ダークギャザリング 第16話 感想

旧FFトンネルから命からがら生還した詠子は、これからも心霊体験に首を突っ込めるのか?と心を揺らすことに。

その迷いの答えを見つけるため、夜宵と一緒に関東屈指の「ある心霊スポット」に向かったのですが・・・。

なぜ詠子は恐怖に向き合うのか?その理由が描かれていた今回のダークギャザリング。

詠子は恐怖を愛しているのではなく、純粋の好奇心と探求心を満たすために心霊に関わってきたのでありました。

しかし・・・いつもの詠子の二段オチに大いに震えあがることになるのでした!(ヒエッ)。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

2023年秋アニメ ダークギャザリング 第16話「物件」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


《警告!》以降の内容にはショッキングなものが含まれています。心に現在不安を感じている方は閲覧をご遠慮ください

 

 

 

 

 

 

 

 第16話 「物件」  【ストーリー】

あらすじ
『旧旧Fトンネル』で霊を捕縛するも螢多朗は衰弱。
詠子は恐怖に慄き自分を見失っていた。
そんな詠子は夜宵を連れ『平将門の首塚』へ。
そこで語られた詠子の本音に夜宵は共感を覚えるのだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作品の視聴はコチラから


第16話 感想

関連記事

Hi.アニ!

残忍な旧FFトンネルの霊を倒すため、夜宵は人形に封じていた卒業生の『殉国禁獄鬼軍曹(じゅんこくきんごくおにぐんそう)』を…


旧FFトンネルから命懸けで帰還し、蛍多朗や夜宵がどんなに怖い思いで「お化け集め」をしていたのか改めて知った詠子。

怖いものが好きな自分だが、これからも二人と行動を共にすると考えると体が震える・・・。

迷う自分の心に答えを出そうと詠子が向かったのは、大手町にある関東屈指の心霊スポット『平将門の首塚』。

霊感のない詠子でもわかる怖い場所。

ここに来たことで、恐怖よりも好奇心と探究心が遥かに勝っていることを、詠子は自身の胸の高鳴りで自覚するのでありました。

かくして、「これからも心霊スポット探索をしよう」と夜宵に告げる詠子。

そして、H城址で収集した『呪物』の保管場所に心当たりがあるという詠子は、夜宵に「家を買おう!」と言い出すのでしたが・・・?。

 

 

ダークギャザリング 原作最新巻はコチラ ※2023年10月現在


今話の注目ポイント①

これまでは、恐怖体験に恍惚とした表情でそれを楽しんでいた詠子ですが、死と隣り合わせのSランク心霊スポット探索を経験したことで、自分の気持ちが揺らぐ様が描かれていた今回のお話し。

旧FFトンネルの霊に殺されかけたのはもちろんのこと、短い時間ではあったものの友情が芽生えたと思い込んでいた杏奈(の幽霊)から、激しい恨みの感情をぶつけられれば心が臆してしまうのは仕方のないこと。

 

 

『平将門の首塚』という恐怖の象徴を前に胸を高鳴らせる詠子が「これが・・・、私なんだ」と笑う場面が印象的。

これまでは、詠子のことを「恐怖中毒者(ジャンキー)」みたいに思っていたのですが、自分が恐怖に向き合う気持ちを夜宵に明かし、キラキラとした表情を見せる詠子に強いヒロイン力を感じさせられてしまった。

先にも書いたよう、詠子は極限の恐怖で脳内麻薬を発生させる快楽者ではなく、未知なるものを求める探究者なのでありました。

そして今回の体験をデータとしてまとめ、次の探索に活かそうとするのですが・・・。

 

 

 

 

 

自分の身代わりとなる『形代の人形』が、その素材によって修復力が高まることに着目した詠子は、ゲル状の素材で人形を作成し検証することを思いつきます。

その中に、杏奈の霊を封印した紙人形を入れ『無限修復人形』と名付ける詠子。

恐怖に震える安奈に、「手伝ってくれるよね?、安奈。私たちずーーーっと友達だよ」と語りかけるのでした。

あまりにも怖すぎる二段オチに思わず「ゾッ!」。

「これが・・・私なんだ」とでも言うように、本当の姿を晒す詠子。

ヒエッ!と震えあがりながらも、「やっぱり詠子はこうでなくちゃね!」と最後はニッコリしてしまった私なのでした(笑)。

今話の注目ポイント②

ということで、詠子へのイメージは改められないままお話しは次の恐怖体験へ!。

ただし、Sランク心霊スポットを探索してのお化け集めではなく、H城址で見つけた「ミイラの手」の呪物や卒業生を保管する家を買う為に「曰くあり過ぎ」な空き家へと夜宵と詠子は足を踏み入れることになるのでありました。

 

 

その空き家は大量殺人の現場であるばかりか、捜査に参加した女性警官が突然妊娠し、異様に頭の大きい赤ん坊を生んだ後で双方が死亡したという、女性としては恐怖を通り越してもはや嫌すぎる逸話を残していたのでした。

大量殺人の被害者が生まれ変わろうと妊娠の呪いをかけていると噂されたことから、「受胎告知の家」と呼ばれているこの空き家。

しかし、「霊がいるなら捕まえればいい!」と強気に内見を始める二人なのでした(笑)。

ということで次回のお話しが楽しみ!。

果たしてこの空き家は『卒業生ハウス』として、ビフォーアフターできるのでありましようか?。

 

 

 

 

 

 

 

ねんどろいど ダークギャザリング 寳月夜宵 ノンスケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

 



ダークギャザリング グッズ情報

原作コミック


ブルーレイ


主題歌エンディング


 

放送局・配信情報

TOKYO MX: 毎週日曜25:05〜
BS朝日: 毎週日曜25:30〜
関西テレビ: 毎週日曜26:29〜
テレビ金沢: 毎週水曜26:07〜
山形テレビ:8月2日(水) 毎週水曜26:45〜
琉球朝日放送:8月3日(木) 毎週木曜25:20〜

配信

先行配信:Prime Video 7月9日 26:00~

一般配信
ABEMA
auスマートパスプレミアム
バンダイチャンネル
dアニメストア
Disney+
DMM TV
FOD
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Lemino
ニコニコ動画
TELASA
U-NEXT

 


スタッフ・キャスト声優情報

STAFF

原作:近藤憲一(集英社『ジャンプSQ.』連載)
監督:博史池畠(『群れなせ!シートン学園』『キラッとプリ☆チャン』)
シリーズ構成:村越繁
美術監督:長田泰治郎
撮影監督:安藤優穂
3Dディレクター:上薗隆浩
色彩設計:歌川律子
音響監督:吉田光平
音楽:KOHTA YAMAMOTO 成田旬 瀬尾祐介(Starving Trancer / Xceon)
制作スタジオ:OLM(『ポケモン』シリーズ、『ベイブレードバースト』シリーズ)

CAST

寶月夜宵:篠原侑
幻燈河螢多朗:島﨑信長
寶月詠子:花澤香菜
神代愛依:川口莉奈

公式ホームページ:https://darkgathering.jp/