サマータイムレンダ アニメ第20話 感想

2022年夏アニメ サマータイムレンダ 第20話「All is (not) lost.」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

※本編ストーリーに触れているので未視聴の方は「ネタバレ」注意です


澪の死を知り9週目のループへの突入を決意する慎平、しかし辿り着いた虎島でひずるは瀕死の状況に!?。展開の所々に疑問を感じる今回のお話しですが終盤というこの局面にあっても伏線を張り続け謎が広がっている?。イベントホライゾンの限界でループ出来なくなり回避できないひづるの死を目の当たりにした慎平は果たして次の一手をどう打つのでしょうか。

 


ハイネの計略でアランの畑と虎島の二つにチームを分断された慎平ですが一体どちらに向かうのか?、そして虎島でシデと死闘を繰り広げるひづるはどんな秘策を持っている?

そんな最高潮に盛り上がる前回から引き継がれた今話の展開ですが終盤であっても伏線を貼り続けそして謎は広がる一方なのであります。

 

 

 

 

Hi.アニ!

2022年夏アニメ サマータイムレンダ 第19話「メイドインブラック」感想・考察【関連グッズ・配信放送情 […]…

第20話 All is (not) lost.【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第20話 あらすじ

激闘を繰り広げるひづると雁切。
朱鷺子が操るギルとロズも加勢し戦いはさらに激しくなっていく。
その一方で慎平と澪の「影」は、もう一人の雁切の元へ向かう。
澪の「影」が紙垂彦を迷わず刺殺するが、その後「影」の気配をたよりに移動すると、息絶える寸前の朱鷺子の姿が。
ひづると根津に救われたと語る朱鷺子は、すぐにひづるたちの元へ行くよう慎平に懇願するが――。

第20話 感想・考察

※原作未読なので考察・推察は個人的な「妄想」の域である事をご容赦下さい

前回ひずるの言っていた秘策とは竜之介をシデにハッキングさせ雁切が纏っている影の泥をその身として実体化させること!。

肉体を使いきった捨て身の作戦は成功し人間の素の体をあらわにした雁切はギルとロスに倒されたかと思ったのですが・・・。

一方でアランの畑でもう一人の雁切を倒した慎平たちでしたがオリジナルの澪の死と虎島でのひずるの窮地を知ることに。

ひずるたちがもうすでにハイネとシデに殺されていると判断した慎平は9週目のループに突入!。澪と窓と合流し二人の死を回避させるもたどり着いた虎島ではシデに致命傷を負わされたひずるの姿が!?。

慎平がループしたことで前回の戦いを知るシデにより今度は逆の展開となるのですが、慎平のポケットにある澪の形見の貝のペンダントが光り何故かハイネたちはその場から退却します。

ひずるの死でその肉体から飛び出した竜之介の情報は慎平の右目の中に。

大きな戦力を失ってしまった今、果たして慎平たちはシデを倒す事が出来るのでしょうか・・・。

慎平はイベントホライゾンの限界を超えもうループすることが出来ず回避できないひずるの死が確定してしまった今回のお話しでしたが、感想としては「???」全編に渡って何でそうなるの?といった謎に満ちたものでありました。

まず一つはひずるの作戦でどう見ても虎島にいる雁切は倒されておかしくない状況なのに影の澪がスキャンした朱鷺子の記憶では健在でしかも肉体を限界まで使い動けないはずのひずると戦っている様子が再現されます。

そして二つ目はアランの畑の雁切はなぜシデになって慎平たちと戦わなかったのか?。正面からぶつかる戦いなら恐らくシデが勝利するはずなのに・・・。

そして三つ目はあきらかに有利な状況なのに慎平のポケットで光る貝のペンダントを見て多勢に無勢とその場を退いたことですね。

お話しの流れの中で前後を見落としていて実は辻褄はあっているのかもしれませんが、これらのシーンはそこだけ切り取って考えると実に奇妙です。

二つ目の謎に関しては雁切のセリフにもあったように影の潮がまだ健在であると思っていてスキャンされるのを防ぐ為というのが理由かとは思いますが、影の澪に慎平を殺しループさせるよう促したりとその言動の一々が何か引っかかります。

三つ目の謎についてはハイネとシデが潮の健在を信じている、という事なのでしょう。

それは間違いないと思いますが何故あのタイミングで貝は光ったのか?という疑問は残ります。

そして一番の一つ目の謎ですね。明らかに優勢だったのに形勢を逆転され朱鷺子の記憶は事実と食い違っています。

先に書いたようにひょっとしたらじつは辻褄は合っているか整合性を求めるカットではないのかもしれませんが違和感は残りますね。

ただ単に私の考えすぎなのかもしれませんが(笑)。

ひずるは慎平にハイネはシデに利用されていると言い残し息絶えるのですが、では黒幕であるシデの本当の目的とは?。3週目のシデのセリフ「これが私のエンディング」にはどのような意味があるのでしょうか。

本来は違うエンディングなのだがそれはシデにはそぐわないもの、という意味なのでしょうか。

ということで次回の展開が楽しみすぎます!、今回起こった出来事を俯瞰して考えた慎平はどのような次の手を打つのでしょうかね。

 

 

 

 

 

 











サマータイムレンダ グッズ情報

原作コミック



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

TOKYO MX・BS11 毎週木曜日24:00~
関西テレビ 毎週木曜日26:55~
アニマックス 毎週土曜20:00〜
J:テレ 毎週月曜日25:00~


配信

ディズニープラス
TVer


スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作 田中靖規(集英社ジャンプコミックス刊)
監督 渡辺 歩
シリーズ構成 瀬古浩司
キャラクターデザイン 松元美季
美術 草薙
音楽 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
音楽制作協力 MONACA
アニメーション制作 オー・エル・エム
制作 小学館集英社プロダクション


CAST声優

網代慎平 花江夏樹
小舟 潮 永瀬アンナ
小舟 澪 白砂沙帆
南方ひづる 日笠陽子
根津銀次郎 浦山 迅
菱形窓 小野賢章
菱形朱鷺子 河瀬茉希
菱形青銅 大塚明夫
小舟アラン 玄田哲章
凸村哲 上田燿司
雁切真砂人 小西克幸