サマータイムレンダ アニメ第23話 感想

2022年夏アニメ サマータイムレンダ 第23話「常夜」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

※本編ストーリーに触れているので未視聴の方は「ネタバレ」注意です


ヒルコの故郷で時間の止まった世界「常夜」で死闘を繰り広げる慎平とシデ!味方となったハイネの援護もあって優勢になったと思われた途端に潮は力を失い落下していくのですが・・・!?。疑問はまだ残しつつも結末に向け視聴者を引っ張る演出と作画の牽引力がスゴイ!、果たしてシデ(雁切)が目指すゲームのエンディングはどのようなものなのでしょうか?。


ハイネの読みを裏切り10回目のループへと突入した慎平たちは朱鷺子と根津がストッパーになったおかげもありヒルコ堂へ辿り着き、ここでも裏をかいてようやくハイネと二人の雁切を倒すことが出来たのでした。

劣勢から状況をひっくり返しての華麗なゲームクリア!と思っていたらまさかのシデ復活!?一体どういうこと・・・。ということで今話は無理ゲー感から始まる超クライマックス回です!!。

 

 

 

 

 

Hi.アニ!

2022年夏アニメ サマータイムレンダ 第22話「帰還」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】 ※本 […]…

 

第23話 常夜【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第23話 あらすじ

ヒルコに突き立てた潮の拳はハイネの叫びと共に岩壁を砕いた!しかし、そこにはまだハイネの気配が漂う。
共鳴する潮と慎平の右目。確かに倒したはずのシデが不死身の如く再び目の前に現れる。
潮の持つ「観測者の目」の新たな覚醒を鋭く感じ取り、それを奪うべく決戦の地へと誘う雁切。
切り開かれた闇の先へと慎平と潮は固く手を取り合い突き進むのだった──。

第23話 感想・考察

※原作未読なので考察・推察は個人的な「妄想」の域である事をご容赦下さい

ハイネと分離したヒルコを切り裂きその故郷である「常夜」の扉を開き逃げ込むシデ。それを追った慎平たちはハイネと手を握り時間の止まった世界で最後の決戦を繰り広げるのですが優位に立っているように見えた潮が何故か力を失ったように空から落下して・・・・!?。

 

ヒルコから切り離されたハイネが慎平たちの側につきシデが目論む「世界の終わり」を食い止めようとする超クライマックス回だったのですが正直言って超難解。

シデは潮が「卵」だと言っていましたがどういう意味?そしてなぜヒルコを切り裂いたことで常夜の入り口が開かれたのか?。逆に言うと夏祭りの夜の惨殺儀式は常夜という異界を開くのに必要ではなかったという証明にはなるのですが・・・・諸々のセリフや展開がどういう意味を持つのか悔しいけれど私には理解ができませんでした(泣)。

おバカな私としては次回以降にその説明があることを期待したい。

ただそんな疑問も些細異にするお話しの展開の牽引力には凄いものがありました!。敵であったハイネが味方につくという急展開もすんなりと呑み込めシデとの最後の死闘だけに視点を集中させる演出と作画は見事としか言いようがない。

そのシデの復活ですがもう一人(またはもっと大人数?)存在する雁切がヒルコを通じ現世からリモートコントロールしていることが明かされていましたね。これは唐突ではなく菱形青銅の以前のセリフからその可能性を示唆する伏線が張られていました。

そして第二次世界大戦で複数体あった雁切の体は空襲で焼失してしまったという以前の青銅のセリフは今回の決戦シーンと大いに関係アリアリですね。どうやって複数の雁切の体を作ったのかと同時に次回明かされる所なのではと思います。

 

さて雁切(シデ)の目的が世界を終わらせる事だというのも明かされたのですが、その動機に至ったきっかけは?。

そういえば以前のエピソード(第18話「対面」)で雁切が「(FINAL FANTASY VIIをプレイすると)人生の終わり方について考える」と慎平に語っていましたが、今思えばこれは大きなヒントなのかも。

でも「終わり方」だとエンディングを見届けるという意味合いになると思うのですが、潮が雁切の心を読み取った感じだと電源の切断(世界の終了)なのですよね・・・それだと「終わり」じゃない感じがします。

クリアできないことに「このクソゲー!」とキレてスイッチを切る小学生みたいな(笑)。

まあ妄想は尽きないですがともかく次回で粗方の謎は明かされるはずなのでジタバタとせずその答えを素直に受け入れたいと思います。

今までロリババアといった感じのハイネが「真性ロリ」に生まれ変わって嬉しい限り(笑)、これにはひずるも草葉の陰で喜んでいることでしょう。

気が早いですがハイネや澪や竜之介、そして潮はどうなるのでしょうかね?。完結後の未来を描いた続編の表紙にはハイネらしき少女の姿があるのですが・・・お目めはなぜか「青」なのです。

 

 

 

 










サマータイムレンダ グッズ情報

原作コミック



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

TOKYO MX・BS11 毎週木曜日24:00~
関西テレビ 毎週木曜日26:55~
アニマックス 毎週土曜20:00〜
J:テレ 毎週月曜日25:00~


配信

ディズニープラス
TVer


スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作 田中靖規(集英社ジャンプコミックス刊)
監督 渡辺 歩
シリーズ構成 瀬古浩司
キャラクターデザイン 松元美季
美術 草薙
音楽 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
音楽制作協力 MONACA
アニメーション制作 オー・エル・エム
制作 小学館集英社プロダクション


CAST声優

網代慎平 花江夏樹
小舟 潮 永瀬アンナ
小舟 澪 白砂沙帆
南方ひづる 日笠陽子
根津銀次郎 浦山 迅
菱形窓 小野賢章
菱形朱鷺子 河瀬茉希
菱形青銅 大塚明夫
小舟アラン 玄田哲章
凸村哲 上田燿司
雁切真砂人 小西克幸