継母の連れ子が元カノだった 第12話(最終回) 感想

2022年夏アニメ 継母の連れ子が元カノだった(連れカノ) 第12話(最終回) ファースト・キスは布告する 感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

水斗の心の中の指定席にいまだ居座っている初カノに結女が宣戦布告するという予想もしなかった結末に、そして諸々の謎が解けて超スッキリ!。決着がついていない事柄について明確に示し新たな展開を予感させる最後は好感が持て「早く続きを観てみたい!」と続編制作を期待せずにはいられない『連れカノ』の最終回でした。


 

 


水斗にとっての「よく笑う初恋の人」とはいとこの円香なのか?心を揺らす結女は昔に戻り水斗の胸の中で泣きじゃくるのですが・・・・最後に明かされた事実に「惚気かーい!」とツッコミを入れずにはいられない(笑)前回のお話しでありましたが、そんな様々なトリックを仕掛けてきた連れカノも今回で最終回。

なぜ二人は別れたしまったのか?という過去が明かされた上での前回のラストに「ひょっとして二人はよりを戻すのかも?」という雰囲気を匂わせるのですが、そんなありきたりではない予想斜め上の結末にビックリすること間違いなしです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ 継母の連れ子が元カノだった(連れカノ) 第11話 元カップルは帰省する「よく、笑う人 […]…

 

 

第12話  ファースト・キスは布告する【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第12話 あらすじ

伊理戸家の田舎で、夏祭りに行くことになった水斗と結女たち。
浴衣を着た水斗の姿に、結女のテンションは爆上がり。
円香と竹真のやりとりを見て「きょうだいなら普通」だと、水斗の手を取って歩き出す結女。
その先々で知る、子どもの頃の水斗のこと。
そして結女は気づく。
水斗にとって自分がどんな存在であったのかを――。

第12話 感想

物心がついた頃から目に映る世界がモニターの向こう側にあるように感じ生きる実感のないまま成長した水斗。幼くで母を失くしたため周囲から憐れみや励ましを受けるのですが他人と共感する心がないため何故そうされるのか理由が分からず心に穴を開けていきます。

そんな時唯一リアルに感じられたのが文字の世界。祖父が書いたシベリアの舞姫から文字に変換された世界にふれ心を満たしていきます。水斗にとっては虚構の世界の方が本物で現実は偽物だったのですが・・・結女に出会いそれが変わることに。

夏祭りの夜に迷子になった結女にかつて自分に向けられてきた可哀想だという感情を重ね合わせた水斗は、現実感を感じない世界の中で唯一結女だけがリアルに感じられる人間だと思う様になるのです。

そんな水斗の心の内を義兄妹となりそして伊里戸家の実家でシベリアの舞姫を読んだことで知り、なぜ別れることになったのか思い及んだ結女は打ち上がる花火の下でキスと共に宣戦布告します。

水斗の心の中にまだ居座っているかつて水斗が初めて好きになったあの日の自分に。

最終回は「おれたたエンド」的な結果を濁すような終わりなのかなと思って観ていたら残りの疑問の全てに答えを出し、そして水斗を巡る二人の結女との三角関係が始まるというラブコメとして見たことがない結末となっていました。

独り弱弱しかった存在だった結女に友人ができ、現実の存在として結女を見ることが出来なくなったことで二人の間に隙間を生んだ・・・というのが別れの理由でよいのでしょうかね。

まあ少なくとも水斗の人間性が非常に特殊なことだけは分かりました(笑)。いさなにベタベタされてもそりゃあ何にも感じないわけです。

全ての謎が解けて超スッキリ!そして過去の陰キャ結女をどうやって水斗の心の指定席から蹴落とすのか?という続きを気にさせるよい終わり方だったと思います。

果たして今の結女は水斗が唯一認めたメガネ結女にどう勝利するのか?早く言えば水斗の歪んだ人格を矯正していくお話しになるのかと。

そしてひと段落した伊里戸兄妹とは逆にこれから何かが起ころうとしているのが水斗と結女を取り巻く友人たちですね。

水斗を巡っていさなが小暮をライバル視するという狂った展開に!?(笑)、そして暁月と小暮の元恋人同士と言っていいお隣さん関係にはかつて何があったのか?。

アニメの続編(第2期)があるのかないのかは今は分かりませんが決着がついてない事については素直にそれを描いている所は非常に好感が持てます。

最後の変わった友人たちのイザコザに続きが気になって原作小説を購入しようと思った人も少なくないのでは?。

という事で続きは驚異の五画関係(!?)になると言っていいのかも。

ラブコメを越えた非常に良質な言葉にできない「何か」を見た気にさせる「連れカノ」、できれば二期の制作を期待したいですね!。

 

 

 

 

 

 









継母の連れ子が元カノだった(連れカノ) グッズ情報

コミック


原作小説


ブルーレイ



OP/ED主題歌



 

 放送局・配信情報

AT-X:毎週水曜日 21:00~
TOKYO MX:毎週水曜日24:00~
BS日テレ:毎週水曜日 24:30~
MBS:毎週土曜日 27:08~
BSフジ:毎週火曜日 24:00~


配信

地上波先行独占配信:毎週水曜日 21:30~ ABEMA
一般配信:毎週木曜日12:00~ Amazon Prime Video、U-NEXT、dアニメストア 等で配信




スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:紙城境介
キャラクター原案:たかやKi
監督:柳伸亮
シリーズ構成・脚本:赤尾でこ
キャラクターデザイン:佐藤勝行
音響監督:立石弥生
音響製作:ビットグルーブプロモーション
音楽:水谷広実
音楽制作:ポニーキャニオン アップドリーム
OP主題歌:DIALOGUE+「デネブとスピカ」
ED主題歌:harmoe「ふたりピノキオ」
プロデュース:轟豊太(ドリームシフト) ハピネットファントム・スタジオ
アニメーション制作:project No.9


CAST声優

伊理戸 水斗:下野紘
伊理戸 結女:日高里菜
南暁月:長谷川育美
川波小暮:岡本信彦
東頭いさな:富田美憂