豚のレバーは加熱しろ 第1話 感想

 

2023年秋アニメ新番組 豚のレバーは加熱しろ 第1話「オタクは美少女に豚扱いされると喜ぶ」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


豚のレバーを生で食べ、腹痛で倒れた主人公は気が付くと豚として異世界に転生!。

小間使いの美少女・ジェスに助けられ、交流を深めていく主人公でしたが・・・。

主人公が何の変哲もない豚に転生し美少女にブヒるだけという、お話しの先の展開が読めないまま終わった「豚レバ」の第一話。

ただし、第2話では大きくお話しが動くようで、タイトルだけの掴みの作品では終わらない模様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 第1話 「オタクは美少女に豚扱いされると喜ぶ」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話あらすじ
豚のレバーを生で食べて倒れた俺は、異世界(メステリア)で豚になっていた!
助けてくれた小間使いの美少女ジェスは、心を読む能力をもつイェスマという種族らしい。
元・眼鏡ヒョロガリクソ童貞である俺のだだ漏れの欲望に、はにかみながらも応えてくれるジェス。
ちょっと待て、どうしてそんなに優しくしてくれるんだ……!?

第1話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年10月放送開始の『2023年秋アニメ』新番組の最速放送・配信リストです。各作品の最速放送スケジュールとともに制…


気が付くと豚小屋で倒れていた主人公は、人の心を読める小間使いの少女・ジェスに助けられます。

そして鏡を見ると自分は豚の姿に!。

これは夢だと思いながらも、美少女を前にして妄想の数々が止まらない主人公。

もちろん、その考えはジェスに駄々洩れで・・・。

ジェスと会話を重ね親しくなった主人公は、人間に戻る方法があるのかとジェスに尋ねることに。

「王都に住む魔法使いの末裔である王ならあるいは・・・」。

主人公とジェスは王都を目指すことを決めるのでした。

《豚のレバーは加熱しろ》原作コミック最新巻はこちら ※2023年10月現在


今話の注目ポイント①

「異世界転生もの」で人間ではない別のモノに転生する作品は数多くありますが、今作『豚のレバーは加熱しろ』の主人公はなんと豚に転生することに。

しかも第一話を観た限りでは、転生の際に特別な力を神的な存在から授かるという展開もなく、意志の疎通が出来るのはジェスだけというハンデしかない状況から異世界ライフをスタートさせるのでありました。

 

それにしても、お話しがどう転がっていくのか全くわからん・・・。

今のところ異世界転生物語らしく主人公が「成り上がり」を見せる感じは全くないし、美少女ジェスとの交流をブヒりながらひたすら楽しむストーリーになるのでしょうか。

主人公が豚に転生した目線で見るディティールなどには唸らせられるものはあるものの、「この作品をどう楽しんだらいいのか?」迷いを覚えた第一話でございました。

今話の注目ポイント②

ただし、初回のような牧歌的な雰囲気でこの先の展開が進んでいくわけではない様で、amazonの商品ページのあらすじを読むと「ジェスが命を狙われる」展開となることが書かれています。

ジェスはただの小間使いの少女ではないのか?。

 

そして、ジェスの身に危険が迫っていることを知れば主人公もブヒブヒしているわけにはいかなくて、豚なりに何か対抗の手を考えるのでは?。

ちなみに電子書籍の商品紹介ページの各巻のあらすじを読んだ私は、「これは面白くなるんじゃない!?」と思わず声を漏らしてしまいました(笑)。

そんなわけで、第一話を観て「?」と思った方は、取り敢えず次回の放送を見てお話しの良し悪しを決めて頂くと。

作画は・・・登場人物がジェスと豚だけで、なおかつ会話のシーンだけだったので、ここも次回を見てからの判断となりそうです。

 

生まれつきの性格なのか主人公を立てるジェスが、「異世界転生もの」のヒロインとしてオリジナリティを感じさせる人物像となっていました。

豚とはいえ初めから主人公と近しく交流するヒロインは、他の作品ではまあいないでしょうか。

現実離れしているので読者や視聴者も魅力ある異性として捉えられないのかも。

作中の豚(主人公)のセリフではないですが、冷たい態度の方が妄想も膨らませやすいですしね(笑)。

 

豚のレバーは加熱しろ グッズ・商品紹介

原作・コミック



OP/ED主題歌


ブルーレイ


 

豚のレバーは加熱しろ 放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:10月7日より毎週土曜 24時30分~
とちぎテレビ:10月7日より毎週土曜 24時30分~
群馬テレビ:10月7日より毎週土曜 24時30分~
BS11:10月7日より毎週土曜 24時30分~
読売テレビ:10月9日より毎週月曜 26時59分~
CBCテレビ:10月11日より毎週水曜 26時07分~
AT-X:10月10日より毎週火曜 21時00分~ ※リピート放送あり

配信サービス

地上波同時配信:10月7日より毎週土曜 24時30分~

dアニメストア
ABEMA

一般配信:10月12日(木)24:30より順次配信

niconico(ニコニコ生放送/ニコニコチャンネル)
Lemino
FOD
バンダイチャンネル
Hulu
TELASA(見放題プラン)
J:COMオンデマンド メガパック
milplus 見放題パックプライム
U-NEXT
アニメ放題
Amazon
DMM TV

豚のレバーは加熱しろ スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:逆井卓馬(電撃文庫/KADOKAWA刊)
原作イラスト:遠坂あさぎ
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:渡辺 奏
サブキャラクターデザイン:倉橋N濘
プロップデザイン:ヒラタリョウ
美術設定・美術監督:中村嘉博(デザインオフィスメカマン)
色彩設計:吉里修耶
CGディレクター・2D:濱村敏郎(ワイヤード)
撮影監督:杉山大樹(project No.9)
編集:丹 彩子
音響監督:立石弥生
音楽:末廣健一郎・MAYUKO
アニメーション制作:project No.9
監督:高橋雅之

出演声優

豚:松岡禎丞
ジェス:楠木ともり
ノット:伊東健人
セレス:富田美憂
ブレース:能登麻美子

公式ホームページ:https://butaliver-anime.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています