経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。 第11話 感想

 

 

2023年秋アニメ 経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。(キミゼロ) 第11話「経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お別れする話。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


妹・マリアとの三角関係で次第に距離が離れていくルナとリュート。

遂にルナはリュートに別れ話を切り出してきて!?。

実の妹と彼氏のどちらを選ぶ?という難題に心を迷わせるルナの姿が絵描かれた今回のキミゼロ。

エキセントリックなルナの「地雷」が爆発した結果と言えばそれまでなのですが(笑)、だからこそ順序立てて姉妹の関係性を作り始める結末には納得するばかり。

そして、次週の最終回では、順序立てた男女交際の段を踏んだリュートとルナが遂に!?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キミゼロ 第11話 「経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お別れする話。」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
イッチーはアカリにフラれて引きこもり、ニッシーはニコルに片思い。
ニコルは関家と再会できて付き合いはじめたかに見えたが、うまくいっていない。
……それぞれの恋愛模様が揺れる中、リュートとルナの関係性は、表面上穏やかでもお互いの心が見えず、ぎこちないままだった。
そしてとうとう、ルナはある決意をする……。

 

この作品の視聴はコチラから


キミゼロ 第11話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ 経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。(キミゼロ) 第10話「経験済みなキミと、経験…


再び付き合い始めた笑琉ニコルと関谷でしたが、『受験勉強に集中したい』という理由で破局を迎えることに。

「こちらから連絡は一切取らないから、俺のことは忘れくれていい」と、一方的に別れを切り出した関谷の行動を龍斗(リュート)はまったく理解できません。

そんなとき、偶然帰りが海愛(マリア)と一緒になったリュートは、「俺たち、きっとふたりで話さない方がいい」とルナ気持ちを考え距離を置くことをマリアに提案します。

今でもリュートの事が好きなマリアですが、「このままでは、妹の自分のことを思うルナがリュートを手放してしまう」と姉を幸せを優先したいとリュートの意見に賛成し、「初めての恋は君にあげたんだ」と言うリュートのときめきめいた気持ちを嬉しく受け取ったのでした。

しかし、そのやり取りの直後に痴漢に遭ってしまうマリア。

その悲鳴は、たまたまリュートと通話していたマリアの耳に入ってしまうことになり・・・!。

 

 

《経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。》原作コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在


妹のマリアと仲良くしたい!というルナの思いは、案じていた通りリュートを中心にした三角関係を形成。

しかし、それは存在する事のない「見えない三角関係」であり、相手のいない嫉妬を膨らませるルナは自分の事が嫌になりリュートへ別れを切り出すことになるのでした。

「だから言わんこっちゃない」と思いながら観ていた今回のキミゼロでしたが、マリアのことには答えを出せないままであるものの「お互い別れたくない」という気持ちは一緒の二人。

より、二人の愛情を確かめることになったのでありました。

 

正直言って、犬も食わない何とやらの展開と結末に「どうでもいいわ!」となってしまった私でしたが(笑)、そんな言葉が当てはまるほどリアルな恋愛模様を描いていたエピソードとも言えるのかもしれません。

普通のラブコメだと男女が付き合うまでの過程がお話しの筋なので、破局の危機が描かれること何てことはまず無いのですよね。

目新しい展開であり、離れつつある二人の心を丁寧に描き先が気になるものではありましたが・・・一般的な視聴者がどんな事を思いながら観たのか気になるところ。

そして、男女でその意見が大きく分かれるような気もしますね。

 

 

 

「仲良くなる」という前に姉妹の関係性をクラスの皆に公言し、姉としての思いをマリアへ伝えるルナ。

かくして、心を遠く離れさせていた姉妹が堅く抱きしめ合うラストとなったのでありました。

さて、オタクがいきなり世界が違うギャルと付き合ってみたら・・・という、古典な書き出しで始まったこの作品も次週で最終回。

 

 

 

・・・・遂にヤルのかい。

「ヤったらそこで試合終了ですよ」と囁く、私の心の中の安西先生(笑)。

普通だと何だかんだあった後に「俺たたエンド」でお茶を濁すのがラブコメとしての正解の一つではあるのですが・・・・果たして今作は?。

テンプレから大きく外れている作品だけに、どんな最後となるのか楽しみなところであります。

 

 

 


 

 

 

 

 





キミゼロ グッズ・商品紹介

原作・コミック



OP主題歌


ブルーレイ


キミゼロ 放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:10月6日より 毎週金曜 25:35~
BS11:10月6日より 毎週金曜 27:00~
サンテレビ:10月7日より 毎週土曜 25:30~
KBS京都:10月7日より 毎週土曜 25:30~
AT-X:10月6日より 毎週金曜 22:30~ リピート放送:毎週火曜 10:30~11:00 毎週木曜 16:30~17:00

配信サービス

地上波先行配信:10月6日(金)23時00分~

dアニメストア
Lemino

一般配信:10月9日(月)23時00分より順次配信

U-NEXT
アニメ放題
ABEMA
AnimeFesta
DMM TV
FOD
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
milplus見放題パックプライム
Prime Video
TELASA
スマートパスプレミアム
ニコニコ
バンダイチャンネル
HAPPY!動画
クランクイン!ビデオ
ムービーフルPlus

キミゼロ スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:長岡 マキ子『経験済みなキミと、経験ゼロなオレが、お付き合いする話。』(ファンタジア文庫刊)
キャラクター原案:magako
監督:大庭 秀昭
シリーズ構成:福田 裕子
キャラクターデザイン:伊藤 陽祐
美術監督・美術設定:宮田 遥可
色彩設計:山上 愛子
撮影監督:板倉 あゆみ・山本 雄介
オフライン編集:小口 理菜
音響監督:高寺 たけし
音響効果:風間 結花
音楽:羽岡 佳
音楽制作:ポニーキャニオン
音響制作:グロービジョン
アニメーション制作:ENGI
製作:キミゼロ製作委員会

出演声優

加島龍斗…花江夏樹
白河月愛…大西沙織
黒瀬海愛…古賀 葵
山名 笑琉…福原綾香
谷北 朱璃…楠木ともり
伊地知 祐輔…落合福嗣
仁志名 蓮…阪口大助
関家柊吾…前野智昭
KEN…KUN

公式ホームページ:https://kimizero.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています