星屑テレパス 第6話 感想

 

2023年秋アニメ 星屑テレパス 第6話「乾杯イニシエーション」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


部活動として承認されなかったロケット製作でしたが、海果の「やりたい!」の一言で同好会として活動をスタートすることに。

そして後日、ロケット打ち上げのイベントで海果たちは以前出会った秋月彗(あきづきけい)と再会することになり・・!。

ロケット製作という「自分の居場所」を見つけた海果が、ロケットそのものの魅力にとりつかれる事となる今回のエピソード。

海果から憧れの視線を送られる彗へ対抗意識を燃やす瞬の姿に、熱く尊い『百合の鼓動』を感じずにはいられないのでありました(ニッコリ)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第6話 「乾杯イニシエーション」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
今日からロケット研究部の部長だと、張り切る海果。
ワクワクで部の申請結果を待つ海果、ユウ、遥乃、瞬。
だが笑原先生からの報告は「部ではなく同好会なら許可できる」というもので、部費はゼロ、顧問は笑原だと。
ガックリする瞬を海果が励ます。
そんな海果の成長が嬉しい一同。
さっそく秘密基地で、同好会結成を祝うことに。
そして活動開始。瞬によるモデルロケットの制作指導。
さらにはモデルロケットフェスの見物。
そこで海果が出会ったのは……。

この作品の視聴はコチラから


第6話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ 星屑テレパス 第5話「無限ドリーマー」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…


海果たちのロケット制作は、部活動の承認が下りず同行会の扱いに。

活動費も出ないことが分かり担任教師の笑原に不満たらたらで詰め寄る瞬は「解散!」を叫ぶのでしたが、「私はやってみたい!」という海果の言葉で同好会として4人はロケット製作をスタートするのでした。

部室の使用も認められなかったので灯台の地下室を拠点として使うことにし、海果たちは瞬の指導のもと火薬を使って打ち上げを行うより本格的な『モデルロケット』の制作に入ります。

完成したロケットを持っていざ打ち上げに入ろうとしたら・・・、天候不良のため打ち上げは中止。

そして後日、笑原の引率でモデルロケットの打ち上げイベントにやって来た海果たちは、以前ペットボトルロケットの部品を集めているときに出会った少女に再会します。

少女は竜岡科学技術高校2年生の「秋月彗(あきづきけい)」。

彼女は今回のイベントの主催者で、海果は彗と仲間たちが作ったロケットの打ち上げの光景に心を奪われてしまい・・・!。

 

 

 

 

《星屑テレパス》原作コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在

 


今話の注目ポイント

ロケット製作という「自分の居場所」を見つけた海果が、彗による打ち上げを見たことからよりロケットそのものの魅力にとりつかれる事となった今回のお話し。

ユウを宇宙に帰す手段であった「ロケット」ですが、それとは別に天高く上昇する彗のロケットを見た海果は言葉に出来ない感動を覚えることに。

 

その彗に海果が憧れの眼差しを送っているのに気が付いて・・・かどうかは分かりませんが(笑)、モデルロケット選手権での勝負を挑む瞬。

一般的な「きらら系」にはない展開が熱く、しかも百合の『尊さ』を感じてしまうのは今作ならではと言ったところでしょうか。

「私たちも・・・あんなふうに格好よく出来るかな?」と呟く海果に、心を結束する瞬ら同好会の三人。

さて、大会で実績を残し、同好会は部へと昇格出来るのか?。

次週のお話しとその展開が楽しみであります。

 

ただ、ユウを宇宙に帰すという当初の目的から、海果と瞬の二人が離れていく流れはちょっと気になります。

というか瞬はユウが宇宙人であることは知らないし信じもしないはずなので、その行動の原動力は独りぼっちだった自分に寄り添ってくれた海果にしかないと思うのですよね。

更に言うと、ユウが「本当に宇宙人なのか?」という疑問点もあるのですが・・・、ここは部長の海果の求心力の見せどころとなりそう。

逆に言うと、海果次第では技術面の牽引者である瞬がサークルクラッシャーとなってしまう恐れも!?(ヒエッ)。

 

 

 

 


星屑テレパス グッズ・商品紹介

原作コミック

星屑テレパス 1巻 (まんがタイムKRコミックス)


OP/ED主題歌



ブルーレイ


星屑テレパス 放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:10/9(月)より毎週月曜22:00~
BS日テレ:10/9(月)より毎週月曜24:00~
サンテレビ:10/9(月)より毎週月曜23:30~
静岡放送:10/14(土)より毎週土曜26:13~ ※静岡放送での10/14(土)の放送は26:58~27:28を予定しております。
AT-X:10/9(月)より毎週月曜21:00~(リピート放送:毎週水曜9:00~/毎週金曜15:00~)

配信サービス

FODにて、10月9日(月)21時30分より独占配信

星屑テレパス スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:大熊らすこ「まんがタイムきらら」連載(芳文社刊)
監督:かおり
シリーズ構成:高橋ナツコ/かおり
キャラクターデザイン/総作画監督:酒井孝裕
美術監督:根岸大輔(スタジオちゅーりっぷ)
美術設定:滝口勝久(スタジオちゅーりっぷ)
色彩設計:歌川律子
3D監督:薄井俊作(EGG OF MIGRANT)
撮影監督:千葉大輔(Folium)
編集:武宮むつみ
音響監督:納谷僚介
音楽:sakai asuka
オープニング主題歌:「点と線」伊藤美来
エンディング主題歌:「天体図」サンドリオン
制作スタジオ:studio五組

出演声優

小ノ星海果:船戸ゆり絵
明内ユウ:深川芹亜
宝木遥乃:永牟田萌
雷門瞬:青木志貴
笑原先生:高森奈津美
小ノ星穂波:羊宮妃那

公式ホームページ:https://hoshitele-anime.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています