尚文とラフタリアとフィーロは仮面で正体を隠し、チーム「ロックバレー(岩谷)」として闘うことになるのでありました。

 

《盾の勇者の成り上がり》 コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在


今話の注目ポイント①

第2シーズンから約1年ぶりの再開となった今話では、尚文が四霊「鳳凰」の復活に備えて領地であるルロロナ村出身の亜人の人々を取り戻すところから始まることに。

行方不明になっている四聖勇者の三人の行方や、七星勇者のメルロマルク王(クズ)の敵対的な態度とその娘であるマイン(ビッチ)の不穏な動きも気になる所ではありますが、まずはダーティーヒーローである尚文らしいエピソードにはワクワクするばかり!。

 

 

 

 

こういうのが見たかったのですよね!。

呼び出された異世界は夢の溢れる理想郷ではなく、現代世界と同じく宗教問題や人種差別にみちた世界というこの展開が!!。

特に今回においては現代社会と同じく「カネ」がモノを言うお話しとなっており、これまで数々の商才を見せてきた尚文は地下賭博闘技の選手として出場することで掛け金とファイトマネーを両取りしようと考えるのでした。

ただし、何でもありのルール無用のバトルとなるので対戦相手から出し抜かれる可能性も大で・・・。

その展開の行方が楽しみなところ。

今話の注目ポイント②

かなり辛口なことを書きますが、第2期は作画・演出ともに期待を下回る酷い出来でした。

作画とシリアスなテーマが売りである大好きな作品が、素人の眼で見てもぞんざいに作られている事に只々心を折られながら視聴を続けることに・・・。

第2期では尚文と敵対する「キョウ」という転生者の本の勇者が登場するのですが、その行動の理由が分かったような・・・、やっぱりピンとこないような?。

 

 

 

何が言いたいかというと、第3期は制作が『キネマシトラス』に一本化されたことで第1期のような高いクオリティの作品に戻ったということ。

あくまでも第一話を観た限りですが、もし第2期で視聴を離れた方はぜひ「観に戻って」きて頂きたい。

ちなみに、第2期は初回から「終わって」いました(笑)。

ということで次回の放送とその展開が楽しみ!。

オープニングを見ると、新たなキャラクターと共にビッチ(マイン)も登場しており、天性の悪女である彼女がどんな悪企みをしているのか?、超期待であります(笑)。

 

 

槍の勇者の元康だけでなく、錬と樹にもその魔の手を伸ばしてくるのか・・・。

 

盾の勇者の成り上がり グッズ・商品紹介

原作・コミック



OP/ED主題歌



ブルーレイ


盾の勇者の成り上がり 放送・配信情報

放送局

AT-X:10月6日より 毎週金曜 21:00~ ※リピート放送:毎週火曜 9:00~/毎週木曜 15:00~
TOKYO MX:10月6日より 毎週金曜 22:30~
サンテレビ:10月6日より 毎週金曜 24:00~
テレビ愛知:10月6日より 毎週金曜 26:05~
KBS京都:10月7日より 毎週土曜 23:30~
BS日テレ:10月8日より 毎週日曜 26:30~

配信サービス

地上波先行配信:10月6日より 毎週金曜 22:00~

Lemino
dアニメストア

一般配信:10月11日(水)22:00より順次配信

ABEMA
niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
NETFLIX
ディズニープラス
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA(見放題プラン)
J:COMオンデマンド メガパック
milplus 見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
Amazon
FOD
DMM TV

盾の勇者の成り上がり スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:アネコユサギ
原作イラスト:弥南せいら
(MFブックス「盾の勇者の成り上がり」KADOKAWA刊)

監督:垪和 等
シリーズ構成・脚本:小柳啓伍 / キネマシトラス
キャラクターデザイン:小松沙奈 / Franziska van Wulfen / 諏訪真弘
デザイン協力:世良コータ
色彩設計:佐々木 梓
美術監督:柏村明香(Y.A.P. 石垣プロダクション)
3DCGディレクター:越田祐史(スタジオポメロ)
画面設計:宮﨑真一朗
2Dアーティスト:hydekick
撮影監督:江間常高(T2studio)
編集:須藤 瞳(REAL-T)
音響監督:郷 文裕貴
音響効果:八十正太
音響制作:グロービジョン
音楽:Kevin Penkin
音楽制作:日本コロムビア
アニメーション制作:キネマシトラス
製作:Shield Hero S3 Project

オープニング主題歌:MADKID『SIN』
エンディング主題歌:藤川千愛『好きになってはいけない理由』

出演声優

岩谷尚文:石川界人
ラフタリア:瀬戸麻沙美
フィーロ:日高里菜
リーシア:原奈津子
天木 錬:松岡禎丞
北村元康:高橋 信
川澄 樹:山谷祥生
メルティ:内田真礼
エクレール:青木瑠璃子
ミレリア:井上喜久子
マイン:ブリドカットセーラ恵美
オルトクレイ:仲野 裕
ナディア:小清水亜美
フォウル:天﨑滉平
アトラ:小原好美
セイン:長縄まりあ

公式ホームページ:http://shieldhero-anime.jp/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています