ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第13話(最終回) 感想

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第13話(最終回)「思慮なき力は自らの質量によって崩れ去る。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

 

龍園を倒し自分を助けてくれたことで綾小路への感情を変化させていく軽井沢でしたが佐藤麻耶から綾小路への告白を相談され乙女心を揺らすことに!?。クリスマスの夜、軽井沢のことを「恵」と初めて下の名で呼ぶ綾小路に「新しい恋、始まったな・・」と思ったのも束の間、ドス黒い心中が明かされ「綾小路こえー!」で終わった最終回(笑)。取り敢えず第3期の敵は綾小路の過去を知るAクラスリーダーの坂柳有栖となりそうでドラゴンボーイより遥かに手強そう。

 


 

 


 

前回は綾小路に敗北し徹底的に恐怖の感情を刻み付けられた龍園の姿が描かれたのですが、これは実質的なCクラスの敗北と同義であると考えてよいのかな?。そして恐らく今回の件で黒幕の正体がバレてしまった綾小路をAクラスとBクラスからマークされることになるのでは。

しかし綾小路自身はDクラス昇格にはもう手は貸さないと茶柱先生に宣言しているので、前回のドラゴンボーイ討伐クエスチョンでその方針が変わっていくのか気になるところ。

そして白馬の王子が如くピンチに駆けつけた綾小路に対する軽井沢の心に変化が現れロマンティックなクリスマスの一時を過ごすことになるのですが・・・知りたくなかった残酷な真実。

全ての事柄は綾小路が仕組んだ計画だったのです!!。

 

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第12話「思慮なき力は自らの質量 […]…

 

 

第13話 「あなたが出会う最悪の敵は、常にあなた自身だ。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第13話 あらすじ

先の事件を経て、軽井沢は自身の中に大きな気持ちの変化があることに
気づき始めていた。
そんな中、佐藤からクリスマスに綾小路とデートするのだと相談される。
軽井沢は複雑な思いを抱きつつも佐藤の相談に
真剣に応えてあげようとするが……。

第13話 感想

綾小路に敗北し魂の抜けきった龍園はその姿に憤懣した伊吹から蹴りを入れられるも無反応の始末。龍園は体育館での一件の責任を取るため退学を考えるのですが先に手をまわしそれを止めた綾小路からこれからの計画を聞かされます。

それはこれからはDクラス昇格のため自分が動くことはなく、そして綾小路を退学に追い込むと宣言した櫛田を逆に退学させるということ!。やはり綾小路にとっても承認欲求のモンスターである櫛田は手にあまりすぎるという事なのか・・・。

時が過ぎクリスマスの日に佐藤麻耶から誘われた綾小路は平田・軽井沢のカップルとWデートをすることに。その帰り道で佐藤より急な告白を受ける綾小路ですが「相手を好きになっていないのに付き合うことは出来ない」感情なく機械の音声のよう断りの理由を述べます。

フラれて泣きながらその場を走り去る佐藤・・・、そして告白の行方が気になりその一部始終を影から見ていた軽井沢は早くから気づいていた綾小路に見つかることに。

軽井沢は問いかけます「あんたって誰かを好きになった事とか・・ない?」それに対し「今の所は・・・」と答える綾小路。

少しだけ強く降り出した雪の下で二人はクリスマスプレゼントを交換し合います。新しく二人に恋が芽生えたようにも感じるロマンティックなノエルの夜、そして綾小路が心の中で呟いたのは「これでいい」。

綾小路が龍園から監禁された軽井沢を助けたのは約束からではなく、すべては軽井沢を道具としてより利用しやすくするための綾小路の計画だったのです!!。

 

プレゼント交換の後で軽井沢を「恵」と呼んでいたことから実は軽井沢のことがあって佐藤を振ったのかな?なーんて甘いことを考えていたら、直後にどす黒いその心中が暴露され「綾小路こえー!」(笑)となった今回のお話しでしたが、何が怖いかというと要は第2期最大のラスボスと思われていた龍園は軽井沢が綾小路への依存度を高める為の道具の一つでしかなかったという事であります。

結果から見れば確かにドラゴンボーイとしか言いようがない・・・龍園カワイソ。

そしてそんな綾小路無双が鮮明となった今回のお話しの中で気になったのはまず承認欲求の化け物である櫛田の件と綾小路と同じホワイトルーム出身であるのを匂わせ宣戦布告するAクラスリーダー・坂柳有栖への綾小路の第3期での動向ですね。

 

龍園とは違い櫛田については自分に害を及ぼしかねない未知数の脅威と綾小路は捉えているのでしょうかね?。龍園に櫛田退学計画を話したという事はそのことで何らかの取引を持ち掛けたはずで、それは失墜した龍園の地位を復活させることなのかも。

もし龍園が再び力を取り戻そうともDクラスを昇格させる理由がなくなった綾小路にとっては今やどうでもいい関係のないことです。

しかし偽りの天才である綾小路を葬ると宣言した阪柳の登場でAクラスにダメージを与える為にDクラスのクラスポイントの獲得やBクラスへの援護の算段を綾小路はとるのかも。

まあ何にせよ最大の見えない敵となるのはホワイトルーム設立者である綾小路の実父ではないかと。そして阪柳の宣戦布告も綾小路パパの差し金なのかもしれません。

 

 

第2期最終回の今話では綾小路がモテモテでしっかりラノベ主人公していました。私も可愛い女の子からこんな目で女の子から見つめられたい(笑)。

ところで剛速球とも言えるスピードで告白に至った佐藤ですが本当に綾小路LOVE!だったのでしょうか?。綾小路は佐藤のことを調べるよう軽井沢に依頼していましたが何か疑っている事があるのでは。

櫛田や他クラスのスパイである可能性も・・・という事で諸々の伏線は全て第3期を待つことと致しましょう!。

分割クールではないので2年後とかになりそうではありますが・・・(涙)。

 

 

 

 














ようこそ実力至上主義の教室へ グッズ情報

原作小説


コミック


 

ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週月曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週月曜日 22:30~
テレビ愛知:毎週月曜日 26:05~
KBS京都:毎週月曜日 24:00~
サンテレビ:毎週月曜日 24:00~
BS日テレ:毎週月曜日 23:30~


配信

地上波先行配信:毎週月曜 22:00~ ABEMA
一般配信:毎週木曜 22:00~ dアニメストア
毎週月曜 22:00~ Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXT、Hulu 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:衣笠彰梧(MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:トモセシュンサク
総監督:岸 誠二 × 橋本裕之
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:風埜隼人
キャラクターデザイン:森田和明
美術設定:長池未来、平柳 悟
美術監督:羽根広舟
色彩設計:加口大朗
CG監督:平山知広
撮影監督:芹澤直樹
編集:及川雪江
音楽:横山 克、橋口佳奈
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会


CAST声優

綾小路清隆:千葉翔也
龍園 翔:水中雅章
堀北鈴音:鬼頭明里
軽井沢 恵:竹達彩奈
櫛田桔梗:久保ユリカ
平田洋介:逢坂良太
佐倉愛里:M・A・O
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野 聡
一之瀬帆波:東山奈央
伊吹 澪:小松未可子
堀北 学:梅原裕一郎
橘 茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈