ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第10話 感想

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第10話「人々は常にその破滅を願っている。偽りの善に欺かれるがゆえに。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

突然現れた父親から高度育成高等学校を退学するよう迫られる綾小路!詳しい理由はまだ分かりませんが龍園と対決する前に予想外の強敵登場で綾小路は窮地に陥ることに。茶柱先生の嘘を知りDクラス昇格の役目を放棄した綾小路は軽井沢に連絡を取り合わないよう断絶を伝えるのですが・・・ちょっと軽井沢が可哀想すぎやしませんか?(怒)。


 


先手を打たれペーパーシャッフル試験の賭けに敗北する櫛田は約束通り堀北の邪魔はしないと約束するも今度はその毒牙は綾小路へ向けることを宣言!。

確かに約束は破っていないけどちょっとズルくない?(笑)。

ということで何故か綾小路がDクラスの黒幕であることを龍園に隠していた櫛田がこれからはどんな策に売って出るのかが楽しみ。

そして今話で綾小路が窮地に陥るという急展開に!龍園や櫛田など足元にも及ばない強敵の登場に綾小路はどう立ち向かうのでしょうか?。

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第9話「過ちを犯しながら、それを […]…

 

第10話 「人々は常にその破滅を願っている。偽りの善に欺かれるがゆえに。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第10話 あらすじ

クリスマスを前にして、浮き足立つ生徒たち。
軽井沢もその一人で、街中のクリスマスの雰囲気を楽しんでいた。
だが、佐藤と一緒に放課後を過ごしていると、Cクラスの生徒に尾行されていることに気づく。
さらに、綾小路も勉強会中に誰かに見張られていて……。

第10話 感想

綾小路を影から見張っていたのは龍園配下のCクラスではなく今の所は直接の対決相手ではないAクラスの生徒だったのですが一体これは何を意味するのでしょう?。

そんな時に茶柱先生に呼び出された綾小路が訪れたのは応接室で面会人が来ているというのですが・・・その面会人とは綾小路の父親で、親の許可なく高度育成高等学校に入学した綾小路に退学を迫るのですが!?。

いよいよ龍園と対決する局面が来たと思っていたら予想の斜め上をいく急展開に!父親の面会で茶柱先生の嘘を見抜いた綾小路はDクラスを押し上げる役目を放棄し、軽井沢に以後連絡を取らないことを伝えるのです。

結束が固まりつつあるDクラスだったのですが綾小路の後ろ盾なしに上に登っていくことは出来るのか?。

それより何より劇中のセリフのように軽井沢に冷たくない?(笑)。

綾小路の今話での行動って確かに綾小路らしい合理的なものだけど、そういう考え方が嫌で父親の下からにげだしたんじゃないの?なんて思ったりもするのですよね。

それより何より茶柱先生が自分を利用したことに傷ついた、というのも一因としてあるのかも・・・。

さて龍園や櫛田を相手にする前にラスボス以上の父親が迫る退学を回避するのかが見どころとなるのですが、多分様々な手を尽くしてくるはずでそれこそ龍園を利用するつもりだったりして。

初めて綾小路に訪れた本当のピンチなのですがDクラスの面々が団結してそれに対抗するような展開となればそれは最高に盛り上がること間違いないのですが・・・ともかく来週の展開を待つことにしましょう。

今回の件で綾小路との関係性が利用しあうものではない事に軽井沢ははっきりと気づいたのではないでしょうか。

だからこそ綾小路からの断絶宣言はかなり辛いはずで、これから軽井沢はどんなアクションをとるのか?が楽しみ。

ところでなのですが堀北って綾小路と特別な関係には発展しないのでしょうか。

今作のヒロインなのでいづれは綾小路と・・・と思っていたらそんな気配は又くなし(笑)。

佐倉が綾小路に片思いなので三角関係が描かれる事もあるのかな?とかまえていたら軽井沢の登場で堀北の立ち位置が読めない現在となっています。

今回の綾小路とのやりとりもツンデレ感に満ちたものでしたが実は何でもないとかいうオチなのでしょうかね?(笑)。

今回発生した綾小路の窮地で堀北の心の内が明かされる展開があるのかもしれませんね。

 

 

 

 






ようこそ実力至上主義の教室へ グッズ情報

原作小説


コミック


 

ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週月曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週月曜日 22:30~
テレビ愛知:毎週月曜日 26:05~
KBS京都:毎週月曜日 24:00~
サンテレビ:毎週月曜日 24:00~
BS日テレ:毎週月曜日 23:30~


配信

地上波先行配信:毎週月曜 22:00~ ABEMA
一般配信:毎週木曜 22:00~ dアニメストア
毎週月曜 22:00~ Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXT、Hulu 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:衣笠彰梧(MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:トモセシュンサク
総監督:岸 誠二 × 橋本裕之
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:風埜隼人
キャラクターデザイン:森田和明
美術設定:長池未来、平柳 悟
美術監督:羽根広舟
色彩設計:加口大朗
CG監督:平山知広
撮影監督:芹澤直樹
編集:及川雪江
音楽:横山 克、橋口佳奈
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会


CAST声優

綾小路清隆:千葉翔也
龍園 翔:水中雅章
堀北鈴音:鬼頭明里
軽井沢 恵:竹達彩奈
櫛田桔梗:久保ユリカ
平田洋介:逢坂良太
佐倉愛里:M・A・O
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野 聡
一之瀬帆波:東山奈央
伊吹 澪:小松未可子
堀北 学:梅原裕一郎
橘 茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈