ダークギャザリング 第17話 感想

 

 

2023年秋アニメ ダークギャザリング 第17話「受胎告知の家」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


周囲から「受胎告知の家」と呼ばれる呪われた古民家へ、内見のため足を踏み入れる夜宵と詠子。

その家の中で、娘の霊が「天使様」と呼ぶ胎児の化け物に二人は襲われることに!!。

詠子がこれまでにない呪いに、真の恐怖を感じ絶叫することになる今回のダークギャザリング。

生理的な嫌悪感から生まれる恐怖に震えあがること間違いなし!の名エピソードとなっていました。

《警告!》以降の内容にはショッキングなものが含まれています。心に現在不安を感じている方は閲覧をご遠慮ください

 

 

 

 

 

 

 

 第17話 「受胎告知の家」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
呪物や卒業生の保管場所として、曰く付きの格安一軒家を買う事にした詠子と夜宵。
早速、内見へと向かった家は『妊娠の呪い』をかける悪霊の棲家で…。
詠子の身に、魔の手が迫る。

 

この作品の視聴はコチラから


第17話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ ダークギャザリング 第16話「物件」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…


覚悟を決め「受胎告知の家」と噂されている古民家へ、内見のために足を踏み入れようとする夜宵と詠子。

ここは、かつて大量殺人が行われた現場で、事件後に捜査に訪れた女性警官が覚えのない妊娠をした後、巨大な頭部の赤ん坊に腹を突き破られ絶命する事があったという曰くつきの場所。

「殺された霊が、赤ん坊となって生まれ変わろうとしているのでは?」近所の人が噂する家へ、夜宵と詠子は女二人で入ろうとするのですが・・。

と、いきなり二人を追い越して家の中に入っていく浮遊霊。

家の中では父娘の霊が立っており、夜宵と詠子にも「おいで」と手招きを。

そこで夜宵たちが見たのは、生前に行ったのと同じ手口で招いた浮遊霊を殺そうとする父娘の霊の姿!。

最後に娘が「天使様」と呼ぶ、巨大な頭部を持つ醜い胎児に浮遊霊は食い殺されてしまうのでした。

”天使様”と呼ばれる化け物の正体を探るべく、二階にある部屋に入った夜宵たちは骸骨となった母子を祭った祭壇を見つけます。

その時に娘の霊の呼びかけで現れた”天使様”に、襲われた夜宵たちは逃げる途中でこの家で起こった過去の事件のイメージを見せられることに。

不慮の事故で母を亡くして苦しんでいる娘の前に現れ、「望むなら秘密の儀式を教えてあげよう。そうすれば君を”天使様”が救ってくれる・・・」と語りかける車いすに座った老人。

その言葉にすがり、言われた通りに父と性交した娘は妊娠して赤ん坊を出産。

赤ん坊の亡骸は依り代となり、大量殺人で死んだ人の霊を喰らうことで今の”天使様”となった・・・、見せられた過去のイメージから夜宵はそう結論付けるのでした。

”天使様”を何とか撃退し、ホッと一息つく夜宵たちでしたが倒したはずの”天使様”がまた現れ詠子の体内に侵入!。

詠子はお腹に”天使様”を宿らせる「妊娠の呪い」を受けてしまい・・・!!。

 

 

ダークギャザリング 原作最新巻はコチラ ※2023年10月現在


今話の注目ポイント

詠子が処女(?)なのに醜い化け物を胎内に宿してしまうという、女性であれば生理的な嫌悪感を抱くこと間違いなしの展開となった今回のダークギャザリング。

この家の父娘は、”天使様”を産めば苦しみから救われると謎の老人から唆されて大量殺人を行い、死後もその儀式を永遠と行っていたのでありました。

 

 

 

詠子が受けた「妊娠の呪い」を解くためには、儀式で生まれた三人の”天使様”を殺すしかない。

二人は既に処分済なので、残りの一人を殺すため再び家に入った二人でしたが、娘の霊に幻覚のイメージを見せられ離ればなれにされ詠子は逃げ場のない井戸に突き落とされることに!。

「ママぁ!」と産んでもらう気満々で迫ってくる胎児の化け物に、恐怖で叫ぶしかない詠子ですが・・・!?。

ということで、今週は感想というより「全文ネタばれ」となってしまい申し訳ございません(汗)。

ひとつだけ考察させて頂くとしたら、お腹に浮かび上がっている模様(?)が意味するのは「666」の数字。

この胎児の化け物が天使ではないことは言うまでもありませんが、この数字は『悪魔の子』である印(しるし)なのであります。

 

 


 

ところで、今話で娘に”天使様”の誕生儀式で救われると吹き込んでいた老人は、H城址のエピソードの時に呪物を設置していた南光坊(なんこうぼう)と同一人物という理解でいいのでしょうか。

その時のエピソードでも善霊であったH城址の霊を悪霊化させていたのですが、その目的は?。

ということで次週の放送とその展開が楽しみであります。

 

 

 

悪魔の子を宿すという精神的に大きなショックを受けているであろう詠子が、状況を伏せて蛍多朗に電話をかけるシーンが印象的でした。

死んでこれが最後の会話になるのかもしれないのに、気丈に笑顔をふりまく詠子。

別れの言葉ではなく、次に会う約束を告げ会話を終える詠子の姿には、蛍多朗への思いの強さを感じずにはいられないのでした。

 

 

 

 

 

ねんどろいど ダークギャザリング 寳月夜宵 ノンスケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

 



ダークギャザリング グッズ情報

原作コミック


ブルーレイ


主題歌エンディング


 

放送局・配信情報

TOKYO MX: 毎週日曜25:05〜
BS朝日: 毎週日曜25:30〜
関西テレビ: 毎週日曜26:29〜
テレビ金沢: 毎週水曜26:07〜
山形テレビ:8月2日(水) 毎週水曜26:45〜
琉球朝日放送:8月3日(木) 毎週木曜25:20〜

配信

先行配信:Prime Video 7月9日 26:00~

一般配信
ABEMA
auスマートパスプレミアム
バンダイチャンネル
dアニメストア
Disney+
DMM TV
FOD
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Lemino
ニコニコ動画
TELASA
U-NEXT

スタッフ・キャスト声優情報

STAFF

原作:近藤憲一(集英社『ジャンプSQ.』連載)
監督:博史池畠(『群れなせ!シートン学園』『キラッとプリ☆チャン』)
シリーズ構成:村越繁
美術監督:長田泰治郎
撮影監督:安藤優穂
3Dディレクター:上薗隆浩
色彩設計:歌川律子
音響監督:吉田光平
音楽:KOHTA YAMAMOTO 成田旬 瀬尾祐介(Starving Trancer / Xceon)
制作スタジオ:OLM(『ポケモン』シリーズ、『ベイブレードバースト』シリーズ)

CAST

寶月夜宵:篠原侑
幻燈河螢多朗:島﨑信長
寶月詠子:花澤香菜
神代愛依:川口莉奈

公式ホームページ:https://darkgathering.jp/

 

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています