16bitセンセーション ANOTHER LAYER 第3話 感想

 

2023年秋アニメ 16bitセンセーション ANOTHER LAYER 第3話「もう一度みんなに会いたくて!」 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】


また、みんなと美少女ゲームが作りたいと1992年に戻る方法を探っていたコノハは、『痕』(きずあと)のパッケージを開けて今度は1996年にタイムスリップ!。

そこではPC98に深い愛を注いできた守が、「ウィンドウズなんて!」とプログラミングを拒否する事態に!?。

パソコンを巡る環境が大きく変わりつつある時代が描かれることになった今回の16bitセンセーション。

98でしかプログラミングはしない!と宣言する守に「イイヨ!」と賛同するコノハでしたが、歴史の流れを考えるとそれは大きな間違いのような・・・!?。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第3話 「もう一度みんなに会いたくて!」  【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第3話あらすじ
ゲームを完成させたが、2023年に戻ってしまったコノハは再び底辺イラストレーターとして過ごす。
夢か現実かわからない「アルコールソフト」での充実した日々に思いを馳せ、またあの場所に戻りたいと願っているとひょんなことから再度タイムリープに成功。
しかし、たどり着いたのはゲームを作っていた1992年ではなく1996年で……。

この作品の動画の視聴はコチラから


第3話 感想

 

関連記事

Hi.アニ!

2023年秋アニメ 16bitセンセーション ANOTHER LAYER 第2話「いっしょに美少女ゲーム作ろ!」 感想・…


「また、みんなとゲームソフトを作りたい!」そう思いながらタイムリープの方法と2023年の秋葉原でアルコールソフトの足跡を探すコノハでしたが、その後を誰も知ることはなく・・・。

そんな時、コノハはタイムリープしたあの日に出会った犬と再会します。

泥棒ネコのように中古ソフトショップのお婆ちゃんからもらった『痕』(きずあと)を咥え逃げ去る犬を追いかけるコノハ。

ようやく追いつき、シーリングが剥がれたパッケージを開けると眩い光に包まれたコノハは1996年にタイムスリップ!。

一目散に走りアルコールソフトに辿り着いたコノハが見たのは、4年の月日が経って19歳となり見た目が変わった守の姿。

しかし、久しぶりのコノハとの再会に驚くも「僕はもう辞めるぞ!」と言い残し守は会社を飛び出していったのでした。

コノハは「またここで働かせて欲しい!」と懇願しますが、4年もの間姿を消していたコノハは流石に訝しげな眼で見られることに。

守を連れ帰ってくることを雇用する条件に出されたコノハは、その姿を探しアキバ中を駆け回ります。

その途中、コノハはPCゲームショップの前で「一緒にソフトを買ってほしい」と声をかけてきた眼鏡の巨乳美少女・山田冬夜と知り合うことになって・・・!。

 

 

 

 

 


今話の注目ポイント①

1990年代の秋葉原にタイムスリップして念願だった「美少女ゲームソフトを作ってやる!」と意気込んでいたコノハが、なんとも呆気なく2023年に帰還するところで終わったのが前回のお話し。

その夢が諦めきれないコノハは無事に(?)にタイムリーフするのですが、やってきたのは前回より4年の時が経った1996年。

この時がパソコンやそれを使っている人にとって「どんな時代だった?」のかが、今話では描かれることに。

 

 

美少女ゲームが大好き少女の冬夜が、なぜゲームソフトショップに足を踏み入れることを躊躇するのか理解できないコノハ。

今では女性も気軽にエロソフトを店頭で品定め・・・しているのかはどうかは一旦置いておいて(笑)、アマゾンなどの通販が無い時代なので確かに購入するのに敷居が高かったことは間違いなさそう。

そして、SNSどころか「2ちゃんねる」等の電子掲示板もまだなく、冬夜は購入した『piaキャロット』と『痕』を「ニフティのフォーラムで(評判を)見て凄く欲しかったんです!」と言って喜ぶシーンには「Windows95」が発売されていたものの、ブラウザやホームページがまだ広く普及していなかった(googleがまだない!?)という「時代」を感じますね。

そんな時代背景の中で守はというと、そのウィンドウズ(DOS/V互換機)普及の流れに逆らう様にMSDOS(PC98機)のプログラミングに固執していたのでありました。

 

 

自身の『98愛』を守がコノハに熱く語るシーンの中で、「今はパソコンのことをろくに知りもしない奴らがパソコンを買う時代だ!。それどころかそんな奴らがゲームを作ってる!、どんな時代だよ!!」と時代の移り変わりを守が嘆くセリフがありましたが、これまで国民機と言われ一緒に青春の日々を過ごしてきたNECのパソコンが消えゆく様を守はきっと寂しく思ったのでしょう・・・。

 

そういえば何故かNEC版のウィンドウズ95とかありましたっけ。

このように大挙して誰もが買ったwinパソコンでしたが、インターネットが出来ることが売りであるのにそれがどんな機能であるのか説明できる人も少なかった時代です。

話しが大きく逸れましたが、とにかく守はウィンドウズ時代の到来に大反対!。

しかし、熱く語る守の姿に「イイヨ!」とコノハは肯定の言葉をかけるのでした。

さて、本当にPC98でしか動作しないゲームを作るつもりなのか?。

次週の展開が非常に気になるところです。

ちなみにNECは1997年まででPC98シリーズの製造を終了しているのですが・・・。

今話の注目ポイント②

ところで今話冒頭ではタイムリープの何かに関わるような謎のシーンが流されていましたが、一体何を意味するのでしょう。

 

 

 

画面アスペクト比が「4:6」であることから描いているのは1990年代であることを想像させ、場所はアルコールソフトの上空の空間?。スク水姿のこの少女が事の黒幕であることは間違いなさそう。

そして今回の展開から気になったのは1990年代におけるコノハの立ち位置ですね。

美少女ゲーム制作という自分の夢を叶えて衰退した業界を救う歴史の「改変者」となるのか?。

また、それとは逆に未来の結果が変わらないように歴史を見守る監視者の立場となるのか。

コノハに向け「もし本当にタイムトラベラーなら何もするなよ!」という最後のシーンでの守のセリフ。

物語はどちらの方向に進んで行くのでしょうか?・・・・。

 

 

 

 

 

16bitセンセーション ANOTHER LAYER 商品グッズ紹介

原作コミック


16bitセンセーション 1 私とみんなが作った美少女ゲーム (角川書店単行本)
 


OP主題歌


ブルーレイ


 

 

 

16bitセンセーション ANOTHER LAYER 放送・配信情報

放送局

TOKYO MX:2023年10月4日(水)より毎週水曜24時30分~
とちぎテレビ:2023年10月4日(水)より毎週水曜24時30分~
群馬テレビ:2023年10月4日(水)より毎週水曜24時30分~
BS11:2023年10月4日(水)より毎週水曜24時30分~
中京テレビ:2023年10月4日(水)より毎週水曜25時37分~
ABCテレビ:2023年10月4日(水)より毎週水曜26時14分~
AT-X:2023年10月6日(金)より毎週金曜21時30分~ ※再放送:毎週火曜9時30分~/木曜15時30分~

配信

最速配信:2023年10月4日(水)25時

dアニメストア
dアニメストア for Prime Video
dアニメストア ニコニコ支店

一般配信:2023年10月8日(日)日曜12時より順次配信

ABEMA
DMM TV
FOD
Hulu
Lemino
Netflix
Prime Video
U-NEXT
アニメ放題
ニコニコチャンネル
バンダイチャンネル
ニコニコ生放送
auスマートパスプレミアム
J:COMオンデマンドメガパック
milplus見放題パックプライム
TELASA

16bitセンセーション ANOTHER LAYER スタッフ・声優

制作スタッフ

原作:若木民喜 みつみ美里(アクアプラス) 甘露樹(アクアプラス)
監督:佐久間貴史
アナザーレイヤー・メインストーリー:若木民喜 髙橋龍也
キャラクターデザイン:佐々木政勝
美術監督:有本妃査恵
美術デザイン:山本浩憲 石原由光
色彩設計:のぼりはるこ
撮影監督:難波史
編集:牧信公
設定考証:RetroPC Foundation
音響監督:本山哲
音響効果:古谷友二
録音調整:八巻大樹
音楽:やしきん
アニメーション制作:st.シルバー

オープニングテーマ:「65535」中川翔子
作詞・作曲・編曲:Sohbana

出演キャスト

秋里コノハ : 古賀葵
六田守 : 阿部敦
上原メイ子 : 堀江由衣
下田かおり : 川澄綾子
六田勝(てんちょー) : 伊藤健太郎
五味川清(キョンシー) : 福島潤
山田冬夜(やまだ・とうや) : 山根綺

公式ホームページ:https://16bitsensation-al.com/

   



  PVアクセスランキング にほんブログ村  
●当サイトはアフィリエイト広告を利用しています