ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第2話 感想

2022年夏アニメ ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第2話「あらゆる罪の源たる、ふたつの大罪がある。焦りと怠惰だ。」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

典型的なギャル系美少女・軽井沢景の裏の素顔を知った綾小路、そのことは彼女が優待者であることを特定する切り札となるのか?。それにしても入学のときからクラスメートを観察し続けている綾小路・・・かなりキモイかも(笑)。


 


第2期開始早々にグループの中に一人だけいる”優待者”を見つけ出すという特別試験がスタートするところから始まったよう実ですが、それぞれの置かれた立場で積極的にプライベートポイントを獲得しにいくのかそれとも?という妥協点を綾小路がどう采配するのかが今編の見どころとなりそう。

第2話ではそんな綾小路がいち早く軽井沢に違和感を感じるのですが・・・俺ガイルの八幡みたいにクラスメートの事めっちゃ見過ぎでキモすぎる(笑)。

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ新番組 ようこそ実力至上主義の教室へ 2nd Season 第1話「困難の中でこそ、平 […]…

 

第2話 「あらゆる罪の源たる、ふたつの大罪がある。焦りと怠惰だ。」【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2話 あらすじ

「シンキング」試験の1日目が終了。
膠着した状況を打破するために、綾小路は平田たちと
話し合いをしていたそのとき、携帯に一通のメールが届く。
その内容に苛立ちを募らせる堀北。
一方、綾小路は軽井沢の行動に違和感を覚え、堀北に彼女の情報を求めるが…。

第2話 感想

Dクラスに2人いる優待者の一人は櫛田だという事が分かりそれを聞いた高円寺がクラスメートの眼前で堂々と裏切りを見せるというこれぞ”よう実!”といった幕開けで始まった第2話。

高円寺は優待者が櫛田であると回答するのでありますが・・・。

この場合回答者には+50万プライベートが加算され優待者の所属クラス(Dクラス)は-50クラスポイントに、優待者である櫛田がいた土星グループは試験終了となります。

でも土星グループの優待者が櫛田だというタレコミが不正解という可能性もあるので、その場合は優待者に+50万ポイントで優待者の所属クラスは+50クラスポイントとなることに。

ん?、これって高円寺がわざと不正解の回答をしたらDクラスとしては勝利!という結果となるのでは!?・・・・なんていうのは考えすぎか(笑)。

一方、いつもクラスメート全員を密かに観察している綾小路(!)は火星グループの優待者は軽井沢なのでは?と推測。

そんな時Dクラスの平田と軽井沢が口論しているところを目撃し実は付き合っていると思われていた二人は偽装カップルでその理由を綾小路は知らされる事となるのです。

見た目は典型的なギャルの軽井沢は小中6年間にわたりイジメを受けていた軽井沢は自分を守るため力のある者に寄生していた・・・。

Aクラスの町田もCクラス女子・真鍋たちの絡みから守る盾代わりに利用しているというわけですな。

そして些細なことを理由に真鍋たちに軽井沢は詰め寄られるのですが、盾が無ければ自分の力で立ち向かうことは出来なくて・・・。

ここで颯爽(?)と綾小路が助けに入るはずで、優待者かどうかの見極めに接近できる絶好のチャンスとなるはず。

ということで次回の展開が楽しみなのですが、力業で試験をクリアしようとする龍園の動きが気になるところ。

まずはCクラス全員の携帯を回収し優待者か否かの情報を把握するという支配者のやり方で、堀北にもDクラスの情報を共有するよう迫るのですが当然の如く拒否されることに。

学校という体制が作ったルールに組しないところはカッコイイと思いますが既存の枠を壊す独裁支配はどうなんでしょう?。

たぶんSシステムの裁定は利己的な独裁を見破るようdに出来ているんじゃなかろうかと勝手に思っているのですよね。

集団の利益があってこそ個人もその実りを享受できる、みたいな。

ところで全然話が変わるのですが勿論「作画崩壊」まではいかないのですが表情アップの止め絵のカットが多くて作画がかなり省エネになってきたと感じるのは私だけでしょうか?。

綾小路てこんな顔だったっけ?といったカットも多々あってちょっとだけ気になりました。

バリバリの作画を見せる作品ではない事はわかっているのですが第一期と比べると見劣りする感は否めない。

よう実が盾の勇者と同じ道を辿らなければよいのですが・・・。

 










ようこそ実力至上主義の教室へ グッズ情報

原作小説


コミック


 

ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週月曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週月曜日 22:30~
テレビ愛知:毎週月曜日 26:05~
KBS京都:毎週月曜日 24:00~
サンテレビ:毎週月曜日 24:00~
BS日テレ:毎週月曜日 23:30~


配信

地上波先行配信:毎週月曜 22:00~ ABEMA
一般配信:毎週木曜 22:00~ dアニメストア
毎週月曜 22:00~ Netflix、Amazon Prime Video、U-NEXT、Hulu 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:衣笠彰梧(MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』/KADOKAWA刊)
キャラクター原案:トモセシュンサク
総監督:岸 誠二 × 橋本裕之
監督:仁昌寺義人
シリーズ構成:風埜隼人
キャラクターデザイン:森田和明
美術設定:長池未来、平柳 悟
美術監督:羽根広舟
色彩設計:加口大朗
CG監督:平山知広
撮影監督:芹澤直樹
編集:及川雪江
音楽:横山 克、橋口佳奈
音響監督:飯田里樹
音響効果:奥田維城
アニメーション制作:Lerche
製作:ようこそ実力至上主義の教室へ2製作委員会


CAST声優

綾小路清隆:千葉翔也
龍園 翔:水中雅章
堀北鈴音:鬼頭明里
軽井沢 恵:竹達彩奈
櫛田桔梗:久保ユリカ
平田洋介:逢坂良太
佐倉愛里:M・A・O
坂柳有栖:日高里菜
葛城康平:日野 聡
一之瀬帆波:東山奈央
伊吹 澪:小松未可子
堀北 学:梅原裕一郎
橘 茜:小原好美
茶柱佐枝:佐藤利奈