葬送のフリーレン 第14話 感想

 

2023年秋アニメ 葬送のフリーレン 第14話「若者の特権」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介


自分の誕生日プレゼントをシュタルクが用意していなかったことに腹を立てるフェルン。

喧嘩となった二人を見たザインが、フェルンに促した言葉とは・・・?。

「若者の特権は『大人の距離間』が分からないこと」、と言うスマートなザインの言葉が印象に残った今回のフリーレン。

「想いってのは、言葉にしないと伝わらないんだぜ」という文字に書き起こすと当たり前のセリフも、細やかな描写が重ねられると意味深くカッコイイものとなる事に。

そして、フリーレンが今になってヒンメルの気持ちを知る最後のシーンに、「まさにそう!」と納得してしまう私なのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

葬送のフリーレン 第14話 「若者の特権」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
僧侶ザインが仲間になり、ラート地方を訪れたある日、フェルンとシュタルクが喧嘩をしていた。
聞くと、シュタルクがフェルンの誕生日に何も用意してなかったことが原因だという。
ザインはふたりの仲直りをさせようとアドバイスを送る。
そんなザインにフリーレンが言葉をかけて…。

 

この作品の視聴はコチラから


 

葬送のフリーレン 第14話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ 葬送のフリーレン 第13話「同族嫌悪」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…


自分の誕生日にシュタルクがプレゼントを用意していなかった事に腹を立てるフェルン。

しかし、言い過ぎのフェルンに、最後はシュタルクが逆にキレてしまうことに。

二人の喧嘩を知ったザインは、「同年代の男性への接し方が分からないだけ」とフェルンの気持ちを理解しながら、シュタルクも同じだと仲直りするようフェルンを促すのでした。

謝ってきたフェルンに「一緒に選びたかったが、嫌がられると思った」と声をかけられなかった事を吐露するシュタルク。

かくして、シュタルクよりブレスレットをプレゼントされたフェルンでしたが、奇しくもそれは過去にフリーレンがヒンメルから貰った指輪と同じ意匠のもので・・・。

 

 

 

《葬送のフリーレン》 コミック最新巻はこちら ※2023年12月現在


プレゼントにまつわるエピソード二編が描かれた今回のフリーレン。

そこで描かれたのは「他人との距離感」で、新しく仲間になったザインが大人として上手い距離の取り方をレクチャーするのでありました。

 

 

 

 

ザインが露店でフェルンのプレゼントを選ぶシーンが絶妙でしたね。

「好きなのを買っていいぞ」と言うザインでしたが、「いいえ、結構です」と返すフェルン。

ならば、勝手に選ぶぞと陳列されている商品を手に取ってみるザイン。

しかし、ザインは会話を交わしながらもフェルンの好みをそれとなく探っていて、おそらくは彼女の欲しいと思うポーチを選び当てることに。

ザインは「勝手に選ぶ」と言いながら、実はフェルンと一緒にプレゼントを選んでいたのでありました。

ポーチを贈り、「シュタルクに謝って、一緒にプレゼントを選んでこい」とフェルンを促すザインが実に大人なのであります。

 

 

「想いってのは、言葉にしないと伝わらないんだぜ」とカッコいい背中を見せ、この場を去っていくザイン。

当たり前すぎるザインのセリフも、細やかな描写の積み重ねで説得力のあるものになっているのが実に素晴らしい!の一言なのでありました。

 

 

そして、視聴者の誰しもが印象に残ったであろう、フリーレンがヒンメルに贈られた「失くし物の指輪」の意味を知るシーンが善いですね。

その指輪の意匠は「鏡蓮華」で、花言葉は久遠の愛情。

恋人に贈るものとして拵えられた指輪の意味を知り、サッと自分の前にまわり指輪をはめてくれたヒンメルの表情を思い返すフリーレン。

それは、より深い好意の情を表したものであったのですが・・・・。

残念ながら「想いってのは、言葉にしないと伝わらないんだぜ」というザインの言葉どおりに、死後29年たった今更にその時のシュタルクの心を知ったフリーレンなのでありました。

まあ、でも・・・冷静に考えれば、いくら何でもフリーレンも察しが悪すぎますけどね(笑)。

 

 

毎回のことながら「見応え」がありまくりで嬉しいですね!。

スマートなザインと違って、明らかにフェルンの顔色を覗いながらプレゼントを選ぶシュタルクに爆笑してしまったりと、面白おかしくありながら心に染みるお話しの最後の締め方は絶妙であります。

シュタルクもヒンメルのよう、フェルンに自分の気持ちを伝えられないまま終わってしまうのか?。

ということで、次回のお話しが楽しみであります。

 

 

 

 



 

葬送のフリーレン グッズ商品情報

原作コミック


オープニングテーマ


エンディングテーマ


ブルーレイ


 

 

葬送のフリーレン 放送・配信情報

放送局

2023年 9月29日(金)よる9時日本テレビ系【金曜ロードショー】にて「初回2時間スペシャル ~旅立ちの章~」放送

※テレビ大分では、9月29日(金)24時40分から放送

以降 10月6日(金) より 毎週金曜よる11時「FRIDAY ANIME NIGHT (フラアニ) 」にて放送 日本テレビ系全国30局ネット

配信サービス

9月30日(土)午前0時 初回スペシャルエピソード順次配信
以降、毎週土曜午前0時 最新話順次配信

ABEMAプレミアム
Amazon Prime Video
dアニメストア
Disney+
(ディズニープラス)
DMM TV
FOD
Hulu
J:COMオンデマンド
milplus
NETFLIX
TELASA
TELASA(auスマートパスプレミアム)
U-NEXT
WOWOWオンデマンド
アニメ放題
バンダイチャンネル

葬送のフリーレン スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)
監督:斎藤圭一郎
シリーズ構成:鈴木智尋
キャラクターデザイン・総作画監督:長澤礼子
コンセプトアート:吉岡誠子
魔物デザイン:原科大樹
アクションディレクター:岩澤亨
デザインワークス:簑島綾香/山﨑絵美/とだま。/長坂慶太/亀澤蘭/松村佳子/高瀬丸
美術監督:高木佐和子
美術設定:杉山晋史
色彩設計:大野春恵
3DCGディレクター:廣住茂徳
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音響監督:はたしょう二
音楽:Evan Call
オープニングテーマ:「勇者」YOASOBI
エンディングテーマ:「Anytime Anywhere」milet
アニメーション制作:マッドハウス

出演声優

フリーレン:種﨑敦美
フェルン:市ノ瀬加那
シュタルク:小林千晃
ヒンメル:岡本信彦
ハイター:東地宏樹
アイゼン:上田燿司

公式ホームページ:https://frieren-anime.jp/

     



 
アニメの感想ブログ 《Hi.アニ!》(はいあに)
Hi.アニ!は放送中のアニメの感想や考察 そしてグッズ商品・配信放送情報などを 紹介しているサイトです。
Hi.Ani! is a site that introduces impressions and thoughts on currently airing anime, as well as merchandise and distribution broadcast information.
レビュー記事は現在2000件を越え更に更新中
twitterでも情報をツイートしています
twitter ➩ @hivicon0211
Threads ➩ https://www.threads.net/@hiani0706

●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
記載されている商品・配信サービス情報等は記事作成時のものとなります