リコリスリコイル アニメ第13話(最終回)感想

2022年夏アニメ リコリス・リコイル 第13話「Recoil of Lycoris」(最終回)感想・考察【関連グッズ・配信放送情報紹介

互いが信じるものを証明するため最後の戦いを開始する千束と真島、しかし重要な局面で千束の人工心臓が!?。心を掌握されっぱなしの30分!これぞ良質なエンターテイメントで続編(第二期?)への含みを残す心憎い終幕で「花の塔」に続くCパートこそが視聴者誰もが待っていた最高のエンディング!。早く東京での営業再開を願いたくなるリコリコの最終回でありました。

 


 

 


あらゆる手段を使いアランから与えられた使命を果たすよう執拗に迫る吉松でしたが、余命という「与えられた時間」を無駄にしない生き方を選択し続ける千束は追いすがるたきなを止め吉松を逃がします。

新しい人工心臓という希望の光が失われ泣き崩れるたきなに「お別れの時はみんなに来るよ・・・でもそれは今日じゃない!」あくまでも残された時間を意味あるものしたいと千束は諭すのでした。

その後クルミたちと合流した千束とたきなはハッキングされていたラジアータと延空木を解放し無事ミッションは終了したかと思われたのですが、しかし拘束していたはずの真島が現れ再び二人は対峙することに!。

 

という最後の最後まで展開が転がり続け一体どんな結末が待っているの!?という前回のお話しで何よりも印象に残ったのが「心臓が逃げる!!」とこれまで論理的な行動をとってきたたきなが感情に激しく突き動かされる姿ですね。

第一話時点では全く感情を表に出さなかったたきなが千束と出会って1年という時間を過ごしたことで人間的に変化し成長した姿はただ感慨深い。

そして第一話からブレることなくやりたいこと最優先で「命大事」の信条を守り通すという部分ではロジカルとも言える千束が他に方法がなかったとはいえ不殺の誓いを破り吉松を撃つてしまい、その時に見せた錯乱の表情もビーストモードとなったたきな以上に衝撃的でした。

銃弾に倒れた吉松の姿に絶望の叫びをあげたのは与えられ懸命に生きた自分の時間が無価値になってしまったと一瞬感じたからなのか?その痛みが伝わってきます。

クライマックスだからこそ見れる特別な表情の二人に魂持っていかれた・・・。しかしその後で吉松を追うたきなと止める千束が抱き合うシーンでは画面にはその表情を映さず視聴者にそれを想像させるという神演出!、百合が燃え上がる一番の魅せ場ですからね。感情極まり崩れた表情のアップではなくここは美しい場面で一幕下ろしたいというわけです。

 

さてラジアータが奪還された真島が最後に何を仕掛けてくるのか?という緊迫の局面から始まった最終回ですが・・・その結末にはニッコリするしかない。最高かよ!。

 

 

 

 

 

関連記事

Hi.アニ!

2022年夏アニメ リコリス・リコイル 第12話「Nature versus nurture」感想・考察 […]…

 

第13話 Recoil of Lycoris【ストーリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第13話 あらすじ

延空木での事件も一件落着——と思われたその時、旧電波塔で倒したはずの真島が、再び千束の前に現れた。
延空木に爆弾を仕掛けたという真島は、爆破を賭けて千束に一対一の勝負を挑む。
千束自身のタイムリミットも迫るなか、最後の戦いが始まる——。

第13話 感想

延空木に仕掛けた爆弾のタイマーを止めるため千束は真島との最後の戦いを開始!しかし激しい戦闘のため人工心臓に付加がかかり行動不能の事態に。一方、人口心臓を手に入れるためミカは吉松へ銃口を向け別れの言葉を交わすのでした。

暫しの間千束と真島は世界の秩序のバランスについて話します。現実の世界に悪人はいない、いい人同士が殴り合うのがこの世界の真実と言う真島に「自分が信じたいい事をしている、それでいいじゃん」と返す千束。

一体どちらの言い分が正しいのか?それを証明するため再び始まる銃撃戦、最後に残るのは果たして・・・。

 

お話しの前半はハラハラしっぱなしの激しい銃撃戦と目まぐるしく変わる展開に画面から目を離す事ができないアクションパートとなって、真島が防弾服を着こんでいるのと前述の人工心臓がストップ寸前で圧倒的に不利な状況ながら最後まで絶対にあきらめない千束の姿が描かれていました。

唯一恐怖を感じた相手と命がけの勝負がしたいという真島でしたが仕掛けた爆弾の件は千束を本気にさせるためのハッタリでした。真島もまた自分の正しさを証明したかった・・・しかし勝利を祝福する花火は千束が見る結末となりました。

後半のお話しはこうなると思っていた予定通りの展開でしたが、自分に残された時間が少ないと勘違いして病院を抜け出す千束のバイタリティだけは予想外でした(笑)。そひて新しい人工心臓を移植されたことをたきなから聞かされ早速次の行動に移るところが実に千束らしい。

かくして喫茶リコリコはハワイで出張営業するという能天気なハッピーエンドで幕を下ろしたこの作品でしたが幾つかの伏線は残されたままに。

真島が入手した1000丁の銃は半数が回収されておらず、そしてその真島なのですが生死があやふやなまま物語から退場します。最後のそのシーンは自分が死んでも第2第3の真島が現れるというメッセージを暗に示しているのか、それとも・・・。

 

同じく吉松についても疑問を残す点があって、クルミから移植手術の段取りを聞いたミカは吉松の遺体ではなくスーツケースを持ち移動し始めるのですよね。このスーツケースの件は以前より「吉松の体内に人工心臓はないのでは?」とSNSで指摘している視聴者の方が何人かいて、実は人工心臓はスーツケース入っていてそれを吉松は大事に持ち歩いているという考察です。

ミカが殺した吉松の遺体をこの場で解体し取り出した人工心臓をスーツケースへと入れたという見方も出来ますが、そんな道具はもちろん無くましてや医者でもないミカがそれを行うのはちょっと無理があるように思えます。

想像は確信へと変わったのでは?。そしてミカも怪我したように見せかけた足のこと以外にも何か隠していることがありそうなのです。

第10話でミカが吉松に「リコリスの現役機関だけ”生き残れば”いい」と言うセリフがあり、これは千束の移植手術に吉松が執刀する代わりにDA組織本体への何らかの大きなダメージを了承しているように思えるのですが・・・果たしてミカと吉松のどちらが正しい選択をしたのでしょうか?。

そしてやっぱりミカには愛した男は殺せなかったのでは?という疑念が生まれるのですが・・・だとしたら吉松に使命を果たすよう千束はまた粘着される可能性も!?。

 

そもそもアラン機関とは?という謎も放りっぱなしなのですが続編で明かされることを期待しましょう。

今はただ千束の生存とそのおバカな健在っぷりを祝いたい(喜)。30分間心を掌握された「これぞ最高のエンターテイメント!」と言うべきリコリコの最終回でありました。そして最後の瞬間で水着サービスをいれたのはエンタメを分かっている?それともおちょくっているのかも(笑)。

ところでたきなの表情がすごく丸くなったのは気のせい?なんだか千束みたいで嬉しいです。

極一部で盛り上がっていた(?)花の塔エンディングで最後は終わるのか問題ですが、たきなの心の内を唄ったこの曲が作品のラストのためにもあったと気づき感動することしきり。

”歌って聞かせて この話の続き 連れて行って みたことのない星まで”

という歌詞の一節はまさにそう。

流石に他の星ではなくハワイでしたけどね(笑)。でもなんでハワイだったんでしょう?ミカの故郷だったとか、なのかしら。

 

 

 

 

 

 

 













リコリスリコイル(リコリコ) グッズ情報

ブルーレイ


OP/ED主題歌


 

 放送局・配信情報

TOKYO MX:毎週土曜 23:30~
とちぎテレビ:毎週土曜 23:30~
群馬テレビ:毎週土曜 23:30~
BS11:毎週土曜 23:30~
AT-X:毎週月曜 22:00~
ABCテレビ:毎週水曜 26:14~
メ~テレ:毎週木曜 26:15~


配信

地上波同時配信:毎週土曜23:30~ ABEMA
一般配信:毎週火曜12:00~ Prime Video、Netflix、dアニメストア、U-NEXT、Hulu 等で配信






スタッフ・CAST声優

スタッフ

原作:Spider Lily
監督:足立慎吾
ストーリー原案:アサウラ
キャラクターデザイン:いみぎむる
副監督:丸山裕介
サブキャラクターデザイン:山本由美子
総作画監督:山本由美子 鈴木 豪 竹内由香里 晶貴孝二
銃器・アクション監修:沢田犬二
プロップデザイン:朱原デーナ
美術監督:岡本穂高 池田真依子
美術設定:六七質
色彩設計:佐々木 梓
CGディレクター:森岡俊宇
撮影監督:青嶋俊明
編集:須藤 瞳
音響監督:吉田光平
音楽:睦月周平
制作:A-1 Pictures

OP主題歌:「ALIVE」ClariS
ED主題歌:「花の塔」さユり(ソニー・ミュージックレーベルズ)


CAST声優

錦木千束:安済知佳
井ノ上たきな:若山詩音
中原ミズキ:小清水亜美
クルミ:久野美咲
ミカ:さかき孝輔