ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第8話 感想

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第8話「胸の底で、傷は静かに生きている。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

櫛田に妨害を止めさせるため「退学」を賭け特別試験での勝負を申し込む堀北、その賭けに綾小路も乗ることになりますが代わりに中学の時の「学級崩壊事件」の詳細を明かすよう櫛田に迫ります・・・。承認欲求の怪物である櫛田の正体とその武器は暴露系ユーチューバーのように「真実」である事が描かれていた今回のラスト、綾小路と堀北は櫛田に「晒されて」しまうのでしょうか!?(笑)。


 


堀北は次に挑む事となる特別試験「ペーパーシャッフル」の対策ミーティングを開きますが、その席に裏切り者で堀北を退学に追い込むと宣言して櫛田を同席させます。

櫛田と対話を重ね仲間に引き入れようというのが堀北の考えなのですが、直ちに排除(退学)すべきと否定的な意見の綾小路。

堀北の熱意に押され静観を決め込む綾小路ですが、龍園に存在を知られた今そうはいかないのが現実で・・・。

そんな状況の中で特別試験に臨む堀北と綾小路は更に危険な「爆弾」にぶち当たってしまうことに!。

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第7話「すべてを疑うこともすべて […]…

 

第8話 「胸の底で、傷は静かに生きている。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第8話 あらすじ

ペーパーシャッフル対策の勉強会が開かれ、
幸村を中心としたグループに参加することになった綾小路。
同グループの長谷部・三宅ペアは得意科目も苦手科目もまったく同じであり、
問題によっては簡単に共倒れしてしまう。
だが、綾小路は試験問題の傾向を探る方法があると言い……。

第8話 感想

(難易度が)際どい問題を学校側に提出し問題が受諾するかどうかで試験問題の傾向を探ろうとする綾小路たち。

一方、堀北は櫛田の妨害を止めさせるため櫛田にある賭けを提案します。

それは期末試験の自由に選んだ1教科を決め堀北が勝ったら櫛田は妨害を止める。そして逆に櫛田が勝ったら堀北は自主退学をするというもの!。

更にこの賭けには綾小路も乗ることとなり、その代わりに中学時代に櫛田がやった学級崩壊事件についての詳細を明かすよう迫ります。

櫛田の口から語られたのは自分の価値を他人に認められたいという果てない欲求、しかしクラスの人気者であり続けるストレスを抑えることが出来ず鬱憤をブログに書き綴ることに。

それがクラスメートにバレてしまい櫛田は自分の身を守るため更なる暴露をぶちまけクラスの人間関係は崩壊してしまったのでした。

彼女が持つ最大の武器は「真実」、自分の事しか考えていないまさに承認欲求のモンスターを綾小路たちは果たして抑えることは出来るのか!?。

「嘘の正義より真実の悪」てな感じで、今回のお話しで明かされたのは正に人間爆弾とも言える櫛田の学級崩壊させた様と、暴露系ユーチューバー・ガ—シーのようにコツコツと自身で集めた情報が彼女の武器ということ。

いい人を演じて自身の欲求を満たすとともに助けたクラスメートの弱みを把握していたのですね・・・コワイ。

果たしてどんな手段で堀北と綾小路を追い込んでくるのか?。これは二人とも「晒されて」しまう事で窮地に陥るのかも。

取り敢えず佐藤麻耶は綾小路の弱みを探るもしくは弱みを作るための櫛田の「駒」なんでしょうね・・・そして彼女自身もすでに櫛田に何らかの弱みを握られている可能性アリ?。

特別試験でCクラスに勝利するための鍵は櫛田をどう攻略するのか?ということがよーく分かった今回のお話しでしたが、果たして綾小路はどんな手を打つ?もちろん私だったら櫛田の裏の顔を先に晒したりますけどね(関西弁)。

ということで早速次回の放送が楽しみ。

ところで綾小路と堀北の会話を影から窺っていた佐倉愛里ですが、今回の件に関わる何かの伏線となるのかな?。

既に佐倉は櫛田から何かよからぬ事を吹き込まれていたりして。

 

 




ようこそ実力至上主義の教室へ グッズ情報

原作小説


コミック


 

ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週月曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週月曜日 22:30~
テレビ愛知:毎週月曜日 26:05~
KBS京都:毎週月曜日 24:00~
サンテレビ:毎週月曜日 24:00~
BS日テレ:毎週月曜日 23:30~


配信

地上波先行配信:毎週月曜 22:00~ ABEMA
一般配信:毎週木曜 22:00~ dアニメストア
毎週月曜 22:00~ Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXT、Hulu 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:衣笠彰梧(MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:トモセシュンサク
総監督:岸 誠二 × 橋本裕之
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:風埜隼人
キャラクターデザイン:森田和明
美術設定:長池未来、平柳 悟
美術監督:羽根広舟
色彩設計:加口大朗
CG監督:平山知広
撮影監督:芹澤直樹
編集:及川雪江
音楽:横山 克、橋口佳奈
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会


CAST声優

綾小路清隆:千葉翔也
龍園 翔:水中雅章
堀北鈴音:鬼頭明里
軽井沢 恵:竹達彩奈
櫛田桔梗:久保ユリカ
平田洋介:逢坂良太
佐倉愛里:M・A・O
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野 聡
一之瀬帆波:東山奈央
伊吹 澪:小松未可子
堀北 学:梅原裕一郎
橘 茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈