16bitセンセーション ANOTHER LAYER 第7話 感想

 

2023年秋アニメ 16bitセンセーション ANOTHER LAYER 第7話「雨降って地固まる」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


「10億円稼ぐゲーム」製作のため自身が描いたイラストを社員たちに見せ、その意気込みを熱く語るコノハ。

熱意に動かされ、一致団結してソフト制作に臨む社員一同でしたが・・・。

1999年という時代に妥協することなく自身が描く「理想のゲーム」を実現しようとするコノハの姿が描かれた今回のエピソード。

技術的な部分のツッコミどころはあるけれど、コノハの説明に社員たちが驚く展開はまさに「異世界転生もの」。

そして、1999年のエロゲーの販促品が「テレカ」というセリフには時代を感じさせられます・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第7話 「雨降って地固まる」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ
イチガヤに騙され、10億円の借金を背負う事になったアルコールソフト。
借金を返すために美少女の力を信じるコノハはマモルと話し未来を知る自分の力を使い「最高のゲーム」を作る決心をした。
10億円を稼ぐという目標に途方に暮れているアルコールソフトの面々のもとに向かい、必死にプレゼンをするコノハだったが…

この作品の動画の視聴はコチラから


第7話 感想

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ 16bitセンセーション ANOTHER LAYER 第6話「コノハを信じて!」 感想・考察【関連グ…


コノハの熱意に動かされ、「10億円稼ぐ」ゲームの制作を決意する守。

しかし、その為には社員の皆を説得し団結させる事が必要だと、コノハが描いたイラストを見せることに。

今までにない位に美麗に塗られた美少女のイラストに目が釘付けとなる一同でしたが、イラストのレイヤー(階層)が200枚と聞きかおりは「うちのパソコンではフルーズするので無理」とコノハのイラストに難色を示します。

しかし、そうなる事を見越していた守は、PC9821を8台繋ぎ合わせる「オクタコア化」で問題を解決。

制作に向けて皆の団結を固めるきっかけとなったのでありました。

入院していた「てんちょー」も制作資金を集めるために会社に戻り、ゲームソフト製作に邁進するアルコールソフトの社員たち。

納期厳守で徹夜していたある夜、コノハのバックが青く燃えているのを見て驚く守。

しかし、気が付くと火は消えていてバックの中を覗くと黒焦げた数本のソフトのパッケージが残っているだけ。

よく見ると「午後の天使たち」だけは焼けておらず、コノハからタイムリープ発動の条件を聞いていた守は、興味心からパッケージを開けてしまい!?。

 

 

 


今話の注目ポイント

歴史の改変を恐れずに、2020年代のイラストを皆に見せ絶対に売れるゲームを作ろうと皆に訴えるコノハ。

技術的な問題や初めて挑む高価な販促品の添付など、様々な壁にぶつかる中で皆が一致団結する社員たちの姿が描かれた今回のエピソード。

心をバラバラにしていた旧社屋の社員たちもソフト制作をきっかけにわだかまっていたものが取り除かれ、文字通り「雨降って地固まる」となっていたのでありました。

 

 

 

私はギャルゲーやエロゲーのカルチャーには詳しくないのですが、複数のヒロイン攻略があるゲーム進行ルートや販促に抱き枕カバー等の高価な販促品を付けたりと、おそらく1999年当時では存在しないアイデアをコノハは提案していて、この時代に妥協するのではなく「自分の理想」をどこまでも追う姿が「異世界転生作品」を思わせる楽しいものとなっておりました。

ただし、劇中で描かれていたパソコンを繋ぎ合わせた並列コンピューティングや、CGイラストのモーフィング技術は流石に無理なような気が・・・。

 

 

そして、今回の最大のツッコミどころが守が「午後の天使たち」のパッケージを開けてしまう展開です。

開ければソフトの発売年にタイムリープしてしまうことを知っているのに、何故か開けてしまう守に「オイ!?」と思ずツッコまずにはいられませんでした。

しかし、よくよく考えると守にはタイムリープしたい理由があったのかも?と思ってもみたり。

ちなみに午後の天使たちの発売日は1985年6月です。

ひょっとしたら守は、タイムリープしたこの時代で何か変えたい事があるのかも?。

ということで次回の放送とその展開が楽しみ!。

これまでのタイムリープのルールを考えると、過去に行ったとしても1999年の元の場所に帰ってくるので、ゲームソフト制作には影響がないとは思うのですが・・・?。

 

 

今話の中で、コノハの見せる美少女のイラストに社員一同が驚くシーンがありましたが、イラストがいかに凄いものかを表すためCG担当のかおりが驚きの表情を見せるシーンが印象的でした。

いつもは「糸目」で瞳を見せない(見えない?)かおりですが、この時ばかりは「かわいい・・」と瞳を輝かせて呟き、心の底から感動しているのが伝わってきます。

過去を知らない若い視聴者にとっては何の変哲もない美少女のイラストなので、ここでの演出は「未来」を実に巧く表現したものになっていたかと。

 

 

ところで、今話の冒頭で守から皆を説得するという重責を命じられたコノハが、自身を鼓舞するためClarisの「コネクト」を聞くシーンがありましたが、これって何か伏線めいているものに感じます。

ご存じの通りコネクトは『魔法少女まどかマギカ』の主題歌で、そのストーリーは親友の鹿目まどかを救おうと暁美ほむらが何回もタイムリープするというもの。

アルコールソフトを救うためにコノハはタイムリープしてきたのだという今の現状を表す演出で終ればいいのですが、まどマギのストーリーとそのラストを考えると少し嫌な予感が・・・。

 



16bitセンセーション ANOTHER LAYER 商品グッズ紹介

原作コミック


16bitセンセーション 1 私とみんなが作った美少女ゲーム (角川書店単行本)
 


OP主題歌


ブルーレイ


 

 

 

16bitセンセーション ANOTHER LAYER 放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:毎週水曜24時30分~
とちぎテレビ:毎週水曜24時30分~
群馬テレビ:毎週水曜24時30分~
BS11:毎週水曜24時30分~
中京テレビ:毎週水曜25時37分~
ABCテレビ:毎週水曜26時14分~
AT-X:毎週金曜21時30分~ ※再放送:毎週火曜9時30分~/木曜15時30分~

配信

最速配信:2023年10月4日(水)25時

dアニメストア
dアニメストア for Prime Video
dアニメストア ニコニコ支店

一般配信:2023年10月8日(日)日曜12時より順次配信

ABEMA
DMM TV
FOD
Hulu
Lemino
Netflix
Prime Video
U-NEXT
アニメ放題
ニコニコチャンネル
バンダイチャンネル
ニコニコ生放送
auスマートパスプレミアム
J:COMオンデマンドメガパック
milplus見放題パックプライム
TELASA

16bitセンセーション ANOTHER LAYER スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:若木民喜 みつみ美里(アクアプラス) 甘露樹(アクアプラス)
監督:佐久間貴史
アナザーレイヤー・メインストーリー:若木民喜 髙橋龍也
キャラクターデザイン:佐々木政勝
美術監督:有本妃査恵
美術デザイン:山本浩憲 石原由光
色彩設計:のぼりはるこ
撮影監督:難波史
編集:牧信公
設定考証:RetroPC Foundation
音響監督:本山哲
音響効果:古谷友二
録音調整:八巻大樹
音楽:やしきん
アニメーション制作:st.シルバー

オープニングテーマ:「65535」中川翔子
作詞・作曲・編曲:Sohbana

出演キャスト

秋里コノハ : 古賀葵
六田守 : 阿部敦
上原メイ子 : 堀江由衣
下田かおり : 川澄綾子
六田勝(てんちょー) : 伊藤健太郎
五味川清(キョンシー) : 福島潤
山田冬夜(やまだ・とうや) : 山根綺

公式ホームページ:https://16bitsensation-al.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています