ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第9話 感想

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第9話「過ちを犯しながら、それを改めないことをこそ、真の過ちという。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

予想通りに龍園と試験問題の交換取引をする裏切り者の櫛田ですが堀北に手を打たれ完璧な敗北を喫することに!。賭けに負けた櫛田はターゲットを綾小路へ変更することを宣言しますが・・・。一方の綾小路はとうとう龍園に正体を悟られた?二人の正面対決待ったなしのクライマックス感あふれる第9話でした。


 


綾小路に問われ中学校の時の「学級崩壊事件」の真相を恍惚とした表情で語る櫛田、承認欲求の怪物である彼女の武器は人々が持つ「真実」と言う名の知られたくない秘密でした。

果たして退学を賭けたペーパシャッフルテストで堀北と綾小路の勝敗の行方は?予想もしなかった展開に櫛田の表情はまたも醜く歪むことに!!。

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第8話「胸の底で、傷は静かに生き […]…

 

第9話 「過ちを犯しながら、それを改めないことをこそ、真の過ちという。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第9話 あらすじ

ペーパーシャッフルの裏で、堀北と櫛田の退学を賭けた勝負が始まった。
片や勉強会に参加する綾小路の前に、龍園が現れる。
龍園から送られたメールについてふっかけられるが……。

第9話 感想

裏でペーパーシャッフルテストのために作成したCクラスとDクラスの試験問題を交換し合う取引をする櫛田と龍園、これで試験の結果で堀北の優位に立つことは間違いないはずだったのですが試験が開始され目にする問題は龍園が手渡してきたものとは別のもの!。

裏切られた怒りで龍園を問いただしますが既に「嵌められて」いたことを櫛田は知らされるのでした・・・。

提出する試験問題がすり替えられるであろう事を見越し茶柱先生に自分以外が持ってくる問題用紙は廃棄するよう千手を打つ堀北と、その堀北が知らないところで正体を隠し龍園と取引をした綾小路の隠れた連携で櫛田が賭けに敗北するという結末に終わった今回のお話しでしたが、堀北の邪魔を今後しないという賭けの約束を守る代わりに次のターゲットを綾小路へと絞ることを宣言します。

そして龍園のほうも綾小路が謎の黒幕である事を確信したのか軽井沢の写真を添えた脅迫メールを送ってきていよいよ二人が正面対決する展開に!?。

龍園が黒幕は綾小路だと思っていると書きましたがその情報は櫛田からのものではないというのがポイントですね。

冒頭の櫛田と龍園の会話の中では黒幕が誰かまだ分かっていない事が窺えます。

自分の過去を知っているので綾小路も退学に追い込む対象ではあるのですが龍園との取引の武器としてそれを隠しておいたのかも。

そして黒幕である秘密を握ったままでいる事で綾小路に対してゆすりの武器になると思っているのかもしれません。

では龍園はどんなルートで綾小路と繋がる軽井沢の存在を知ったのか?。

恐らく綾小路に告白してきた佐藤麻耶が龍園のスパイとなっているのではないかと思われます。

ただし佐藤は櫛田に操られている可能性もあるのでDクラスには彼女らとは違う「第2のスパイ」がいるという考察もできるのですが、お話しの流れを汲み取ると佐藤が龍園に通じているというのが自然な展開であるような気がします。

龍園の挑発を余裕で受けて立つといった感じの綾小路でしたが軽井沢を守り切ることは出来るのか?次週の展開が楽しみです。

今までソロプレイ(?)で通してきた綾小路でしたが勉強会の活動をきっかけに幸村・三宅・長谷部そして佐倉愛里が加わって「綾小路グループ」が結成されることに!。

なんだか企業グループみたいな感じの捻りのないネーミングですがこの4人が綾小路の裏の活動を知り手助けしていく流れとなるのでしょうか?。

そして何かの伏線か!?とも思っていた佐倉の不審な行動はこのグループ結成の為なのでありました(笑)。

但し今の所は佐倉にとって綾小路のメンバーは正直どうでもいいはず(!?)、その関係性がどう変わっていくのかも楽しみな見どころとなりそうですね。

 

 

 






ようこそ実力至上主義の教室へ グッズ情報

原作小説


コミック


 

ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週月曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週月曜日 22:30~
テレビ愛知:毎週月曜日 26:05~
KBS京都:毎週月曜日 24:00~
サンテレビ:毎週月曜日 24:00~
BS日テレ:毎週月曜日 23:30~


配信

地上波先行配信:毎週月曜 22:00~ ABEMA
一般配信:毎週木曜 22:00~ dアニメストア
毎週月曜 22:00~ Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXT、Hulu 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:衣笠彰梧(MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:トモセシュンサク
総監督:岸 誠二 × 橋本裕之
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:風埜隼人
キャラクターデザイン:森田和明
美術設定:長池未来、平柳 悟
美術監督:羽根広舟
色彩設計:加口大朗
CG監督:平山知広
撮影監督:芹澤直樹
編集:及川雪江
音楽:横山 克、橋口佳奈
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会


CAST声優

綾小路清隆:千葉翔也
龍園 翔:水中雅章
堀北鈴音:鬼頭明里
軽井沢 恵:竹達彩奈
櫛田桔梗:久保ユリカ
平田洋介:逢坂良太
佐倉愛里:M・A・O
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野 聡
一之瀬帆波:東山奈央
伊吹 澪:小松未可子
堀北 学:梅原裕一郎
橘 茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈