サマータイムレンダ アニメ第18話 感想

2022年夏アニメ サマータイムレンダ 第18話「対面」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

※本編ストーリーに触れているので未視聴の方は「ネタバレ」注意です


雁切真砂人に証拠を突き付け彼に正体がシデであることを問い詰める慎平!観ている人もそれは分かっていたよ・・・しかしそこから衝撃の展開が!?。緊迫のシーンなのにいきなり「顔芸」を見せられ思わず笑いがこぼれた第18話でした。半沢直樹かよ!。


祭りの夜の惨劇を止めるためいっそ祭り自体を中止にすることは出来ないかと日都神社の宮司・雁切真砂人のもとを訪ねた慎平。

しかし事態は観る者にとっては予想外、しかし慎平たち当事者にとってはそれこそが狙いだったという急展開に。

しかもそれで事は終わらず更に衝撃のラストが待っていて!!。

 

 

 

 

Hi.アニ!

2022年夏アニメ サマータイムレンダ 第17話「決断」感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介】 ※本 […]…

第18話 対面【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第18話 あらすじ

日都神社へやって来た慎平は、宮司の雁切を訪ねる。慎平が雁切に見せた70年前の写真には、今と変わらない雁切の姿がいた。
彼こそが菱形医院の初代院長・菱形紙垂彦=「シデ」であると問い詰める慎平。
やがて亡くなった両親の仇でもあることを知った慎平はシデを倒そうとするが、「影」ではなく人間である紙垂彦の殺害に躊躇ううちに、雁切の姿にある違和感をおぼえる。

第18話 感想・考察

※原作未読なので考察・推察は個人的な「妄想」の域である事をご容赦下さい

日都神社の宮司「雁切真砂人」の正体はハイネから生まれた人間と影の特性を持つハーフだった!。

これまでの非道を暴かれ詫びるどころかあざ笑い挑発する雁切に怒りを抑えきれなくなった潮は彼を殺すのですが、その背後から襲ってきたもう一人の雁切に潮は殺されてしまうことに。

同様に慎平も殺されるのですが次のループにもう潮の姿はない・・・どうやってハイネとシデに対抗すればいいのか!?。

 

前話のラストで雁切がシデであることはもう分かっていたのですが、それから更に衝撃の展開が繰り出されTVの前から動けない30分でありました。

でもね、よく考えると「後出し」感が今まで一番強かったかも(笑)。

まあ、一応辻褄は合っているのかな。

雁切が元々双子だったという展開は、慎平たちがこれからどう対処していくのか?というのは楽しみな所ではありますね。

ということで次回のお話しが楽しみすぎます。

ところで潮の登場は本当に今回で終わり?、先に書きましたが潮がいないとなると戦力的にかなり厳しくゲームクリアの難易度がかなり上がった感じとなるのですが・・・。

雁切がゲーム(ファイナルファンタジー?)が好きだという話をしていましたが、これって何かの伏線になるのでしょうかね。

具体的なタイトル名まで出してきているので最終的に雁切は何を望んでいるのか?を解き明かす鍵となるのかもしれません。

それにしても今回は「顔芸」が炸裂した回でしたね・・・正直やりすぎ(笑)。

たぶん原作シーンに準じた作画となっているのでしょうが慎平の表情には思わず笑いがこぼれてしまいました。

 

 










サマータイムレンダ グッズ情報

原作コミック



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

TOKYO MX・BS11 毎週木曜日24:00~
関西テレビ 毎週木曜日26:55~
アニマックス 毎週土曜20:00〜
J:テレ 毎週月曜日25:00~


配信

ディズニープラス
TVer


スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作 田中靖規(集英社ジャンプコミックス刊)
監督 渡辺 歩
シリーズ構成 瀬古浩司
キャラクターデザイン 松元美季
美術 草薙
音楽 岡部啓一、高田龍一、帆足圭吾
音楽制作協力 MONACA
アニメーション制作 オー・エル・エム
制作 小学館集英社プロダクション


CAST声優

網代慎平 花江夏樹
小舟 潮 永瀬アンナ
小舟 澪 白砂沙帆
南方ひづる 日笠陽子
根津銀次郎 浦山 迅
菱形窓 小野賢章
菱形朱鷺子 河瀬茉希
菱形青銅 大塚明夫
小舟アラン 玄田哲章
凸村哲 上田燿司
雁切真砂人 小西克幸