シャングリラ・フロンティア 第5話 感想

 

2023年秋アニメ シャングリラ・フロンティア 第5話「かくて汝、騒動の槍衾に囲まれん」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


エムルの援護があって、エリアボス『泥堀り(マッドディグ)』に快勝するサンラク。

そして、次の街・サードレマでサンラクは覚えのあるプレイヤー「アーサー・ペンシルゴン」から奇襲を受けることに!?。

苦戦するかと思いきやエムルの魔法攻撃のサポートでサンラクがボス戦に勝利する様が描かれた今話のシャンフロ。

強いだけでなくカワイイ美少女にメタモルフォーゼしたりと、エムルが存分にその魅力をふりまいておりました。

気になるのは最後に登場したプレイヤキラーのアーサー・ペンシルゴン。

サンラク(楽郎)と彼女の間にはどんな因縁が?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第5話 「かくて汝、騒動の槍衾に囲まれん」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

沼地で相性最悪のエリアボス「沼掘り」と戦うことになったサンラク。
沼に足をとられ、苦戦を強いられるも、エムルの助けを借りて善戦する。
その一方で、他プレイヤーたちの間ではエムルの存在と、体にリュカオーンの呪いを刻印するサンラクが話題に。
サンラクたちに二人のプレイヤーが接触してくる…

 

 

 この作品の視聴はコチラから


第5話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ シャングリラ・フロンティア 第4話「肥えた価値観をクソゲーで濯ぐ」 感想・考察【関連グッズ・配信放送…


エリアボス『泥堀(マッドディグ)』に挑もうとするサンラクですが、沼地という地形条件が自身の最大の持ち味であるスピードを殺すことになり、苦戦すること必至の状況で戦闘はスタート!。

サンラクはリュカオーン戦で得た数々のスキルでマッドディグに対抗しますが、”レペルカウンター”と”スライドムーブ”という回避スキルを使ったため、再使用のために10秒間の無防備な時間が発生。

間髪入れず向かってくるマッドディグに防ぐ手立てのないサンラクでしたが、パートナーのエムルがここで魔法攻撃を発動!。

これまでのソロプレイではなく、相棒のエムルからの援護を得ることでサンラクの攻撃能力は更に高められ、意外にも割と優勢なままボス戦を勝利したのでありました。

ボス戦を終え、三番目の街「サードレマ」へと向かうサンラクたち。

しかし、前の街であったようにヴォーパルバニーのエムルを連れていることで騒ぎのならないか少し心配するサンラク。

それなら心配無用と、エムルは致命兎の秘環で美少女へとメタモルフォーゼしたのでありました。

にもかかわらず、サンラクがエムルを”テイム”している噂は既に広まっており、街に着くなり「どうやってテイムしたのか?」と興味を持つたプレイヤー・Animaliaから声をかけられる始末。

どう返答すべきか臆しているサンラクでしたが、そこにいきなり斬りかかってくる女性のアバターが!?。

PK(プレイヤーキラー)である彼女の名前は「アーサー・ペンシルゴン」。

彼女から「革命騎士」と呼ばれたことから、アーサー・ペンシルゴンが自分の知るプレイヤー「鉛筆戦士」だとサンラクは気づくのでした!。

 

 

 

 

《シャングリラ・フロンティア》コミック最新巻はこちら  ※2023年10月現在


今話の注目ポイント

苦戦必至のマッドディグ戦でしたが、サンラクをエムルがサポートし終始優勢の状況でバトルが終了した今話のシャンフロ。

まあ、いまのところエムルの方がサンラクの戦闘能力を上回っているので当然の状況ではあるのですが、エムルに頼りきった形で勝利したことに微妙な面持ちとなるサンラク。

そして、美少女に変化したエムルを見て「これって、なんてギャルゲー?」と、自分は神ゲーをやっていたハズなのにと表情を凍らせ落ち込むサンラクなのでありました(笑)。

身近に美少女を侍らせることが出来るなんて、普通の高校生なら喜びそう(?)な展開だと思うのですが、やはり楽郎(サンラク)は「クソゲー」マニアだけあって一般人とは感覚が違うみたい。

 

そして、エムルの活躍が描かれた後でサンラクは意外な人物「アーサー・ペンシルゴン(鉛筆戦士)」と再会することに。

おそらくサンラクは別のゲームで対戦?したことがある様子で、いきなり襲われた状況も何が理由であるのか理解しているみたいです。

一体、二人にはどんな因縁が?。

ということで次回の放送と展開が楽しみ!。

リュカオーンとの対戦の一件が知れ渡ったことで、サンラクは狙われる有名人となったのかも。

 

それを助けようとするプレイヤーもどうやらいるようで、何やら複雑な展開となりそうな予感がしますね。

そういえば「兎の国」のユニークシナリオってどうなっているんでしょう?。

お話しがちょっと脱線してきているような気が・・・。

 

 

 

 



シャングリラ・フロンティア グッズ情報

原作コミック


 

OP/ED主題歌



ブルーレイ


シャングリラ・フロンティア 放送・配信情報

放送局

2023年10月1日よりMBS/TBS系全国28局ネットにて毎週日曜午後5時放送開始

配信サービス

2023年10月1日(日)午後6時より順次配信 

ABEMA
Amazon Prime Video
auスマートパスプレミアム
DMM TV
dアニメストア
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
Lemino
MBS動画イズム
milplus
TELASA
TVer
U-NEXT
アニメタイムズ
アニメ放題
ディズニープラス
ニコニコ
バンダイチャンネル
ふらっと動画
YouTube


アニメ『シャングリラ・フロンティア』スタッフ・声優

スタッフ

原作:硬梨菜・不二涼介(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:窪岡俊之
副監督:池下博紀
シリーズ構成・脚本:筆安一幸
キャラクターデザイン・総作画監督:倉島亜由美
モンスターデザイン:長森佳容、大河広行、河野絵美、有澤 寛
プロップデザイン:横山友紀、河野絵美
アクション・エフェクトディレクター:酒井智史
メインアニメーター:芳賀 亮、月田文律、西野武志、姚 江浩、新田駿也
アクション作画監督:日浦玲奈、星野玲香
総動画監修:髙橋知也
色彩設計:高木雅人
色彩設計補佐:手倉森咲子
美術監督:野辺勇紀(インスパイアード)、中村朝咲(インスパイアード)
美術アドバイザー:増山 修
2Dワークス:田村あず紗
3Dデザイン:Emotional Pictures
撮影監督:山杢 光
編集:定松 剛
音響監督:藤田亜紀子
音楽:髙田龍一 (MONACA)、広川恵一 (MONACA)、高橋邦幸 (MONACA)
アニメーション制作:C2C

出演声優

サンラク/陽務楽郎:内田雄馬
サイガ-0/斎賀 玲: 和氣あず未
アーサー・ペンシルゴン/天音永遠: #日笠陽子
オイカッツォ/魚臣 慧: 小市眞琴
エムル: 日高里菜
ヴァイスアッシュ: 大塚明夫
サイガ-100: 花守ゆみり
Animalia: 千本木彩花
オルスロット: 山下誠一郎

公式ホームページ:https://anime.shangrilafrontier.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています