ダークギャザリング 第14話 感想

 

2023年秋アニメ ダークギャザリング 第14話「旧Fトンネル」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


蛍多朗の霊感で三本あるトンネルの内の「旧Fトンネル」をメインに探索することを決める夜宵。

その入り口でいつの間にか一人になってしまった詠子の前に、動画撮影をしている少女・三崎杏奈が現れて・・・。

「殺したのはお前だ!」の逆バージョンとなったオチに心底震えあがることになったダークギャザリングの第14話。

しかも、そこが頂点ではなく「トンネルの霊」同士によるまさに『貞子vs伽椰子』となった展開には、熱く拳を握りしめる私なのでありました(笑)。

《警告!》以降の内容にはショッキングなものが含まれています。心に現在不安を感じている方は閲覧をご遠慮ください

 

 

 

 

 

 

 

 第14話 「旧Fトンネル」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第14話あらすじ
卒業生を無事回収し、いよいよ危険度ランクSの心霊スポット『旧Fトンネル』へ。
そこに棲みついていたのは、大量殺人を繰り返す悪霊だった。
きゅ夜宵と螢多朗は、囚われた詠子の救出に向かうが…。

この作品の視聴はコチラから


第14話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ ダークギャザリング 第13話「出獄」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】…


Sランク心霊スポット・旧Fトンネルに到着した螢多朗たち3人。

トンネルは新Fトンネルと旧Fトンネルそして現在は封鎖されている旧旧Fトンネルの3本に別れており、その中でも重く渦巻く空気を感じるという螢多朗の霊感から探索のメインを旧Fトンネルに絞ることに。

その入り口まで来た時に、詠子はネットの心霊体験の噂に書かれていた「あるはずのないカーブミラー」があることに気付きます。

「カーブミラーは元々なかったのか?」。

見比べて確かめるためネットに上げられたトンネル入り口の写真を探しますが、スマホの画面を見つめていた短い時間の間に詠子の目の前から消える夜宵と蛍多朗の姿。

その替わりにトンネルの中から現れたのは動画撮影をしているという三崎安奈と出会います。

トンネルにまつわる『猟奇殺人鬼の霊の噂』を杏奈から聞きながら進んで行くと、詠子が辿り着いたのはトンネルの入り口。

そして、そこに落ちていたのは「大きいたらこ」状の何か。

進んでいくと入口に戻り、そして何か分からないものが地面にあるという事を何回も繰り返す詠子たち。

そのうちに途中まで話しかけていた猟奇殺人鬼の霊の話しを再び始める安奈。

「その霊に襲われると、逃げられないように四肢を切りおとされ、内臓を引き出され地面に並べられる。そして生きたまま顔の皮をはぎ取られた後、自分の目の前で霊はその皮を被って・・・」。

その話は悪霊に殺された安奈自身の体験談!。

顔の皮を剥がされバラバラの肉塊の姿を現した安奈の霊に驚き恐怖する詠子の前に、安奈を殺したFトンネルの殺人鬼霊が現れて!!。

 

ダークギャザリング 原作最新巻はコチラ ※2023年10月現在


今話の注目ポイント①

心霊好きということで意気投合した同好の士は、実は悪霊に殺された被害者だった!。

どんな怪談にも劣る事のない強烈なオチに震えあがってしまった今回のお話し。

そして、そこがピークではなく詠子の身代わりとして縫いぐるみに封じられた『Sトンネルの霊』が発現し、トンネルの霊どうしの激しい闘いが始まるという熱い盛り上がりをみせるのでした!。

このまま死んでたまるものか!と猛然と殺人鬼の悪霊に挑みかかるSトンネルの霊に「いてまえぇー」と画面の前で思わず拳を握る私(笑)。

 

 


まさに『貞子 vs 伽椰子』を彷彿とさせる好カードで、Sトンネルの霊はかなりいい線まで健闘するかと思っていたのですが、割とあっさり敗退。

夜宵と蛍多朗の眼に前で、詠子は閉鎖された旧旧Fトンネルの奥へと連れ去られたのでありました。

今話の注目ポイント②

詠子を助けようと駆けつけた夜宵と蛍多朗に、手招きして誘うFトンネルの悪霊。

詠子を助けるためにお化け集めという目的を放棄せざるを得なくなった夜宵と蛍多朗でしたが、予想される闘いはあまりにも不利。

旧旧Fトンネルは老朽化のため中で暴れる崩れる可能性があり、強力な力を持つ「卒業生」を解放することが出来ない。

まずは詠子を何とか取り戻し、トンネル外へと悪霊を誘い出すしかない。

しかし、悪霊に殺された安奈やその友人は、自分たちと同じ目にあわそうと夜宵たちをトンネルから出さないはずで・・・ヒエッ!。

 

 

ということで次回の放送が楽しみ!!。

ところで、今話のキャスティングが三崎安奈が「田村ゆかり」さんで、旧旧Fトンネルの霊が「松岡禎丞」さんという豪華かつイメージぴったりのものとなっていました。

特に田村ゆかりさんについては、そのお声を聞いただけでゾクッとしてしまう私。

あの「エロティックに響く低音ボイス」を聞くと、心は「ひぐらしのなく頃に」の雛見沢村へと羽ばたいてしまうのでした(笑)。

 


ねんどろいど ダークギャザリング 寳月夜宵 ノンスケール プラスチック製 塗装済み可動フィギュア

 




ダークギャザリング グッズ情報

原作コミック


ブルーレイ


主題歌エンディング


放送局・配信情報

TOKYO MX: 毎週日曜25:05〜
BS朝日: 毎週日曜25:30〜
関西テレビ: 毎週日曜26:29〜
テレビ金沢: 毎週水曜26:07〜
山形テレビ:8月2日(水) 毎週水曜26:45〜
琉球朝日放送:8月3日(木) 毎週木曜25:20〜

配信

先行配信:Prime Video 7月9日 26:00~

一般配信
ABEMA
auスマートパスプレミアム
バンダイチャンネル
dアニメストア
Disney+
DMM TV
FOD
Hulu
J:COMオンデマンドメガパック
milplus
Lemino
ニコニコ動画
TELASA
U-NEXT

 


スタッフ・キャスト声優情報

STAFF

原作:近藤憲一(集英社『ジャンプSQ.』連載)
監督:博史池畠(『群れなせ!シートン学園』『キラッとプリ☆チャン』)
シリーズ構成:村越繁
美術監督:長田泰治郎
撮影監督:安藤優穂
3Dディレクター:上薗隆浩
色彩設計:歌川律子
音響監督:吉田光平
音楽:KOHTA YAMAMOTO 成田旬 瀬尾祐介(Starving Trancer / Xceon)
制作スタジオ:OLM(『ポケモン』シリーズ、『ベイブレードバースト』シリーズ)

CAST

寶月夜宵:篠原侑
幻燈河螢多朗:島﨑信長
寶月詠子:花澤香菜
神代愛依:川口莉奈

公式ホームページ:https://darkgathering.jp/

 

 

 

 

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています