ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第4話 感想

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第4話「人材は作り出す必要がある。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

物語の舞台は体育祭へと突入!クラスポイントと個人の犠牲のバランスをどう取るかで揉めるDクラス、堀北の提案に何故か異議を唱える軽井沢でしたが・・・?。綾小路曰くDクラスに裏切り者が!?そしてそれは意外すぎる人物なのでした!!。


 


特別試験での優待者が軽井沢だと見抜きイジメにトラウマをネタに彼女に協力を半ば強要する綾小路が描かれた前回のよう実

綾小路の策もあり特別試験の結果はクラスポイントをプラスにして終了することが出来たのですが、龍園率いるCクラスは大幅にクラスポイントを伸ばす大躍進で彼は学校側のルールを理解し始めている模様です。

そして物語は体育祭編へと突入!、Dクラスが上へとあがるため綾小路がとる策とは?。

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第3話「最高の魂は、この上ない悪 […]…

 

第4話 「人材は作り出す必要がある。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4話 あらすじ

2学期を迎え、体育祭の準備期間が始まる。
競技の結果は良くも悪くも次の筆記試験に影響するため、
生徒たちは動揺を隠せない。
さらに独特のチーム分け、生徒に委ねられた出場者の選出など、
生徒たちにのしかかるプレッシャーも大きく……。

第4話 感想

船上の特別試験編が終わり綾小路たちが次なるポイント獲得へ挑む舞台となるのが体育祭。

ということで少し体育祭のポイント獲得ルールについて少し触れたいと思います。

・体育祭は全学年で混成される紅白戦

全学年を赤組と白組00に分け混成し競技を競います。

混成の振り分けは

赤組はAクラスとDクラス、白組はBクラスとCクラス

クラス差のハンデを埋める配慮がされた混成となっています。

・個人・全体の点数配分

各競技の総合点から勝敗が決められ、負けたクラスは-100のクラスポイント。

全員参加競技の個人競技の点数配分は

結果に応じて1位15点2位12点3位10点4位8点が与えられる、5位以降は1点ずつ下がっていく

・推薦参加競技の点数配分

結果に応じて1位に50点2位30点3位15点4位10点が与えられ以下は2点ずつさがっていく

推薦競技の方が全員参加の個人競技よりも点数が高い配分となっています。

・個人競技のプライベートポイント配分

1位は+5000プライベートポイントもしくは次回の中間試験点数+3点
2位は+3000プライベートポイントもしくは次回の中間試験点数+2点3位は+1000プライベートポイントもしくは中間試験点数+1点、最下位を取った場合-1000プライベートポイント、所持するプライベートポイントが1000以下のなった場合次回の中間試験点数で-1点

個人がは勝利した場合の恩恵は意外にも低い印象?最下位の場合も破滅的な欠点にはならない感じです。

・ペナルティ

各学年で下位10位にペナルティを科す。

1年生は次回の中間試験で-10点

そして学年別のクラス勝敗ポイント付与があり

総合点1位にクラスポイント+50、2位+-ゼロ、3位-50、4位-100のクラスポイント

違反した者は失格同様の扱い、悪質な者については退場処分。

また、今までの獲得点数は剥奪の検討あり。

Dクラスに裏切り者が!?

と軽く体育祭でのポイント配分を書き出しましたが個人と全体のポイントの獲得の意味にどのような落とし処をつけるのかが問題なのですよね。

堀北は

運動神経がいい者を優先的に得意な推薦競技に参加させ全員参加の競技も勝てる最善の組み合わせで臨むべき

という提案をするのですが軽井沢は何故かその案に反対します。

その理由は「ピンとこない」。

二人の意見の多数決を採れば当然の如く堀北の意見が採択される事となるのですが、これは綾小路が軽井沢を利用し仕組んだ小芝居なのでありました。

その狙いは?問いかける軽井沢にDクラスには裏切り者がいると答える綾小路。

その裏切り者は何と櫛田というのですが・・・一体どういうこと?。

櫛田はDクラスがAクラスへ上がるため尽力してきたと思うのですが・・・・。

ということでこれは次回を待つしかない興味深い展開だ!。

 

今話の冒頭でサラッと船上特別試験の優待者選別の種明かしがされていました。

各グループに命名された惑星の配列の並び順の数えと各生徒の五十音での同じく数え順をマッチさせるという規則性で、これに気づいたCクラスの龍園は独裁権力を利用し裏付けをとりクラスポイントを獲得したという事なのでした。

しかしCクラスはミスを犯した・・・独裁政権な一枚岩ではないみたい。

はたして龍園に不満を持っている者は?それを知ることが体育祭で勝利を勝ち取る条件となりそうです。





ようこそ実力至上主義の教室へ グッズ情報

原作小説


コミック


 

ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週月曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週月曜日 22:30~
テレビ愛知:毎週月曜日 26:05~
KBS京都:毎週月曜日 24:00~
サンテレビ:毎週月曜日 24:00~
BS日テレ:毎週月曜日 23:30~


配信

地上波先行配信:毎週月曜 22:00~ ABEMA
一般配信:毎週木曜 22:00~ dアニメストア
毎週月曜 22:00~ Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXT、Hulu 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:衣笠彰梧(MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:トモセシュンサク
総監督:岸 誠二 × 橋本裕之
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:風埜隼人
キャラクターデザイン:森田和明
美術設定:長池未来、平柳 悟
美術監督:羽根広舟
色彩設計:加口大朗
CG監督:平山知広
撮影監督:芹澤直樹
編集:及川雪江
音楽:横山 克、橋口佳奈
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会


CAST声優

綾小路清隆:千葉翔也
龍園 翔:水中雅章
堀北鈴音:鬼頭明里
軽井沢 恵:竹達彩奈
櫛田桔梗:久保ユリカ
平田洋介:逢坂良太
佐倉愛里:M・A・O
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野 聡
一之瀬帆波:東山奈央
伊吹 澪:小松未可子
堀北 学:梅原裕一郎
橘 茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈